英国国立大学へ正規留学 | MSAマスタードシードアカデミー

MSAマスタードシードアカデミー

英語特化
海外名門大進学・最難関大学受験専門予備校

12月1日にMSA後期保護者会がありました。
お忙しい中、たくさんの保護者の方にご来校いただきました。
誠にありがとうございます。

後期保護者会は、第1部「国内最難関大学受験」編、第2部「海外留学」編と二部構成で行われました。

前半の「国内最難関大学受験」編では、混迷を深める入試制度改革の中、2020年度入試の見通しや併願校の戦略についてお話ししました。都市圏での大規模大学への入学定員厳正化の流れは続いているものの、2019年からはやや緩和の兆しが見られています。2020年度入試における影響の「予測」は難しいものの、制度変更を前にいたずらに「安全志向」に陥るのではなく、志望校である難関校には一般入試で果敢にチャレンジすることが大切だとお伝えしました。

後半は「海外留学」編です。英国留学を決めた生徒にも参加してもらい、留学に向けての具体的な準備のご説明をしました。これから留学のためのビザ取得など、気が抜けない手続きがたくさん待っています。



先日、英国正規留学特別推薦試験の発表があり、見事、受験者全員突破!
100%合格を果たしました。

おめでとうございます!!!!!!!!!!

英国の大学に正規の学生として留学する道が開かれたことは、大きな大きな一歩です。目の前にはまさに無限の可能性が広がっているという心境ではないでしょうか。

と同時に、合格者の顔には「いよいよ始まりだ」という厳しい表情も見られました。
来年、8月末の渡英は決定しました。到着した翌日から「英語を学ぶ」のではなく、「英語で学ぶ」ことができなければ、留学の成功は程遠いと言わざるを得ません。

MSAでは「留学準備講座」を設置して、渡英日まで細かくサポートする体制を整えています。英語の発音やリスニング力を高めることは当然ですが、日本語の文献も含めて、知識を広げ深めたり、自分の意見をまとめて表現したり、他者の意見に耳を傾ける姿勢を身につけたりと、「アカデミックな世界」で学ぶことができる土台を固めてから渡英させます。

国内最難関大学合格レベルを遥かに凌ぐ英語力を身に付けるためのトレーニングの始まりです。