カーナビに目的地を入れること | MSAマスタードシードアカデミー

MSAマスタードシードアカデミー

英語特化
海外名門大進学・最難関大学受験専門予備校

高1から高2へ、高2から高3へ。

この時期は学年の切り替えを前に、面談などで進路について改めて考え、自分の学習姿勢と向き合う機会が多くあります。

「目標を持って進みなさい」「志望校を明確に」と言われることが多いと思います。これ自体はもちろんその通りです。でも、どこかに向かって進むためにまず確認したいのは「現在地」です。いま自分はどこにいるのか?を正しく認識することこそ、目標に向かって着実に進む第一歩のはず。

現在地があいまいなまま、目的地だけをカーナビに入れても、どこに向かえばよいのかはっきりしません。クルマで走りながら知りたいのは、最終目的地よりもまず、「次の交差点をどちらに行けばよいのか?」ということ。

自分の位置を「客観的に」はっきりとさせます。

全国規模の模擬試験などの成績を参考に、受験に必要な全教科の成績を分析します。

「まだ本気を出していないだけ」「やればできる!」という言葉も嘘ではないと思いますが、これまでできていなかったことを、どのようにしてできるようにするのか?という観点から冷静な視点で見ます。

例えば、ずっと数学が苦手なのに「絶対に国立大学志望」と言う場合、苦手な数学を克服して、受験科目として使えるようにするまでに、「今の実力から考えて」どのくらいの時間と労力がかかりそうか真剣に考えます。

克服できる人もいますし、できない人もいます。ただ、今までずっと苦手だったという事実はしっかり受け止めてください。

ここからスタートです。