【誰でも膝の水は2日でひく】 | 自分でらくらく膝痛改善トレーニング
2011-06-06 00:58:15

【誰でも膝の水は2日でひく】

テーマ:◆現場れ生まれたテクニック

佐藤です


両膝変形、慢性水腫、担当医から人工関節宣告の不安を
この1年で克服したA子さん(50歳)から


更にうれしいニュース!!



トレーニングを始めてもうじき1年になるA子さん。
5月15日にボーリング2ゲームやれた!!!



公務員の行事で毎年ボーリング大会が開催されるが、膝の痛み
でここ何年間はプレーには参加せず、買い出し係だった…。


特に去年は怖くて絶対できない状態であっただけに今回は
ビックリ。プレー後、軸脚の左膝は多少腫れたけど、その日
のうちに腫れがひいた。



翌日には痛みなく、勿論腫れもなかった。筋力がついて
身体も締まってきた実感!体重は去年と変わらないが、
ムチムチだったTシャツが楽に着られてうれしい。




少しずつですが「着実に小さな結果が後になって出てくる」
という確固たる自信を与えられ、生徒から教えられる瞬間です。


一番忙しいこの時期、いつもなら両膝に水が溜まり、Y病院
へ毎日通い始める。しかし、「今年はまったく好調でした」
と笑顔をみせる。


「忙しい時期の後には、3か月間通院が毎年のパターンでした」
「毎週水腫を抜く処方を3週間続け、その後はコラーゲンを入れ
ていました」という。


多忙のため約1カ月ぶりに来場されたA子さん。久しぶりながら
トレーニングの最後には高さ40cmのボックスに両脚で飛び乗る
こともできました。


恐るべし、人間の治癒力!
このような結果は、機械や掃除機に例えるなら、モーターを
交換して、油を注入しない限り考えられませんよね。



A子さんのように膝に水が溜まった、膝がスムーズに屈伸
しないとき、誰もがその場でできる解決策はないのか?



あります!A子さんが実施した方法を紹介しますので、
手遅れにならないように今から知っておいてくださいね。
あなたも試してみてください。



その前に、この運動をやるとなぜ良いのか?
それは…膝の痛みやこわばりで歩くことが困難でも
体重をかけずに、「早い時期に運動が開始できる」からです。


早い時期に運動を開始しますと、膝関節(エンジンルーム)内
の栄養状態がベストになります。



軟骨に傷がついたり、疲労でシャビシャビで「墨汁」のように
なってしまった潤滑液は、量でまかなうしかなくなります。
これが「膝の水(水腫)」の正体です。


一方、理想的な潤滑液は、蜂蜜のようにドロ~ンとした粘りが
あります。車のエンジンオイルと同じですね。


顕微鏡でこの分子をみると、ドロ~ンとしたオイルはベアリング
のように転がる構造が確認できるのです。


さて、


A子さんが実施したその日のうちにひざの腫れ(水)がひいた
運動法とは…


==================
「“仰向けで自転車こぎ”」
==================

というテクニックです。



その方法は…

仰向けになって自転車のペダルをこぐような運動。



両脚交互はおなか周りの筋肉がつらい、腰に負担が…
という方は、片脚ずつ実施してみてください。


回数は25回以上です。

簡単に炎症を解消できるテクニックです。



48時間以内に水が引いて、翌日にはA子さんのように高さ
40㎝のボックスに飛び乗る事が出来ます。



炎症とは、単なる機械的な摩擦です。
スキ間(アソビ)と油を与えるだけで解消できてしまいます。
専門的には「消炎運動法」と言います。


■リウマチ患者の手部、
■膝の水腫の初期、
■肩関節周囲炎(五十肩)
■インピンジメント(肩の使い過ぎ)
■股関節を曲げた時の痛み


などでこの原理を応用しています。



炎症(機械的な摩擦)解消の2つのポイントは
--------------------------------------------------
「スキ間と潤滑油」でしたね。
--------------------------------------------------


今回は「“仰向けで自転車こぎ”」という
テクニックを紹介しました。


いつでも、どこでも、誰とでも…



「“脚に体重がかけられなくても”早い時期に運動を開始する」

ということを意識してみてはいかがでしょうか?


--------------------------------------------------


次回に続く…



では、また。


やさしい解説、詳細は無料メール講座で!

 ↓↓↓

 https://39auto.biz/mr-sato/touroku/entryform3.htm


*このブログ記事ではコンディショニングの役に立つ内容を
 提供していますが、回復には疾患の特異性、個人差があります。
 効果が現れないとき、心配な時は下記までご相談ください。



佐藤 友宏

mrsato80@gmail.com


--------------------------------------------------------
ボストンスポーツ
パーソナルトレーナー養成学校 学部長、トレーニングコーチ
--------------------------------------------------------
■ 本社オフィス
□ 〒470-0341 
愛知県豊田市上原町西山105-1
■ TEL:0565-45-1319 FAX:0565-45-1399

◆----------------------------------------------------------◆
■サイト
・公式サイト
⇒ http://www.boston-toyota.co.jp
■BLOG
⇒ http://ameblo.jp/mr-sato80/
■Facebook 
⇒ http://www.facebook.com/#!/profile.php?id=100001683317252
◆----------------------------------------------------------◆


ヒザ痛らくらく改善コンサルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス