家族が失踪・家出をした場合の対応  | 北海道、札幌の興信所社長と女探偵のよもやま話
2019-01-06 21:14:53

家族が失踪・家出をした場合の対応 

テーマ:北海道

(株)アイシン探偵事務所  代表の高橋です。

 

当社は北海道全域で様々な調査を承っております。

 

北海道においての失踪・家出は毎年、3月より増えていきます。

 

もし家族が突然の失踪・家出をして場合の対応についてを書きます。

 

まず一つ目は踪人の友人、知人、職場関係などに聞き歩く。

 

効率を考えて電話などで情報を収集するより、相手方を訪ねていくことが大事です。

 

仮に失踪人が友人などに「家族から連絡がきても何も言わないでくれ」と

 

頼んでいたとしたら、家族が電話をしたとしても、友人は語ってくれない。

 

でも、直接会うことによって、友人も家族が心配する様子を目の当たりにして話をしてくれるのです。

 

また、友人、知人などに直接会うことによって、電話では得られないような細かな情報が得られる。

 

その情報が失踪人をみつける大きなヒントになることも多いのです。

 

二つ目は失踪人に対して多すぎるラインやメール、電話などをしないことです。

 

通常、失踪人は失踪した段階でスマホの電源を切ってしまいます。

 

ですが、自分が必要なときにスマホの電源を入れます。

 

そのときにたまっていたメール、ライン、電話の着信連絡などが一気に押し寄せる。

 

これは失踪人にとっては恐怖である。

 

仮に送った内容が心配しているものであっても、

 

失踪中の当人にとってはやはり責められているように感じるのです。

 

また、ラインやメールの送信内容も気をつけてください。

 

語尾に?がつく文章を送ってはいけません。

 

今、どこにいるの?

 

どうしたいの?

 

何があったの?

 

仕事はどうするつもりなの?

 

いつ帰ってくるつもりなの?

 

語尾に?がつく内容は当人にとっては質問され、答えを強要されていると思ってしまう。

 

ですから、失踪人に送る内容は完結文章にしてください。

 

こちらのことは大丈夫だからね・・・・

 

会社には休暇でお願いしたからね・・・・

 

ちゃんとご飯だけは食べてね・・・・

 

風邪をひかないように気をつけてね・・・・ など。

 

そして連絡者を決めることも必要です。

 

失踪人の家族の一人が代表連絡者になり、一日3通程度にすることです。

 

仮に当人の友人、知人、職場の人などがそれぞれにメールなどを送ってしまうと、

 

一日にものすごい数のメールが届いてしまいます。

 

ですから、友人、知人、会社の人などに当人へのライン、メールなどは

 

控えてもらうように頼んでおく必要があります。

 

3つ目は失踪人が発見された、もしくは自分で帰ってきた場合です。

 

そのとき当初はあえて何も聞かずに当人の心と体を休ませることです。

 

なぜ失踪したのか?などをすぐに問いただすと、二度目の失踪につながる可能性があります。

 

まずは時間をかけてゆっくりと当人と向き合ってください。

 

 

 

(株)アイシン探偵事務所では北海道全域で

失踪人調査・失踪人調査 ほか様々な調査を承っております。

 

 

(株)アイシン探偵事務所 失踪・家出人ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

北海道探偵さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]