水俣病不知火(しらぬい)患者会(熊本県水俣市、2600人)が国と熊本県、原因企業チッソ(東京都)を相手取り、1人850万円の損害賠償を求めた訴訟で、熊本地裁は22日午前、原告と被告双方に和解を勧告した。午後から和解協議が始まった。未認定患者の訴訟派のうち、9割以上を占める不知火患者会との合意が成立すれば、国が進める水俣病救済策は、実現に向けて加速することになる。

【関連ニュース】
水俣病訴訟:熊本地裁が和解勧告 不知火患者会と被告に
水俣病未認定患者:国も和解協議へ 環境相
水俣病:最大の患者会が和解協議に応じる方針決定
水俣病:チッソ分社化「10月目標に体制整える」 社長
チッソ:社内報の「桎梏」表現で環境省が会長を注意

交番の巡査、落とし物の19万円ネコババ(読売新聞)
<オードリー>春日さんが骨折 TBSの番組収録中(毎日新聞)
小沢氏批判の金属弾入り封筒、民主党とテレ朝に(読売新聞)
社会医療法人認定進まず 制度発足から2年「壁」高く(産経新聞)
過疎法の延長期間は6年=58市町村を追加指定へ-与野党合意(時事通信)
AD