ボンネビル用スクリーン | 狂える虎、かく語れり

狂える虎、かく語れり

35歳の関西人がひとりごちります。

ヤフオクで見つけました。
ボンネビル用のブラストバリアスクリーン。
 

 
これ、デイトナ じゃん。
前に乗っていたエストレヤでも
同じタイプのものを取り付けてたぜ。
確かにヘッドライト横のボルトをゆるめて
はめ込むだけだから、スタンダードなタイプの
バイクなら大抵つけられそうだな。
 
ボンネビル用のスクリーンが欲しいんですよね。
こないだのトライアンフ西日本合同MTGで
ご一緒した方が純正スクリーンを取り付けて
いたんですが、見るとがっちりボルトオンしてあって
「気分で外せます」というのは不可能とのこと。
しかしネイキッドたるボンネビル、
真冬走行時は寒風をまともに受けてしまいます。
 
そういう点からいえば、このスクリーンは及第点。
しかし、最大の難点が…。
 
ダサい
 
見てくださいよ、
W650と変わらないじゃないですか。
信号待ちで隣りにW650がやってくると、
露骨に見下す目で見る狂虎さんです、
あんな国産車と同じ扱いにされる危険性の
高いアイテム、わざわざつけるかいな。
 
値段的には致し方ない部分がありますが、
やはり見た目は大事。
いや、一番大事といっていい。
そもそも世界に数あるバイクたちの中から
ボンネビルT100を選んだあたり、
「雰囲気」と「見た目」重視なのは明白なわけで、
そこを妥協したらトラ乗りたりえない。
 
現実的に寒風に晒されるわけですが、
そこはアナタ、
気合いですよ
気合いで乗り切るんです。
昔の偉人も、こう言っていたじゃないですか。
 
元気があれば、何でもできる!
 
って。
というわけで、昨年に引き続き(引き続いてんのかよ)、
今年の狂虎さんの防寒対策は
 
気合い
 
ということで。ヨロシク。