知的障害を持つ長男=当時(42)=を絞殺したとして、殺人罪に問われた無職佐藤久仁夫(73)、妻和子(67)両被告の裁判員裁判で、さいたま地裁(大谷吉史裁判長)は1日、両被告にそれぞれ懲役4年(求刑はいずれも懲役5年)の判決を言い渡した。
 判決は「知的障害や病気があることで、人間の尊厳や人生の可能性が奪われてよい道理はない」とした。
 弁護側は、被害者が更生施設から一時帰宅するたびに暴力をふるった事情を指摘し、執行猶予を求めていた。
 判決後の記者会見で、裁判員を務めた主婦木下テイ子さん(60)は「社会問題としてサポートしていかないといけない事件だ」と語った。 

民主役員会、小沢氏に説明求める声一切なし(読売新聞)
<新型インフル>ワクチン接種後に死亡…「因果関係あり」初(毎日新聞)
鳥取不審死 殺害当日「ぐったり」 睡眠薬?同居男証言(産経新聞)
<鳩山首相>「国民から失笑」今度は自嘲 言葉軽く(毎日新聞)
母から資金総額は? 即答できぬ首相 当事者意識どこ?(産経新聞)