2007-11-30 20:15:44

無我離脱について

テーマ:ブログ
この度は、皆様に色々とご心配をお掛け致しまして申し訳ありませんでした。


皆様、既にご存知の通り、無我を離脱することになりました。
自分もここで、今回の件について話をさせて頂きます。


まず申し上げておきたいのは、自分に取材依頼があり、取材を受けた場合には、その新聞や雑誌などが発売される前に、この自分のブログで内容を公表することが出来ないことをご理解ください。
今後もそういった事情がある場合には、その発売を待った後、自分としてもこのブログで自分の現状をお話しすることになります。
コメントで「雲隠れ」というご意見もありましたが、逃げているわけではありません。
自分を取材してくれる媒体に、筋を通しての沈黙です。
前にも書きましたが、皆さんのご意見に対し、自分はこのブログでそれなりに回答をしてきていますし、逃げるつもりもありませんと言っています。
インターネットの手軽さから、せっかちな方々が多いようですが、お待ちいただけますようお願い致します。


さて、今日発売の「東スポ」に自分の記事が掲載されました。
皆さん、既にご覧いただけていると思いますので、内容をここに書くことは省きますが。


コメントで「無我をクビ」「筋を通していない」というご意見もありますが、自分はこの件に対し、数ヶ月前から考えておりました。
「離脱」という大きな動きをするのには、一時の怒りで決めてしまってはいけないと何度も何度も自身の心に問いかけてきました。
西村の一件を聞いたときには、驚きましたが、西村の気持ちも理解出来ました。
しかし、西村が離脱した後、自分もすぐ同じように離脱をすることは、時期尚早と考え、また、無我に残る選手達への思いもあり、暫くは無我への参戦もしていこうと思っていました。
ところが、何度かブログでも書きましたが、トーナメント戦線からの除外やヒールの禁止通告に対し、自分が無我へ説明を求めても何の回答ももらえませんでした。
やっと会社から「会って話がしたい」と連絡を貰い、自分もそのつもりで待機していましたが、担当が風邪を引いたからという理由で、会うことをキャンセルしてきました。
その後、試合や打ち合わせ取材や営業などが重なり、東京から離れたこともあり、メールや電話での短いやり取りしか出来なくなり、会社との都合がなかなか合わず、やっとまた会って話をしようということになりました。
勿論自分は話し合いを希望していましたから、そのつもりで待機していましたが、またキャンセルのメールが来ています。
そしてまた28日にも会う話が出て、やはりキャンセルされました。
筋を通し挨拶をしたくても、これでは出来ません。
そして、皆さんに誤解されるような「クビ」という形で世間に認識されてしまいました。
自分から、無我を離脱することを決意しています。
会社のスタッフにそう話しました。


無我リングでの闘いは、自分にとっても大いに勉強になりましたし、一緒にやってきた仲間達にも感謝しています。
無我リングでの自分に声援を送ってくださったファンの皆様も今まで有難うございました。


自分はこれで無我を離れますが、残る選手達には、戦場は違うけれど、これからもプロレスラーとしてお互い頑張ろうと言いたいと思います。
また、これからも一プロレスラーの後藤達俊に声援をくださるファンの皆様へは、精一杯闘ってプロレスを好きで良かったと言っていただけるよう頑張りたいと、決意を新たにしています。
これからも宜しくお願致します。
AD
いいね!した人  |  コメント(43)  |  リブログ(0)

Mr.バックドロップさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

43 ■無題

無我離脱は大正解。ヒールの後藤達俊もいいけれど、やっぱり1発で試合を変えるバックドロップ、あれですよ。

そもそも無我の試合スタイルといい所属する選手といい、あれを受け切れる選手なんて誰もいなかったじゃないの。ヒール道まっしぐらもいいけれど、いっそ他団体でシングル戦線に無理矢理割り込むなんでどうでしょ?

42 ■ヒールの後藤達俊

ヒールの禁止された後藤選手には
個人的には魅力がなかったので、
そういう意味での無我離脱は正直嬉しいです

これからもリング上でどんどん暴れてください
後藤選手のプロレス 楽しみにしてます
より一層の活躍を期待してます(^^)

41 ■フリー

フリーという立場で、各団体で後藤選手のプロレスを魅せてください。
全日・新日・等など
無我のほかにも団体はありますから!

40 ■後藤さん、頑張れ!

