AKB楽曲紹介!第190回村山チーム4『猫アレルギー』 | mr.B.Jの『気まぐれ』ブログ

mr.B.Jの『気まぐれ』ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
どうも!Mr  B.Jです(*^^*)

AKB48 52ndシングル

『Techer  Techer』

全カップリング紹介!


今回の紹介楽曲を含め残り2曲。

Type-D収録の村山チーム4の

『猫アレルギー』

です(^_^)

ファンの間からは

“シアターの女神”

と称されているゆいりこと村山彩希キャプテン率いる新チーム4の楽曲はタイトルでも分かる通り、甘い青春ラブソング第3弾(^ー^)

好きな娘のためならとこんな我慢や軽い嘘をついた経験…

在りませんか?(笑)

センターはずっきーこと山内瑞葵ちゃん。

チーム曲では16期生初のセンターです(^_^)


・歌唱メンバー


☆村山チーム4


(センター)山内瑞葵

浅井七海・稲垣香織・歌田初夏
大川莉央・大西桃香・大森美優
岡田奈々・川本紗矢・行天優莉奈
坂口渚沙・佐藤妃星・高岡  薫
高橋彩香・達家真姫宝
田屋美咲・永野芹佳・野田陽菜乃
濱  咲友菜・平野ひかる・馬  嘉伶
宮里莉羅・村山彩希


AKB楽曲紹介第190回

※歌詞の前後にドラマもどき(笑)



その日はスッキリと晴れた気持ちのいい青空。

そんな青空を眺めながら僕は

“何かいいことありそう!”

なんとなく、そんな気がしていた。

恋をしたい!
彼女が欲しい!

そんなことを思って迎えた高校二年の春も過ぎ、もうすぐ夏がやって来る。

“好きな人ができた”

春先のフェスで出会ったクラスメート、杉崎亜紀。

彼女には10歳離れた弟くんがいるので言葉は悪いがその弟くんを“利用”してこの数ヶ月、彼女との距離はかなり縮められた感はあった。

ただ、
告白はできてない状況に変わりはないのだが…。

と、

携帯にLINEが届く。

LINEを確認した瞬間、僕の胸が思わずドキっ!

『今日ヒマ?
もし良かったら家に来ない?光輝も会いたがってるし…』

思いもよらないLINEだった。

僕はもう一度窓の外の青空を見上げながら…

“やっぱりいいことが……”

心の中でつぶやきかけた言葉を呑み込む。

「……ちょっと待て……」

“彼女の家ってことは…アレが……”

この数ヶ月間、彼女との距離を縮めるために僕は一つ嘘をついていた。

ホームルームの時、何かしらの流れで犬と猫のどっちが好き?という話しになり彼女は猫派であることが判明、愛描の写真を見せられた。

僕は“とある事情”で猫は飼えないし嫌いではないのだけれど、どちらかというと犬派だった。

だがここで僕は彼女にアピールしたい気持ちがあったので…

「僕も猫派!可愛いよね!」

何て嘘を言ってしまったのだ!

彼女との距離が一気に加速したのは弟くんと愛描ちゃんのおかげでもあったのだが……

“ここは…誤魔化すしかない!”

彼女からの誘いなんて、こんな大チャンスは二度と巡って来ないかもしれないと決断する。


ニャア…


不意に窓の外に子猫が現れる。どうやら迷い混んできたらしい。

いつもなら敬遠するところだがこれもリハーサルと思い、恐る恐る猫に近づいて見る。

しかし、次の瞬間!

