北海道・探偵の独り言 「ないものを数える」より「与えられるものに気づく」 | 北海道、札幌の興信所社長と女探偵のよもやま話

北海道・探偵の独り言 「ないものを数える」より「与えられるものに気づく」

(株)アイシン探偵  代表の高橋です。

 

当社は北海道全域で様々な調査を承っております。

 

探偵という仕事を通じ、たくさんのことを学ばせていただきます。

 

以前、ご依頼をいただいたS子さん。

 

S子さんはご主人の浮気調査をご依頼された方でした。

 

ご主人はやはり浮気をされており、そして開き直り、逆ギレをする。

 

紆余曲折があり、S子さんは離婚を決断された。

 

離婚後のS子さんは前だけを見ながら、一生懸命に頑張りました。

 

幼い子供を育てながら、二つの仕事を掛け持ちして働いた。

 

あるとき、S子さんが探偵に言われたのです。

 

私って恵まれすぎています。

 

子供にも恵まれています。

 

仕事にも恵まれました。

 

励ましてくれる母親もいます。

 

友人もいつも気にかけてくれるんです。

 

この前、雑誌の懸賞の応募したら、石鹸が当たったんですよ。

 

とにかく、自分に与えられている全てのことに気づき、感謝をされるのです。

 

 

探偵はハッキリと言います。

 

人はとかく自分にないものを数えたがる。

 

でも、人生はないものを数えるより

 

既に自分に与えられているものに気づき感謝する方が幸せ

 

それは人生の幸せの法則なのだと学ばせていただきました。

 

 

 

 

(株)アイシン探偵では北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・失踪人調査・盗聴調査・結婚調査 ほか

北海道全域で様々な調査を承っております。

 

(株)アイシン探偵 北海道ホームページ