外務省が在外公館の支出関連文書の開示決定を遅らせたのは違法として、仙台市民オンブズマンが国を相手取り、100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、仙台高裁であった。

 石原直樹裁判長は「やむを得ない事情があり、違法ではない」とした1審・仙台地裁判決を支持し、控訴を棄却した。

 判決では、「秘密保持性が高い文書も含まれており、少人数で開示作業にあたったのはやむを得ない」などとして、漫然と遅らせたとは言えないとした。

 オンブズマンは、2006年11月に6か所の総領事館の報償費関連文書(01年度分)、07年2月に3総領事館での国会議員への便宜供与に関する文書(1998~2006年度分)の開示を請求していた。外務省が「対象文書が著しく大量」などを理由に開示するかどうかの決定を遅らせたところ、不当だと訴えていた。

再診料と外来管理加算、時間外対応なら配慮―足立政務官(医療介護CBニュース)
前原国交相と八ツ場ダム地元住民、初の意見交換(産経新聞)
自民追及チームが小沢氏の不動産を視察へ(産経新聞)
強盗容疑で37歳男を逮捕=郵便局で500万奪う-警視庁(時事通信)
<南極>日本が初の各国基地査察へ 廃棄物の適正処理などで(毎日新聞)