政府は8日、郵政改革の素案をまとめた。その中で、日本郵政グループを「公益性の高い民間企業」と位置付け、郵便、貯金、生命保険3事業の基本的サービスを全国一律で提供する義務を政府に代わって担うと明記した。一方、金融関連などの新規業務については同社グループが自主的に判断することとし、原則的に自由な業務展開を認める。
 新規業務を原則自由とするのは、全国一律サービスを維持するために収益基盤を強化するのが目的だが、同社グループへの政府出資は残る方向のため、民間からの反発が強まりそうだ。
 素案では、持ち株会社である日本郵政と郵便局会社、郵便事業会社(日本郵便)を統合した上で、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険を傘下に収める3社体制に再編。全国一律サービス義務を課す統合新会社は新たに定める特別法の規制、監督下に置く一方、同サービス提供に伴うコストを勘案し、税金の減免措置なども検討するとした。 

橋下知事「僕の役割終わった」 伊丹問題 国交省素案に意見反映(産経新聞)
「個人資産」の主張切り崩せず…陸山会事件(読売新聞)
参院代表質問 首相、新たな移設先選定を強調 普天間問題(毎日新聞)
小沢氏、自民離党の田村議員に民主入り要請(読売新聞)
美容機器会社社長を再逮捕=無免許でしみ取り-長崎県警など(時事通信)