身体中の蕁麻疹とともに、くしゃみが……

子猫に近づくことすらできなかった僕は

“大チャンスなのに……”

「大ピンチだ…………!」

呟いていた。

そう、
僕が猫を飼えない理由とは……


♪~


『猫アレルギー』
作詞:秋元  康
作曲:板垣祐介
編曲:板垣祐介


何かいいことがありそうな
(青空)
そんな予感今日はしてたよ
(Sunday)
恋はいつだって急展開
(なぜか)
君から気まぐれLINEが来た

遊びに来ない?なんて
誘われて(誘われて)
困ってしまった

ごめん
僕は猫アレルギーなんだ
ずっと言えなかったけど…
君の家には可愛い猫がいるよね
いつも写真見せられると
猫派だってアピールして
抱いてみたい
そんなこと口走った
くしゃみも出ちゃうし目もかゆい
でも君が好きなんだ


せっかくのチャンス逃したら
(最悪)
二度と運は巡って来ない
(残念)
やっと振り向いた女神様
(そっと)
何があっても頑張らなきゃ

ケーキ作るねなんて
夢みたい(夢みたい)招待状だ

まさか
僕が猫アレルギーなんて
今さら言えるわけがない
実家で猫を
飼ってることになってるんだ
家族中が犬派なんて
一体何の因果だろう
一緒に寝たい  勢いで呟いた
体のあちこち蕁麻疹
でも猫が好きなんだ


君の家(君の家)
お邪魔して(お邪魔して)
猫を(猫を)抱いて(抱いて)
一時間
何も反応がないのはなぜだろう?
恋は薬だ


僕は猫アレルギーなんだ
ずっと言えなかったけど…
君の家には可愛い猫がいるよね
いつも写真見せられると
猫派だってアピールして
抱いてみたい
そんなことを口走った
くしゃみも出ちゃうし目もかゆい
でも君が好きなんだ


~♪


「気をつけてね!」
「お兄ちゃんバイバーイ!」

彼女と弟くん、そして彼女に抱かれている猫ちゃんに見送られ僕は彼女の家を出た。

すっかり暗くなっていたが綺麗な満月が道を照らしていた。

僕の心は朝の青空のように晴れやかだった。

“猫アレルギー”を気にしながら彼女の家のドアを叩いた時、いきなり猫ちゃん(正確には彼女に抱き抱えられていた)に出迎えられた。

くしゃみが出そうになり慌てて口を押さえつけたが何とか耐えれた。

「どうしたの?」というような顔をした彼女を何とか誤魔化し家にお邪魔した。

が、何故か不思議なことに危なかったのはその時だけでその後は彼女の猫ちゃんを抱いた時も何も反応はなかった。

そんな事情で、僕は充実感たっぷりに帰路に着けたのだ。


ニャア…


不意に電信柱の影に子猫が現れる。

猫アレルギーが“なくなった”僕はゆっくりと子猫に近づく。

と、次の瞬間!

身体中の蕁麻疹とともに、くしゃみが!

“嘘だろ…”

あまりにも激しいくしゃみだったので見送っていた彼女が

「葉山くん?」と呟きながら近づく気配があったのでこんな顔は見せられない!と僕は顔を背けたまま…

「大丈夫!大丈夫!」

と彼女に向かって叫び背中を向けたまま足早に歩きだした。


“ホント、僕の恋は前途多難だ…”


と心の中で呟きながら……


『猫アレルギー』
-了-


ドラマもどき、つい長くなっちゃいました(笑)

爽やか青春ラブソング第3弾ということでまたまた繋げちゃいました!

実は今回のカップリング曲の歌詞を読んだ時、普通に一つのストーリーで進めて共通カップリングの『君は僕の風』でまとめれるなとは思ったんですが、紹介の順番的に

『ロマンティック準備中』
『新しいチャイム』
『猫アレルギー』

の3曲だけを繋げました(*^^*)

曲調的に3曲の中で一番可愛い感じに仕上がってるのはやはり平均年齢的に若いチーム4だからこそでしょうね(*´-`)

さて、
今回の各チーム曲のセンターを努めている小栗有以ちゃん、倉野尾成美ちゃん、久保怜音ちゃん、山内瑞葵ちゃんの四人が選抜されている楽曲があります。

それが、まゆゆのラストシングルである『11月のアンクレット』のカップリング曲『法定速度と優越感』(U-17選抜・センター小栗有以)。

今さらながら神曲という噂も…

第168回で楽曲紹介してますので興味ある方はそちらもどうぞd(^-^)


次回はいよいよラスト!

チーム8の新曲です(⌒‐⌒)
by  Mr  B.J











































mr.B.Jさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス