紅葉とアートのツーリング(その1) | ミスターDのバイクのある生活

11月6日。

朝から洗濯2回。モタモタしてる間に12時。
でもせっかくの機会やさかい、上勝に向けて出撃開始。

お目当ては殿川内渓谷の紅葉です。


大川原高原に向かう途中の
佐那河内のネイチャーセンターの近くまで来ると、

 

 

紅葉が綺麗でしたが

ホンマの目的地はずーっと先。

 

 

 

という訳で
そこからはノンストップで上勝へ。

灌頂ヶ滝の水量は少なめやったので、

今回は通過しました。

 

 

 

 

 

r16に出て5分程走り、三差路を右折して

傍示(ほうじ)の集落に入ります。
分かりにくい案内板に従って急坂を上ると、
巨大な船が飛び込んできました。

 


 

 

 

 

 

ディグリーがおもちゃに見える程のスケール。


 

 

 

 

 

 

 

上勝町のアート作品・射手座造船所です。

 

 

 

 

 

 

 

後ろに見えるのは高鉾山です。

 

 

 

 

 

 

案内板。

 











近付いてみましょう。

 

 

 


 

 

 

 


ハリボテかと思いきや、かなりしっかりした造り。

 

 

 



操舵室もあります。

 

 

船内では会合も出来そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

操舵室の上まで上がると眺めは最高。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、出来てから13年も経ってるので

所々傷んでおり、

 

 

「敷地内での事故には責任は負えません」

との看板が立ってました。

実際階段もデッキもギシギシいうとったしね。

 

 

 

 

 

 

階段を下りて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場へ。

 

 

通路の両側には花が咲いてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傍にあるのは何の小屋かいな?と思ったら、

トイレでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと遠かったけど来て正解でした