色々、無我内部の噂を聞くたびあんな所辞めて当然と思います。
いやがらせ、誹謗中傷に負けず、これからも良い試合を見せてください。

39 ■無題

とにかく今は頑張って!
文句言う人もいるけど、
試合で納得させたらいいじゃないの。

応援していますよ!

38 ■そもそも

所属契約を結んでいないのに、マスコミに対して所属解除をリリースするのってどうなの?「私達は団体としてきちんとしてるんですよ、所属解除(契約ないけど)される方に問題があるんですよ」って思われたいって事?

37 ■新しい後藤選手を期待します。

無我と他団体での試合内容に違いを見せることを大切にしてらっしゃるのだなと、いつも観戦させていただいてました。
後藤選手のバックドロップがあれば、まだまだベルトも狙えると信じてます。
今後のご活躍期待しております。

36 ■おはようございます

無我離脱は正直いって残念ですが、これからはより自由な立場で試合もできると思いますので、ますますのヒールファイトを観てみたいです。

35 ■無題

はっきり言って後藤逹俊に無我のリングは似合っていないって思ってました。

今からいろんな団体に上がられると思いますが、どの団体に上がってもヒール道を貫いて下さい。

応援しています。

34 ■無題

プロレスの新団体ってホントうまくいかないモンですね。
これからの後藤選手の発展を願って(-人-)ナムー

33 ■無題

テレビでも後藤選手がクビというテロップ出てました。クビなのか退団なのかはっきりしないし、もしクビが納得できないならそれなりの対応をしたらどうでしょうか?

こういう中途半端な状況はファンにも迷惑かかるし。

32 ■やりましょうよ

ヒールやりましょうよ 本物の怖い後藤さんが見れるようにがんばりつづけてほしいです

31 ■無題

後藤さんといえばヒールの代名詞なのに・・・
IWGPタッグのビールかけの映像は今見ても最高っす

内外タイムズにこんな記事がありましたけど
とりあえず後藤さんの動きは要チェックですね

無我ワールド・プロレスリング 追放された後藤達俊が不気味なテロ予告
http://npn.co.jp/article/no/73369101/

30 ■アナウンサー

「おっと!椅子を持った男がリング上に乱入です!」

「これは・・・後藤ですか?! 後藤達俊ですね!」

「本隊に対して椅子攻撃です!」

「ヒールのレジェンドが新日本のリングに帰って来ました!」

29 ■後藤さんを支持します。

一貫してヒール道を歩んできた後藤さんに、ヒール封印はナンセンスだと思います。
これからは、自由に暴れまわってください。

28 ■無題

コメントありがとうございます!
僕もよくプロレスみてます!
今色々大変みたいですねでも後藤さんあまり無理しないでくださいね

劉張經は言ってました…
男なら…紳士服…

てのはどうでもいいですが、あまり悩まないでくださいね!

27 ■無題

試合数も少なく自分がやりたいプロレスが出来ない団体にいるよりは外に出て色々な団体に上がって思う存分、後藤さんのプロレスをして下さい。
これからも応援し続けますので頑張って下さい。

26 ■無題

はじめまして、プロレスファン歴20年以上の者です。後藤さんもヤングライオン時代より存じております。
以前よりこのブログをチョコチョコ拝見させていただいておりました。ここまで荒れてしまったのも、正直ああやっぱりと言った感じです。
書き込んでいらっしゃる方で言い過ぎな方も見受けられるようにも思いますが、元々は後藤選手の問題だと思います。

なぜ酒乱の話を自慢しておられるのか。周囲に迷惑をかけていることなのに反省どころかブログで過去の犯罪を自慢しています。
ヒールモードって何でしょうか。リングの上でなら分かりますがなぜ公の場で一般人相手にそんなことをされてまた、ブログで自慢されているのでしょうか。
そんな割には電車等の中での携帯電話の通話に関してはやたら五月蝿く、またヒールモードで、とかって自慢しておられる。
とても一般常識のある方には思えず、ブログを読んでいて正直プロレスファンとしてとても恥ずかしかったです。

無我離脱につきましてはそれぞれ事情もあることでしょうからがんばって下さい。ご家族もいらっしゃるので大変ですよね。

どなたかが書き込まれておられましたが全日本で乱入して鈴木選手をぶちのめす、なんて新鮮で面白そうですね。プロレスという世界でなら、そこでいろいろな発言をされて盛り上げるのもプロですよね。

プロレス人気が落ちている昨今ですので夢のあるご活躍を期待しております。
がんばって下さい。

25 ■無題

お疲れさまでした 非常識な相手につきあいすぎたくらいですって 離脱を決意されて、ファンとしてスッキリしました
これ以上、己を殺すことありませんね

24 ■無題

これからがホントの一匹狼後藤達俊が見れると期待しています。頑張ってください

23 ■頑張れ、達俊!

