探偵・札幌市の独り言 母子優先の原則って | 北海道、札幌の興信所社長と女探偵のよもやま話

探偵・札幌市の独り言 母子優先の原則って

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

 

当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

 

今回は『母子優先の原則』について。

 

夫婦が離婚する際、夫も妻も子供の親権を主張し、

 

裁判所で争った場合、夫が親権者になれることは、ほぼない。

 

本来は子供の養育環境において夫、妻のどちらが適切なのかを

 

判断することになっているのだが、裁判は画一的に母子優先とする。

 

子供にとって父親より母親がより重要であると考えているのです。

 

いくら妻が子供を夫に預け、浮気相手と遊びまわっていても、

 

いざ離婚するとなると妻が親権者になることが多い。

 

また、妻も離婚後に「一人親手当」や「生活保護」を受けるためにも

 

子供の親権を取ろうと画策していることも稀にある。

 

近年、幼い子供の虐待死が報道されます。

 

その多くが母親の内縁関係の男に虐待死させられたり、

 

再婚相手の義父に虐待死させられたなどである。

 

もし、仮に虐待死させられた子供が父親に引き取られていたら、

 

殺されることもなかったかもしれない。

 

いずれにしても、母子優先で画一的に判断するのは止めてほしい。

 

 

探偵はハッキリと言います。

 

裁判官へ。

 

本当に子供のために親権者を判断していますか?

 

子供のためにどちらの親が適任かを一生懸命に判断してください。

 

 

 

 

(株)アイシン探偵では札幌市を含め、北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・失踪人調査・結婚調査 ほか

様々な調査を承っております。

 

(株)アイシン探偵 札幌市ホームページ