最終面接1 | MRを目指す就職活動-内定までの道のり

MRを目指す就職活動-内定までの道のり

都内に住む女子大生アコのブログです☆

こんばんは、今日二回目の更新です。更新できるうちにしちゃいます!


突然ですが今日は最終面接について書きたいと思います。最終面接は、もう内定出るか出ないか、ですよね。いつも以上にドキドキだと思います。


選考が面接にはいったら結果が出るのが早いというイメージをもっています。面接は二~三回くらい行なわれます。そのうちの一つが最終面接です。


最終面接って一体どういう質問されるの?という疑問があると思います。昔は最終面接=意思確認のみという傾向があったそうです。しかし今は違います、違うと考えた方が良いです。最終面接に選ばれるのは、採用人数とほぼ同等だから内定をもらえる確立は高いという話も聞きますがあまりそういうことを考えずに最後まで恐怖感をもって面接に臨んだほうがいいです。笑


私が経験した最終面接は雑談のみの場合もありましたし、ガッツリ厳しい面接だったこともありました。これにどういう意図があったのかは分かりません。友人の経験談では和やかで雑談ばかりで楽しい最終面接だったから多分大丈夫だと思っていたのに不採用だったこともあります。


最終面接はマジ、分からない!


って感じですね。笑 最終面接において「これをすればいい」などはないと思いました。最終まで呼ばれたということは学歴も学生時代の経験もある程度の人柄も知られていますので、あとはただありのままの自分を出すことです。


最終でよく質問されたことは

・もし他社からも内定もらったらどうするの?

・転勤あるけど大丈夫ですか?

・もう一度学生時代に頑張ったことを聞かせて下さい

です。みなさまはどう答えますか。


最終面接後の結果通知は、その日の夕方であったり翌日というパターンが多かったです。一週間後ということもありました。


最終は、本当に最後ですのでこの会社に入りたい!という強い意志を見せるのがポイントです。