留学試験結果発表〜MSA「初」がたくさん! | MSAマスタードシードアカデミー『単語王2202』Blog

MSAマスタードシードアカデミー『単語王2202』Blog

最難関大学受験特化予備校
●慶應 上智 早稲田 ICU 東京外語 医学部 英語重視校●
『単語王2202』著者 / 中澤 一 主宰


テーマ:
MSA-IFU 海外名門大学正規学位入学試験の結果が出ました。

過去最大の13名が受験し、全員合格しました!

世界ランキングTop 100入りのアイルランド国立ダブリン大学トリニティカレッジには、今までで最多の5名が合格。この5名は、日本の大学は受験せずに、このままトリニティに進学します。

特筆すべきは、英語のハンディ故に日本人学生には難しいと言われる学部に軒並み合格できたことです。かなりの成績と実力が求められる「2つの専攻を同時に進める Joint Honors Programme」など、全員「第一志望」の学部・専攻で合格となりました。何ヶ月もかけて自分がやりたいことを絞り込んでいっただけに、喜びもひとしおでしょう。

今回のトリニティ合格者のほとんどが(日本の)国立受験型の勉強をしており、高校でも全教科バランス良く好成績を挙げ、評定平均が高かったことは大きなプラスでした。また、数学に強い生徒が多いのも特徴的です。日本の最難関大学への高校推薦を辞退して留学を決めた生徒もおり、トリニティ「一本」で勝負をかけました。「リスク」のご褒美が「リターン」と言われますが、その通りの結果となりました。明確な留学への意欲と意志が評価されました。


また、MSA-IFUの留学制度上初となるアメリカの「医学部進学課程」(アメリカは学部で「医学部進学準備課程」までで、大学院から日本で言うところの「医学部」になる)にも合格者が出ました。現役高校生で、夏までは運動部でしっかりと活動し,文武両道でがんばっていることが高く評価されています。


英国ウェールズ地方にある国立バンガー大学(学生満足度で常にトップクラスにランクイン)には7名が合格。この9月からバンガー大学「1年生」になった5名の先輩たちに続きます。

バンガー大学のあるバンガー市では、市長がMSAを訪問したり、バンガー市議会が留学生を支援してくれるなど、とても友好的で、治安も良く、自然豊かで、のびのびとした学生生活を送ることができます。


留学が決定した生徒達は、すぐに留学準備の勉強に切り換え、課題に取り組み始めています。1月からは、ネイティブ講師による発音・リスニング・コミュニケーションの特訓授業が始まります。



NEW《学校案内資料》のご請求は60秒入力フォーマットから簡単にできます。
MSA(大学受験コース)へのご入学は、入学時点で20歳未満の方に限ります。高1・2コースには、中学3年から高2まで入学できます。

海外名門大・国内最難関大学併願制度 IFU国際大学連合が日本で唯一認可した「塾」です

海外名門大・国内トップランク大学受験生のための塾 MARCHより上をめざす受験生だけが入学できます

慶應・上智・早稲田・ICU東京外語・医学部・英語重視校に抜群の実績

慈恵・順天堂・防衛医大・浜松医科など医学科合格多数!医歯・理系こそ英語で勝負



〒102-0073 東京都千代田区九段北4-3-22
JR/地下鉄「市ヶ谷/飯田橋」駅から徒歩7~8分
電話 03-6272-8683 
メール msa@msaeigo.com  (@部分を半角にしてお使い下さい)

「これからの世界で活躍する若者」
育てるMSAをナンバーワンにして下さい。
アイコン3つ、クリックお願いします!↓

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 予備校へにほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

MSAマスタードシードアカデミーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります