ソフトバンクは2日、米国のインターネット動画配信サービス会社、Ustream(ユーストリーム)(本社・米カリフォルニア州)に資本参加すると発表した。ネットの動画関連サービスの強化を図るのが狙い。2011年7月までに総額7500万ドル(約67億5000万円)を出資し、同社株30%強を取得して筆頭株主となる。

 ユーストリームは07年3月に事業を開始し、パソコンだけでなく、アイフォーンなどのスマートフォン(高機能携帯電話)向けに、ライブ(生中継)の動画を配信・視聴できるソフトウエアサービスを提供する。世界で月間5000万人以上が利用し、米国ではオバマ大統領が選挙時に活用したことで知られる。

 孫正義社長は2日の決算会見席上で「ユーストリームは、誰もが映像を生放送でき、放送局になれる画期的なものだ」と出資の意義を強調した。

 ソフトバンクはユーストリーム社に1月29日付で約2000万ドル(約18億円)を出資し、同社株13.7%を取得。11年7月までに追加出資し、出資比率を30%強まで高め、グループの傘下におさめる方針だ。

【関連記事】
ドコモ山田社長「iPad、前向きに取り組みたい」
ライブドア、“クラウド的”サービスを3月開始へ
産経の経済ニュースを携帯に送信 ソフトバンク
携帯電話で学力低下、教育現場での功罪
グーグルOSアンドロイド携帯、iPhone切り崩すか

<桜の開花予想>東京都心は3月23日ごろ 日本気象協会(毎日新聞)
<鶴ヶ城>豪華しゃちほこ地上へ 45年前建設会社が寄贈(毎日新聞)
「未公開株」被害者に「回復手続き」と詐欺(読売新聞)
<日中歴史共同研究>報告書を公表 南京事件隔たり埋まらず(毎日新聞)
国が止めても県が入札開始…八ッ場ダム関連工事(読売新聞)
AD