無我だけがプロレスじゃない。
GOING MY WAYっすよ!

22 ■間違っていないです

後藤さん 初めまして。
僕は後藤さんに否はないと断言します。

無我はプロレスであるならば
プロレスを否定するかのような指示をすることが
間違っていると思うのです。
あれこれと指図するならば、
プロレスとは何ぞやと考えてから
やってもらいたいもの。
逆さ押さえ込みもプロレス。
ヒールもプロレス。
どっちがプロレスらしいかを。

21 ■こんばんわ。

後藤さんご本人から、無我離脱のお気持ちを聞けて、すっきりしました。
団体を抜けるということは、ボクのようなサラリーマンにとっては、会社に辞表を出すということです。
不満や愚痴があったとしても、それは大きな決断となります。
ただ、本当に今のままでいいのか、転身したほうがいいのかを天秤にかけたとき、決断するのは自分しかありません。
今回の一件は、ボクにも勇気を与えてくれた気がします。
試合だけでなく、男の生きざまを見せていただきました。ありがとうございます。
これからも後藤さんについていきますので、宜しくお願いします。

20 ■新しい道ですね!!

  今回の結論を出すに至るまで、
相当、考え、悩まれたことだと思います。
 後藤選手が出した結論ですので、
それが最良の道だと思います。

 何処のリングに上がろうと、何処の
団体に所属していようと、応援して
いきます!!

19 ■12月3日は残念です。

12月3日の無我、大阪大会は残念です。昨年の11月5日の後藤選手VS西村選手の3本勝負が一番印象に残っています。今後のご活躍を期待しております。

PS.12月9日は観戦できそうです。無我の時みたいに声がかけられると、いいのですけど!

18 ■言わせていただきます

後藤選手、お疲れ様でした。
残念な結末を迎えてしまいましたが、これで区切りをつけて新しい戦場での飛躍を期待しております。

男は行動あるのみ。私は、
後藤選手の行動を是とするのであればそのありようを見守っていくし、非とするのであれば黙って離れていく、というスタンスでおります。

思想信条は自由ですから何を言ってもかまわないと思いますが、己の精神の貧しさを露呈するようなコメントを投稿するようなまねだけは絶対にしたくないと日々心がけています。

次は会場でお会いしましょう。
ご精進を祈念申し上げます。

17 ■頑張れ

後藤さん頑張れ!俺は応援するぜ!!兄貴についていくぜ!

16 ■一言

後藤選手、皆様

はじめまして。通りすがりですが・・・

後藤選手の書かれたブログの以下の部分。

<前略>
・・・自分に取材依頼があり、取材を受けた場合には、その新聞や雑誌などが発売される前に、この自分のブログで内容を公表することが出来ないことをご理解ください。・・・<中略>
自分を取材してくれる媒体に、筋を通しての沈黙です。
<攻略>

ああ、後藤選手はとても業界(とそれを取材して支えているメディア)を大切にしているんだなぁ、と強く感じました。

私からしたら、有名人のブログの内容がTVや新聞の記事になるなんて本末転倒。
だって、業界&メディアあっての「有名人」なのでしょう。先にブログに書いてしまうドシロートな女優やタレントが多い昨今、後藤選手のお考えは立派だと思います。

私も一人の社会人として、そういう気持ちを持たなければいけない。いままで持っていたかなぁ・・・と考えさせられました。

どなたかも書いてらっしゃいますが、是非地上波で迫力満点の「殺人バックドロップ」を見せてください。がんばってくださいね。

15 ■残念です。

他のblogで後藤さんの無我離脱を知りました。正直、残念です。でもこのblogで真意が伝わりました。また、自分が観戦する試合に、後藤さんが暴れている姿を診れるのを楽しみしてます。

14 ■無我離脱おめでとうございます

 全日本の最強タッグの最終戦に乱入して鈴木をやっちゃって下さい。どヒールモードあんど酒乱モードで。新日本時代は寡黙なヒールをやっておられましたが、もう思いっきり弾けて欲しい。ヒールって日本人では上田馬之助選手か後藤選手しかいないですから、つらぬいてください。総合見るよりプロレスのほうが楽しいですから。

13 ■後藤さんは大事にされていなかった

正直、無我での後藤さんは「人数合わせ」くらいにしか
思われてなかったような気がします、でも新日本を辞めてすぐに参戦した
ZERO1やDDTはフリーの後藤さんを大事にしていました、
両団体ともギャラは凄く安いと思われますが、ZERO1では
安田選手とのヒールタッグや大森選手へのベルト挑戦、
DDTではストーリーラインに組み込んでの澤田選手とのタッグ、
どちらも凄く後藤さんを「大切に」「大事に」使っていると感じました。
ZERO1へ行けばヒールユニットの一員として、
DDTではすでに大事なゴトウダー選手として受け入れて、
思う存分、暴れまわれると思います。私はどちらの団体も見に行ってますが、
自由に戦えることを売りにしているZERO1で大暴れしている後藤さん、
DDTでヒールなのにヒーローをやって暴れまわる後藤さん、
どちらも想像するだけでワクワクしてしまいます。
先の事は後藤さんが選ぶ事ですが、今後が楽しみでなりません。
これからも応援しています、大暴れしてください!

12 ■こんばんは

後藤さん こんばんは!お疲れ様です。首の具合はいかがですか?
来週のDEP刈谷大会!参戦との事で 嬉しく思います! 観戦に行きますので宜しくお願いします。 当日 声かけますので 気をつけてお越しください!

11 ■応援してますよ~

今後の飛躍におもいっきり応援してます
そして会場でおもっきりブーイングを贈らせてもらいますね!!


後藤選手ガンバレ!!!

10 ■今後も見続けます

無我での後藤達俊に一区切りがつきましたね。
正直な気持ちを言いますと新日を退団されてから無我に合流されるまでの、フリーで多団体に上がられていた時期がありますよね?ZERO-ONEでのタイトルマッチや、DDTへの登場など、長らく後藤選手を見続けて来た自分に取っては本当に意外でした。ですが新日を退団された事で夢は広がりました。毎回試合相手が新鮮で、新日最後の年より試合数は増えて、試合の記事も増えましたし。無我に合流しなくともいろんな団体に上がって沢山のファイトを見せて欲しいというのが正直な気持ちでした。なので私はどの団体に上がられようとも応援を続けるつもりです。

9 ■説明は良かったけど

確かに無我のコメントと食い違っているんよね。 そこを説明しないてなんかスッキリしないんだよね

8 ■無題

「会社にとって不利益となりうる新聞記事掲載、発言、その他
問題がありましたので判断いたしました。」


って無我側は言ってますがw
どうするんですか?筋を通すために無我を訴えますか?w


筋を通して答えてくださいよぉw

7 ■飛躍の第一歩に

ブログに書いても記事に書かれても、本当の胸の内って曝け出せないものだと思います。
ボクは後藤選手の決断を、勇気ある決断だと思います。
自分を出せるところで、“後藤達俊”を輝かせて下さい。
ライオンマークの団体にカムバックなら更に嬉しいですね…。
ここは、個人的な意見です。
とにかく、これからも応援しています!

6 ■無題

ガンバレー!
ずっと応援します!

5 ■ワクワク

これからの後藤選手の動向が楽しみです。

出来れば地上波放送で後藤達俊を見たいですね!

4 ■無題

後藤さんに誤解していた部分はたくさんあったと思います。説明くださってありがとうございます。

ブログって「コール&レスポンス」がしやすいものだけど、激励とともに中傷もたくさん書き込みされてしまうから、弊害が出てしまったんですかね…

生の声でなく活字っていうところが。

とにかく、次の進む道を決めた後藤さんを温かく見守りましょう。

3 ■無題

てか、応援してるなら見に来てくれ!って極めて普通の事だろ。
何がおかしいの?

2 ■無題

無我離脱の話はどうでもいい
そんな話は小さいこと

応援しているだけの人はファンではないと言った事に対して荒れているのですから
話をそらすのはやめてください
逃げないで下さい

1 ■無題

後藤さんのことですから、きちんとした考えがきっとあってのことだと信じてました。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。