ベートーベン ピアノ協奏曲第3番・第4番 | ミスターDのバイクのある生活

オーケストラの演奏よりもピアノ独奏を楽しむ1枚。

 

 

フェルディナント・ライトナー指揮

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏。

1961年の録音です。

 

 

 

現代のピアニストとは違い、端正という言葉がピッタリ。

それをフォローするライトナーの指揮もまた端正。

気分を一新したい時に聴くのがお勧めです