保育園の乳児クラスのおともだちも最後まで楽しめる『ほりあい☆コンサート』~ほりあいって何? | Mr.スコップのスコップログ 保育・幼稚園行事などで9割の皆様がご満足☆ 体感!実感!!感動の参加型♪乳児から楽しめる出張コンサート
2018-11-11 09:05:58

保育園の乳児クラスのおともだちも最後まで楽しめる『ほりあい☆コンサート』~ほりあいって何?

テーマ:~インフォーメーション~








コンサートで保育園を廻っていると公演後、先生方から

「乳児さんも最後まで集中して楽しんでいましたね!!」

と驚かれることが非常に多く、「園の行事でいろんな業者を呼んでも

なかなか乳児さんをきちんと楽しませることが出来る人が少ない…」

というお話を良く伺います。

また、自分の知り合いの同業者には、保育園で公演をする場合は乳児さんに

はご遠慮いただき、幼児クラスの園児さんのみを対象にしている方もいます。


そもそも自分は、シンガーソングライターとして子ども向けコンサート

活動を始めた当初、縁あって地元の0~2歳児さん中心の小さな保育所に

月に2回程度、ギターいっちょ抱えて伺う機会をいただいていましたが

その時も、手始めにオリジナルの童謡を弾き語りで披露した

ところ、意外と子どもたちの反応が良かったのがきっかけでした!


しかし、相手はまだ生まれてから間もない幼い子どもたち・・・

子どもの世界とは無縁のサラリーマンだった自分には

とても、それだけでは子どもたちの集中力を持たせることが出来ず、

園長先生から「知っている歌もやってほしい」

「子どもたちを動かしてほしい」などのご要望をいただき、

ご存じの童謡やうたあそびなども覚えることを始めました。


幼い子どもの反応はストレートなので、ある意味大人向けに

歌を披露するよりも大変かもしれませんが、自分は逆に

そこにこそ、やりがいを感じて続けてきました。

こうして、子どもたちに様々なリアクションをもらい、鍛えられ

創作の歌だけでなく、うたあそびも徐々に掘り起こしていき

今に至ります。

だから、自分にとっては子どもたちが先生なのです!!


独身で子どもがいない自分にとっては、歌やうたあそびなどの作品が

子どものようなもの☆彡

我が子が世の中の子どもたちと、子ども同士仲良く安心して関わって

もらえるように、産んで育てて自らもともに成長していけたなら・・・

活動当初から変わらないこのスタンスこそが、乳児さんをも

惹きつける力を持った”ふれあい”と”掘る”を掛け合わせた

「ほりあい」であると自負しています☆


さらに、小規模な乳幼児親子向けアコースティック・コンサートの

『にこにこ・こんさーと』も立ち上げ、ご好評をいただいております。



どこにもないMr.スコップならではのコンサートにこだわり、

より充実した内容を目指して、

今後もバリエーションをどんどん広げていこうと考えています♪






☆お問合わせ・お申し込み先 
 
       Tel 090 6586 8319  Mr.スコップ

                      お電話は一瞬 思い出は一生・・・









Mr.スコップ♪子ども向け音楽家 公式ブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス