MSAマスタードシードアカデミー『単語王2202』Blog

最難関大学受験特化予備校
●慶應 上智 早稲田 ICU 東京外語 医学部 英語重視校●
『単語王2202』著者 / 中澤 一 主宰


テーマ:
「暗記が苦手」と決めつけていませんか?
「英単語が覚えられない」という人の話を聞いていると、
「そのやり方だと嫌いになってしまうかも...」と思うことがよくあります。



2017年度《学校案内資料》の
ご請求は60秒入力フォーマットから簡単にできます。

2018年度の学校案内・パンフレットは1月下旬よりお送りします。

 意欲のない生徒が混ざると少人数クラスは崩壊します。
MSAは、クラスのメンバーまで考えた選抜審査を厳正に行います。
保護者様にも来校をお願い致します。


 クラスは少人数でも、学校全体の人数が多ければ、
一人あたりにかける講師・スタッフの時間・指導は微々たるものに。
MSAは全体の人数も少人数。数あわせ・利益優先の塾ではありません。


 巨大スーパーや大手予備校のように何でも
そろっているわけではありません。
プライベートジェットやプライベートバンクと同じで、
価値がわかる保護者・受験生の皆さまにお選び頂いています




英単語は毎日やっています!と言っても、どのようにやっているかは千差万別。
苦手意識を持っている人は、一度にやる時間が「長い」ようです。
つまり、まとまった時間、例えば1時間を「英単語を覚える」時間にあてています。

しかし、「覚えた」と思ったものでも、忘れてしまうのは当然のこと。
一夜漬けで頭に詰め込んだものが、翌日あっという間に消えていった経験は誰でもあるはずです。
時間が経てば半分、また半分と頭から消えていきます。

となれば、人間の脳はそのようにできているんだ、と割り切るのがよさそうです。
長い時間をかけようが、短い時間だろうが、時間が経てば忘れる。
この当たり前のことをまずは受け入れてみる。

せっかく長い時間をかけて覚えたのに、それを忘れてしまうのは苦痛が大きく、
「やってもやってもダメ」と思いがちです。
そこで、覚える時間は思い切って短くしてみます。

1日で合計1時間を語彙力増強に使うとしても、
まとめて1時間ではなく、5分や10分の短い時間に短縮し、分散します。
1日に10分を6回など。

覚える、忘れる、また覚える、また忘れる…
頭に定着するまではこの繰り返し。
この行ったり来たりの回数が多ければ多いほど、記憶に定着します。

(本日記事担当:MSA講師・齋藤直哉)




海外名門大・国内最難関大学併願制度 IFU国際大学連合が日本で唯一認可した「塾」です

海外名門大・国内トップランク大学受験生のための塾 MARCHより上をめざす受験生だけが入学できます

慶應・上智・早稲田・ICU東京外語・医学部・英語重視校に抜群の実績

慈恵・順天堂・防衛医大・浜松医科など医学科合格多数!医歯・理系こそ英語で勝負


〒102-0073 東京都千代田区九段北4-3-22
JR/地下鉄「市ヶ谷/飯田橋」駅から徒歩7~8分
電話 03-6272-8683
メール msa@msaeigo.com (@部分を半角にしてお使い下さい)

「これからの世界で活躍する若者」
育てるMSAをナンバーワンにして下さい。
アイコン3つ、クリックお願いします!↓
グッド!
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 予備校へにほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ
いいね!した人  |  リブログ(0)

MSAマスタードシードアカデミーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります