北海道・探偵の独り言 DNA鑑定と父親の葛藤 | 北海道、札幌の興信所社長と女探偵のよもやま話
2019-03-14 23:15:08

北海道・探偵の独り言 DNA鑑定と父親の葛藤

テーマ:北海道

(株)アイシン探偵  代表の高橋です。

 

当社は北海道全域で様々な調査を承っております。

 

今回は『DNA鑑定と父親の葛藤』について。

 

近年、DNA鑑定が身近になっている。

 

以前であれば、DNA検体をアメリカなどの海外で検査を行っていたが、

 

今は国内でも可能になっています。

 

当然ながら、費用も10年前に比べ、低額になっている。

 

ある日、父親が子供とのDNA鑑定を行う。

 

2週間後、父親に元に鑑定結果が届く。

 

「生物学的親子関係不存在」

 

つまり、今まで全ての愛情をそそいできた我が子が自分の遺伝子ではない。

 

これが、病院での取り違えなどの理由であればまだ救いがある。

 

だが、そうでない場合・・・・

 

妻が自分以外の男性と浮気をして、そのセックスの証明が「我が子」となる。

 

この事実を平然と受け止められる男性はいない。

 

 

探偵はハッキリと言います。

 

今、浮気をしている妻たちへ。

 

浮気相手とのセックスは避妊をしてください。

 

浮気相手の子供を夫の子供として育てる

 

それは全ての人が不幸になることです。

 

 

(株)アイシン探偵では北海道全域で

浮気調査・素行調査・不倫調査・盗聴調査・家出人調査・結婚調査 ほか

様々な調査を承っております。

 

 

(株)アイシン探偵 北海道ホームページ

北海道探偵さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]