ぐるぐる❤博物館

テーマ:


<内容>
好奇心とユーモア全開の、胸躍るルポエッセイ! 人類史の最先端から秘宝館まで、個性あふれる博物館を探検! 好奇心とユーモア全開の愉快なルポエッセイ。博物館が大好きな著者が、興味のおもむくまま、全国のおもしろそうな博物館を訪問。まじめに、ときに妄想を膨らませつつ、お宝や珍品に迫ります。「なぜ、こんなにたくさん集めなすった!?」という著者の素朴な疑問に答えてくれるのは、慎み深くも超キャラ立ちした学芸員さんたち。話はついつい脱線し――。人類史、鉱物、漫画、SM、服飾、地場産業、伝統工芸etc、さまざまな世界の魅力を、著者の視点を通じて愉快に楽しめます。カラー写真も多数収録。実業之日本社創業120周年記念作品。【◎この本でぐるぐる旅した博物館】茅野市尖石縄文考古館(長野)、国立科学博物館(東京)、龍谷ミュージアム(京都)、奇石博物館(静岡)、大牟田市石炭産業科学館(福岡)、雲仙岳災害記念館(長崎)、石ノ森萬画館(宮城)、風俗資料館(東京)、めがねミュージアム(福井)、ボタンの博物館(大阪)、書き下ろし「ぐるぐる寄り道編」熱海秘宝館/日本製紙石巻工場/岩野市兵衛さん。「人間って不思議だ。なぜ、こんなに知りたいんだろう。なぜ、こんなにもなにかを愛し探究するひとがいるんだろう。その不思議がつまっているのが、博物館だ。だから、博物館が大好きだ」(あとがきより)
(*Amazonの商品詳細より)

<紹介された博物館>
茅野市尖石縄文考古館
・国立科学博物館
・龍谷ミュージアム
・奇石博物館
・(秘宝館)
・大牟田市石炭産業科学館
・雲仙岳災害記念館
石ノ森萬画館
・(日本製紙  石巻工場)
・風俗資料館
・めがねミュージアム
・(人間国宝  手すき職人  九代目イワノさんに会う(越前奉書))
・ボタンの博物館

茅野市尖石縄文考古館

土偶や土器って、“縄文のヴィーナス”なとの教科書でお馴染みの物だけではなく、ウリ坊がついてる土器なんかもあるんですね。
エッセイでは土器だらけの博物館=つまらないという先入観をひっぺがしてくれるルポで、
当時の人々の気持ちになっている三浦先生の想像が面白かったです。

約1万年間も続いたというからには、自然や健康面はしんどいことばっかりだろうけど、それなりに平穏ではあったはずで、正直私は憧れてしまう瞬間があります。
けれども小学校の美術の授業で、ろくろを回して湯飲みを作るってのがあったのですが
その時完成品に水を注いだら、あっちゅうまに水漏れしたのです(涙)
「俺は縄文時代では暮らせぬ。・゚・(ノ∀`)・゚・。」と落胆しました。
なので憧れてしまうけどタイムスリップした先が縄文だと嫌だなぁ~とも思ってます(笑)

★国立科学博物館

前回縄文に触れた事からか、国立科学博物館では人類史中心のレポでした。
現在世界に広くホモサピエンスが分布してる理由がわかったりして面白いです。
私的に科学館というと化学、物理学、電気や宇宙のイメージですが
ここはNature and Scienceなのですね。
私お恥ずかしながら、高校くらいまで縄文時代の人は原人だと思ってたんですよね( ̄▽ ̄;)
有どんだけ興味なかったんだよ!?

★龍谷ミュージアム

仏教の文書を中心とした龍谷大学附属博物館。
信心の薄い人でも、仏教の事をよく知らない人でも楽しめるように工夫されているとこの事。
なるほど、もう終わってしまったけれど
この二ヶ月間「地獄ワンダーランド」と称して
鬼灯の冷徹ファンがヒャッホー(o’∀`)♪となるような展示が開催それていたようです。博物館の立地が京都なので、小野篁の井戸について公式ツイッターで紹介もしてました。
こんな柔軟で、取っつきやすいようにしてくれているということは
きっと、現地でも身に付くことが多いんだろうなぁと思いました。

★奇石博物館★

輝く石だけではなく、石という石を愛する博物館。
ホームページをのぞいてみたら
今はゲーム(マイクラ)に出てくる石特集で、12月はアニメに出てくる石特集になってました。
アニメって『宝石の国』なのかな??なんだろう??
博物館の係りの方々の石への関心と、説明の楽しさがエッセイを通して伝わりました。
コンニャク石の腹筋背筋装置は気になる(笑)

〇秘宝館〇
秘宝館てまだあるんですね。
京極夏彦の小説に出てきた分しか知らないので、てっきり終戦時代だけの遺物だと思ってました。
ドン引きせずに、自分にはない臓器に興味津々になっちゃうのかなぁ
自分の知らない新しい扉を開きそうで怖いです(笑)

★大牟田市石炭産業科学館★

博物紺の炭鉱の仕組みや体験も凄く興味深いものでしたが
エッセイでは三井三池炭鉱時代に働いていたというご夫婦のお話もあって
庶民目線からの炭鉱生活が伝わり面白さかったです。

あんまり関係ないのですが
30年以上前に石見銀山に連れていってもらったのを思い出しました。
現場を再現してる人形がめちゃ怖かった(笑)

★雲仙岳災害記念館

雲仙岳をはじめ火山について学べる博物館。
噴火の際に出た土石流を利用して造った埋め立て地に建てられているとのこと。
アラフォーさんくらいなら、記憶にあるだろう1990年の雲仙岳噴火。
当時は“うんぜんふぜんだけの噴火”て報道されてたと思うのですが
あれだけ注目されてたのに、名称が今のに決まった事に気づかなかったのは、災害への無関心の一例かもしれないなぁと反省しました。

石ノ森萬画館

仮面ライダーやサイボーグ009などの漫画家、石ノ森章太郎の記念館。
オダギリジョーあたりから、仮面ライダーが好きな女性が増えたような気がします。
私は未だに仮面ライダーはブラックかRXくらい(要するに子どもの時に観た分)ですが
『ちゅうかなぱいぱい』『ちゅうかないぱねば』『美少女仮面ポワトリン』には夢中になって、テレビのみならず、女の子向けに描かれた漫画も読んでました(雑誌『びょんびょん』にて、井口ユミ、谷沢直により連載されていた)
でも、それらが石ノ森章太郎原作だとエッセイで初めて知りました。
「小学生の時に、藤子不二雄と赤塚不二夫と手塚治虫に興奮したけど、石ノ森章太郎には縁がなかったなぁ」なんて思ってたのに
結局トキワ荘の片側の住人全員に大興奮してたことになりました。(笑)

〇日本製紙  石巻工場〇

エッセイは震災後に取材(工場の一般公開は無し)
震災被害から工場再稼働までの奮闘については下記の本を紹介されていました。

〇風俗資料館〇

SMやフェティシズムについての所蔵本(雑誌など)を収集した大人の図書館。
奇譚クラブから、現代のSM雑誌各種まで取り揃えてある。
ホームページによるとカストリ雑誌もあるみたいです。
基本は会員制ですが、1日だけや女性でも利用しやすいサービスがあるとの事。
図書館としての姿勢を心がけているのが、エッセイを通してよく伝わりました。

★めがねミュージアム★

眼鏡フレームの主要生産地である福井県にある眼鏡の博物館。
手作業で生産していた時代の眼鏡の話や、展示品、ショップやカフェの眼鏡づくしについてレポートされています。
眼鏡職人さんによる眼鏡作り体験にも挑戦。

〇越前和紙の里〇

人間国宝さんにドライブしてもらえるなんて凄い!!(えっ、そこ?)
和紙の作り方ってこれほど工程か多い(しかも一つ一つに手間隙と技術がいる)んですね!?
子ども用の学習雑誌で解った気になってました。
エッセイでは触れられてなかったのですが、和紙の里のパピルス館が気になります。

★ボタンの博物館★

お洋服などに使う“ボタン”のコレクションを納めた博物館。
服を留める機能的な役割ボタンや、装飾的な役割をもつボタンの歴史や種類が奥深く
集めたくなる気持ちが沸いてきます。
幕末明治のボタンのお話などは特に感心しました。

本で紹介された博物館は以上です。

私はほとんど博物館には行かないのですが
親しみのある博物館はこちらです♪

【国立民族学博物館】

全部観て回るのはしんどくて、途中で断念してしまうのですが
それでも楽しいです(´ω`)
展示物を触ったり持ったりしていい体験型博物館♪
(注・毒矢は触れません(笑))
言語や音楽、食べ物、住まいや乗り物など、あちこちの国の文化を満喫できます。
世界の国語の教科書にはテンション上がる上がる❤
近くにエキスポシティが有ります。

まだ行ったことがないのですが
憧れている博物館がありますO(≧∇≦)O

【印刷物博物館】

【藤子不二雄ミュージアム】

両方関東なので
東京オリンピック終わった頃に訪ねたいと考えております❤
その頃なら観光サービスや交通機関(無人タクシーとか)が整備されてるんじゃないのかなぁと期待してます♪

★関連書籍の感想記事はこちらです★

 「三浦しをんエッセイ本シリーズ感想記事URL一覧」