レポートと小論文の違い | MSAマスタードシードアカデミー『単語王2202』Blog

MSAマスタードシードアカデミー『単語王2202』Blog

最難関大学受験特化予備校
●慶應 上智 早稲田 ICU 東京外語 医学部 英語重視校●
『単語王2202』著者 / 中澤 一 主宰


テーマ:
小論文の上手い下手を「知識の多い少ない」だと勘違いしている人が意外と多くいます。


NEWNEWNEW《最難関大学特化・夏期セミナー》
《学校案内資料》のご請求は60秒入力フォーマットから簡単にできます。

ビックリマークMSA大学受験コースは、通常授業・講習会共に受講資格は20歳未満の受験生に限定しております。入学・受講初日に身分証の提示をお願いしております。



 数だけ少ない「少人数制」で本当に大丈夫?MSAは、クラスのメンバーまで考えた選抜審査を厳正に行います。保護者様にも来校をお願い致します。

 1クラスは少人数でも、学校全体の人数が多ければ、一人あたりにかける講師・スタッフの時間・指導は微々たるものに。MSAは全体の人数も少人数。数あわせ・利益優先の塾ではありません。

 巨大スーパーや大手予備校のように何でもそろっているわけではありません。「英語特化の老舗」を評価して下さる保護者・受験生の皆さまにお選び頂いています



もちろん、知識があるに越したことはありません。しかし、ただ多くのことを知っている人の評価が高いのであれば、それは「小論文」という試験スタイルで試す必要はないはずです。

例えば「AI技術に対してどう考えるか?」といった問いに答える際に、AIが何かを知らねければ書けないことは間違いありません。しかし、この問いに対して出題者が書くことを期待してほしいことは、新聞や雑誌、ニュースで取り上げられているような「AIの一般論」ではないのです。

「AI技術が進歩すると人間の労働が奪われかねない」といったものは、将来の予測として「どこかで聞いた話」です。ここに「主張」があるでしょうか?

「AIとはどんなものですか?調べてきてください」というレポートであれば、現在、どのような問題が予測されているか、といったことを書く必要があるでしう。

しかし、小論文では違います。そこに「オリジナリティ」がない限りは、他の答案との差異は生まれず、採点者の目を引くことはありません。

「オリジナリティ」を出すためには、深く深く考える必要があります。徹底的に考えることで、思いもよらない連想をしてみたり、全く異なる分野と関連性を持たせてみたりと、考えが広がります。

その際にも「知識の支え」は必要ですが、ポイントは知識量の多さではないのです。

はっきりとした解決策を出すことが難しい問題に対して、自分の頭で考えることこそ、小論文の基本中の基本です。



NEW《夏期セミナー》《学校案内資料》のご請求は60秒入力フォーマットから簡単にできます。
MSA(大学受験コース)へのご入学は、入学時点で20歳未満の方に限ります。高1・2コースには、中学3年から高2まで入学できます。

海外名門大・国内最難関大学併願制度 IFU国際大学連合が日本で唯一認可した「塾」です

海外名門大・国内トップランク大学受験生のための塾 MARCHより上をめざす受験生だけが入学できます

慶應・上智・早稲田・ICU東京外語・医学部・英語重視校に抜群の実績

慈恵・順天堂・防衛医大・浜松医科など医学科合格多数!医歯・理系こそ英語で勝負



〒102-0073 東京都千代田区九段北4-3-22
JR/地下鉄「市ヶ谷/飯田橋」駅から徒歩7~8分
電話 03-6272-8683
メール msa@msaeigo.com (@部分を半角にしてお使い下さい)

「これからの世界で活躍する若者」
育てるMSAをナンバーワンにして下さい。
アイコン3つ、クリックお願いします!↓
グッド!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 予備校へにほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

MSAマスタードシードアカデミーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります