コミュニケーションのえいご | MSAマスタードシードアカデミー

MSAマスタードシードアカデミー

英語特化
海外名門大進学・最難関大学受験専門予備校

「最後の」センター試験が終了しました。受験した皆さま、おつかれさまでした。
英語に関しては、少し読む量が多くなり、時間配分に注意が必要だったかも知れませんが、いかがだったでしょうか。


MSA渋谷新教室 2020年《学校案内資料》はまもなく発送開始です
ビックリマーク渋谷駅徒歩2分 MSA渋谷新教室 2020年《大学受験高3・卒》《高1・高2》の募集を開始します

 数だけ少ない「少人数制」で本当に大丈夫?MSAは、クラスのメンバーまで考えた選抜審査を厳正に行います。保護者様にも来校をお願い致します。

 1クラスは少人数でも、学校全体の人数が多ければ、一人あたりにかける講師の時間・指導は微々たるものに。MSAは全体の人数も少人数。数あわせ・利益優先の塾ではありません。

 巨大スーパーや大手予備校のように何でもそろっているわけではありません。「英語特化の老舗」を評価して下さる保護者・受験生の皆さまにお選び頂いています


これから新しい試験制度になるとは言え、英語の本質的な部分は変わりようがありません。これからも英文法をきちんと理解して使いこなす力は必要ですし、英文を一文一文正確に精読する英文解釈が不要になる訳ではありません。

「コミュニケーション能力」を重視するというのは、互いに「阿吽の呼吸」で通じることをベースにするのではなく、むしろ全く反対であり、「言葉を尽くさねば通じない世界」を前提にどうコミュニケーションをとるか、ということが根本に必要であると考えます。

その意味でも、英文法を正確に運用できるかいなかは、最重要課題と言えます。

ただ、これまでの英語学習から変える必要があることが一つだけあります。

それは学習における「リスニング」の比重を高めること。
これまでリスニングは、「余力があればやる」といった扱いをしていた受験生が多くいました。これからは、「長文読解をやる」のと同じ比重で「リスニングをやる」ように配分していかねばなりません。

リスニングの上達は誰にでも可能ですが、長い長い時間が必要です。突然、ピアノが弾けるようにならないのと全く同じです。

まずは一日5分からスタートです。