第15期スタート!大学入試《大変化》前 最終年だからこそ丁寧な指導 | MSAマスタードシードアカデミー『単語王2202』Blog

MSAマスタードシードアカデミー『単語王2202』Blog

最難関大学受験特化予備校
●慶應 上智 早稲田 ICU 東京外語 医学部 英語重視校●
『単語王2202』著者 / 中澤 一 主宰


テーマ:
MSA第15期の通年授業が始まりました。

ご存知のように、今年(来年度2020年度入試)で「大学入試センター試験」は終わり、2021年度からは新しく「大学入学共通テスト」が始まります。

英語についても、TOEFL、TOEIC、IELTSなどの外部試験を採り入れる大学も増えます。

このような大きな変化があるときに受験する前後の学年の受験生は大変です。高校も、今年までは従来の制度、来年からは新制度ということで対応に追われているどころか、相当しているところもあるようです。

英語で外部試験を採り入れても、A大学はTOEICはOKだが、TOEFLはダメとか、B大学はIELTSはOKだが、TOEICはダメとか、かなり面倒なことになりそうです。

こんなことをしても別に学力向上に、英語4技能向上につながるのは、制度を変えようが変えまいが、もともと「できる」生徒であり、そうでない生徒にとってはますます受難の時代になることでしょう。

それはさておき、高校では来年度以降の新制度に対応すべく、先生たちも情報収集や対策にてんてこ舞いですから、「従来の制度の最終年」にあたる学年の生徒達の指導が手薄になりがちです。

「共通一次」から「センター」に変わるときを経験している人ならわかるでしょう。

そんな中でのMSA。

いつのまにか開校15年を迎えました。今年もMSAではしっかり入学審査をおこないました。

また教室環境も変えました。「従来の制度の最終年」の受験生を手厚く指導すべく、今までで1番の「狭き門」となる審査をおこない、入学者数も思い切り絞り込み、教室レイアウトもガラリと変え、教室の机を円形に並べ、講師は円の真ん中をぐるぐる動き回り、今まで以上に一人ひとりに目が届くようにしました。


(写真は現在進行中の「海外名門大学留学準備コース」の様子。大学受験コース生もこのようなセッティングで学びます)

ならばマンツーマンでやった方が良いと思われるかも知れませんが、適度な競争と緊張感、そして、常に「良きライバル」の存在を感じた方が、上位層の生徒は伸びます。着きっきりで手取り足取り教えなければいけないレベルならば、マンツーマンも良いでしょうが、ついついその生徒のレベルからいつまでも抜け出せないし、生徒も他人を意識することがないだけに、自分の相対的な位置を把握しにくくなります。

実際、成績不振の生徒に限って「まだ大丈夫」という不思議な妄想を抱きがちですが、常に同じレベルの大学を目標としている仲間を意識せざるを得ない中に身を置き、授業中も全員が全員を見渡せる環境で学ぶことで、自分が足りないところに気づき、そこで発奮することでしょう。

今年は特に、このような場で萎縮するような生徒や、否定的な意味で《他人は他人》と言って、自分を擁護する言い訳をしそうな生徒は入学をお断りしました。入学できなかった方には申し訳ありませんが、MSAに来ても良い結果が出ないと思いますので、正直にお伝えしています。

講師陣も、新制度前の最後の年だからこそ、丁寧な指導を重ねていきたいと気を引き締めています。



NEW《学校案内資料》のご請求は60秒入力フォーマットから簡単にできます。
MSA(大学受験コース)へのご入学は、入学時点で20歳未満の方に限ります。高1・2コースには、中学3年から高2まで入学できます。

海外名門大・国内最難関大学併願制度 IFU国際大学連合が日本で唯一認可した「塾」です

海外名門大・国内トップランク大学受験生のための塾 MARCHより上をめざす受験生だけが入学できます

慶應・上智・早稲田・ICU東京外語・医学部・英語重視校に抜群の実績

慈恵・順天堂・防衛医大・浜松医科など医学科合格多数!医歯・理系こそ英語で勝負



〒102-0073 東京都千代田区九段北4-3-22
JR/地下鉄「市ヶ谷/飯田橋」駅から徒歩7~8分
電話 03-6272-8683 
メール msa@msaeigo.com  (@部分を半角にしてお使い下さい)

「これからの世界で活躍する若者」
育てるMSAをナンバーワンにして下さい。
アイコン3つ、クリックお願いします!↓

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 予備校へにほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ



MSAマスタードシードアカデミーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります