イギリス製作のドキュメンタリー「隠された被爆労働~日本の被曝労働者」。 | 極秘計画進行中!もっとオタクの味方となるために!「オボコノサトリ」

極秘計画進行中!もっとオタクの味方となるために!「オボコノサトリ」

謎の人物...もといオタクの味方であり自らもオタクである「仏滅」が、自分が面白いと思う鉄道模型とかQMAとかアニメとかボーカロイドとかをネタにして読者の皆様に楽しんでいただくブログ....でしたが、最近は本業の極秘計画進行中(内容は来るべきにここでお話いたします)。







今夜は、だいぶ前に小耳に挟んだのですが誰も聞く耳を持たないだろうと思っていた「原発労働者」のお話です。あの福島の原発事故が大々的に報じられている今ならば、関心をもたれる方も多いかと思い取り上げる次第です。1995年にイギリスで製作・放送されたドキュメンタリーで、そのテーマは「原発の中で作業をする人々の、これまで一般に報じられてこなかった被曝」です。

私がこの問題に触れたのは、年明けから少し過ぎた頃。とあるブログのコメント欄でした。それによると「東電その他電力会社は、弱い立場の日雇い労働者を集めて原発で危険な作業に従事させている」とのこと。時期的には東日本大震災の起こる寸前ですね。ですがその時点でその問題に触れてもおそらくはスルーされてしまうだろう(私も確たる証拠が出るまではこの指摘は眉唾物扱いでした)と考えていました。ですがこの動画を見て確信しました。
「ああ、あの問題は真実だったんだ」と。
中でも最後の3本目に出てくる元原発労働者の方の「今でも歯が抜けてくる」との発言はショッキングでした(実際に入れ歯をはずしてみせています)。

とにかく「真剣に見てください」としか申し上げられない壮絶な動画です。

この動画の問題意識は、広く多くの方に知っていただきたいと思います。真剣に見ていただきたい動画です。