神戸出張ラン2

テーマ:

こんにちは。みなとです!

 

神戸出張ランの続きです。

メリケンパーク、ハーバーランドを離れ少し西の方へ。

 

みなとのもり(震災復興記念公園)。

(ここだけ写真を撮り忘れたので写真はお借りしました)

1周450mくらいある陸上のトラックのようなランニングコースがありました。中の芝生エリアでは学生らしき団体がたくさん活動中でした。

 

みなとのもり公園の先、小名浜公園につながるランニングコース。短い距離ですが素敵ですね。

 

小名浜公園のウッドチップコース。グルグルするには少し狭いかなぁ。ウォーキングには良さそうです。

 

小名浜公園から更に西の方へ。HAT神戸地区というらしい。ここがとても気に入りました。

 

レンガとウッドデッキのコース。道幅もとても広く、走るには大変恵まれた環境ですね。釣り人も沢山。この日はアジが釣れていました。後日ここで朝ランもしましたが、街灯の明かりがあるので暗くても走れます!

 

神戸県立美術館のオブジェ?

暗い中走っていて、いきなりこれを見たらビビっていたかもしれません。

 

美術館の正面玄関側。カエルが!

 

陸側の歩道もこんな感じで整備されていました。正確に測っていませんが、こんなコースをコース取りによって3~4キロで周回できます。トレーニングに合わせて距離も自由自在に調整できますね。

 

素晴らしいランニングコースでした!

 

今度は来た時は山側も攻めてみたいなぁ!

 

久しぶりの神戸。素敵な町でした!

 

 

神戸出張ラン

テーマ:

こんにちは。みなとです!

 

少し前の話となってしまいましたが、先日出張で神戸へ行ってきました。最近出張が少なかったので久しぶりの出張ランです。

 

以前神戸に来たのは、かれこれ10年以上前?

当時は三ノ宮や元町しか行った記憶がなく、今回は海沿いの観光地を走ってきました。

台風21号による被害の痕跡はぱっと見では見当たらず。

 

震災があったのはもう20年以上前になりますが、まだまだ記憶に鮮明に残っています(当時はギリギリ学生だったなぁ)。

写真ではわかりにくいと思いますが、岸壁の向こうのポートターミナルには、神戸に来る前に横浜にいた豪華客船が停泊していました。

 

横浜のみなとみらいにとっても雰囲気が似ています。

変わった形のホテル。神戸のオリエンタルホテルと横浜のインターコンチネンタルホテル

 

神戸のポートタワーと横浜のマリンタワー。

こんなオブジェは横浜にはありませんが

 

この帆船も横浜で見かけます。

 

暗くなる前に写真に収めることができました。が、この間にお会いしたランナーは「ゼロ」でした。浮いてましたかね(笑)

 

なぜか続く(笑)。

 

スピード強化のつもりなんですが・・・

テーマ:

こんにちは。みなとです!

 

湘南国際が終わり、先週末くらいからポイント練習的なものを開始しました。土曜日は速めのペース走4分30秒台での12キロ。

 

■結果

0428 34 45 35 44 32

0447 37 36 34 35 41

意外と起伏があるのでペースはバラバラ。

 

普段のランでも、流しを入れたり。とにかくスピードの劣化が著しいので何とかしたいと思っているのですが。

 

そして、水曜日は平日ポイントのLT走。

 

■結果

0433 38 43 37 25

 

遅っ!っていうか土曜日のペース走とあまり変わんないんじゃ(笑)。あまりペースが上がってないなぁとは感じたんですが・・・。

 

それにしても、この日は4分40秒台を見る始末。寒いとペースが上がりにくいことがありますが、それにしてもダメダメです。

 

しばらくはスピード強化のつもりですが、早くも挫折しそうです(笑)。

沈静しかけから一転ぶりかえす

テーマ:

こんにちは。みなとです!

 

今日は朝ランのつもりでしたが、冷たい雨の為ランオフ。さすがにこの気温でシャワーランをやるのもなぁ・・・。ということで、筋トレでランジをやっておきました。

 

さて、去年の年末くらいからほぼ1年のお付き合いとなる足底筋膜炎。今年の夏場あたりから低周波治療器を毎日当て続けていいたら、膠着化した症状が徐々に緩和する方向に向かっていました。

 

が、先日の湘南国際マラソン後に再び悪化・・・。一番悪い時ほどの症状ではないものの、また寝起きや走り出しの際、足裏が痛い状態に。そして走った後も1日ちょっと痛い。でも走り出しで痛くても、2~3キロ走っていると痛みが治まってくるので走れてしまうというタチの悪さ(笑)。

 

気休め程度と思っていた低周波治療器で症状に変化があったので、効いているものと判断しレース後も継続しており、症状の方もほんの少しずつではありますが良化傾向にある・・・ような気がする。

 

とはいっても、既に慢性的な痛みとなっているので、症状が治まるのにもそれ相当の時間がかかるものと覚悟。あまり長い付き合いにはしたくないのですが、気長に付き合っていくしかないのかなぁという感じです。

湘南国際マラソン レースレポ前半

テーマ:

こんにちは。みなとです!

 

レースレポの続き。最後に前半部分となります(笑)。

 

エントリー時の申告タイムを3時間59分にしたところ、送られてきたゼッケンはCブロックのものでした。

 

8時半過ぎに列に並びましたがざっくりCブロックの中盤くらいの位置だったような?それからほどなくスタート位置まで移動するのですが、すき間を見つけて前の方にチョロチョロと移動。結果的にはCブロックの前半位の位置取りが出来たのではないかと思います。以前と違いゼッケンが前だけの着用となったので、自分の立ち位置がよくわかりません。

 

9時ちょうどにスタートの号砲が聞こえましたが、ネットタイムが大会の正式記録とのことなので、スタートラインのところで計測を開始。ロス時間はおよそ3分半くらいでした。

 

しかしながら、想定の範囲内ではありましたが、前が渋滞しておりなかなかペースが上がりません。あまりお勧めできることではないのですが、隙間を見つけてジグザグ走行で2キロ過ぎまでくるとようやく混雑もやや解消され、想定レースペースの4分50秒前後で巡行開始。でも本当に走りやすくなったのは5キロ地点くらいからだったように記憶しています。

 

給水のコップがプラコップで、しかも結構しっかりしたものでした。いつもは紙コップの先を飲みやすいようにつぶして飲んでいるので、硬いプラコップだと給水がやりにくい。ペースを落としてこぼしながら一気に飲むような形。ベタベタするのが嫌なので水ばかり給水しておりました。

 

今回レース前のトイレ対策で水分をやや控えていたので喉の渇きを覚えていたのに加え、こんな事情で給水が不十分だったことが後半の足の攣りにつながったのかもしれません。ゴール後は渡されたペットボトルの水をほぼ一気飲みするくらい喉が渇いていましたので。

 

その後はひたすらマシーンのように4分50秒前後のペースでひたすら巡行。ペースを上げたい衝動に駆られる場面も何度かありましたが、力は後半にとっておこうというつもりでペースはひたすらキープ。

 

折り返した後に2回あるこのコースでの大きな登り(大した坂ではない)、湘南大橋と西湘バイパスへ向かう登りについてはむしろペースを落とすくらいで力を消耗しないように気を付けました。

 

ところが、西湘バイパスの登りに近づいたところくらいから足の攣りが始まり、後半のレポに続くというかたち。

 

以上、前後が逆転したレースレポでした!