任期満了に伴う宮崎市長選は17日告示され、元県議の由利英治氏(60)と、旧佐土原町(現宮崎市)元町長の戸敷正氏(57)、前市議の斉藤了介氏(43)=公明推薦=の無所属3新人が立候補を届け出た。投開票は24日。
 由利氏は市民税10%減税を掲げる。戸敷氏は地方債残高の圧縮など市財政の立て直しを訴える。民主党県連が推薦する斉藤氏は、現在4期目の津村重光市長から事実上の後継指名を受けつつ、市民目線での行財政改革を主張する。
 政党のうち、自民は戸敷氏支持派と斉藤氏支持派とに分裂。共産、社民両党は自主投票を決めている。 

【関連ニュース】
稲嶺、島袋氏が一騎打ち=普天間移設の受け入れ争点
名護市長選をめぐる動き
稲嶺、島袋氏が届け出=普天間移設の受け入れ争点
「普天間」争点に一騎打ちへ=沖縄・名護市長選、17日告示
普天間、名護市長選も参考に=鳩山首相

<治水>河川はんらん許容…有識者会議、政策転換検討で一致(毎日新聞)
<陸山会土地取引>小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」(毎日新聞)
「府中駅どこ?」で振り返ったら… 公然わいせつ容疑で会社員を逮捕(産経新聞)
石川知裕議員を逮捕 4億円不記載 東京地検特捜部 (産経新聞)
レーシック被害 複数患者の菌一致 「手術で感染」疑い強まる(産経新聞)