散歩はただ歩くだけではありますが、時期によっては装備を万端にしておきたいところです。
森下幹人はそこまで神経質に健康のことを考えているわけではありませんが、今は良くても将来的になにか問題があっても困りますから、最低限気を使うところは使っています。
例えば近年は紫外線の影響が深刻化していると話を聞きますから、日が照っているときには日焼け止めや長袖のシャツを着て直射日光を当たらないように心がけてます。

 

多少であれば日光を浴びても問題ないのでしょうが、森下幹人は割と長時間散歩をすることが多いので紫外線の影響は無視できないと考えて、装備は整えています。
もっとも日差しが強いときには、日が沈んだ時に出歩くようにしているので、そのような場合には軽装で屋外に出ることもあります。
紫外線対策というと肌ばかり考えるものですが、目もやられやすいという話を聞いてからは、UVカットのサングラスと帽子もかぶるようにしています。

 

帽子は日射病予防にもなりますから、暑い時期は外すことができません。
そして、ペットボトルの飲み物も携帯するようにしてすぐに水分を補給できるようにしています。
小銭を持っていって自動販売機で買えばいいだけの話なのですが、それだとお金が少しもったいないことと水分が必要な時に必ずしもすぐに自動販売機があるとは限らないので、携帯をしてます。
そこまでシビアに考えるものでもないので、気候が穏やかなときには何も持たずにフラッと外に出ることもありますが、夏や冬はしっかり装備を整えています。