パロマ工業製湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元社長、小林敏宏(72)と元品質管理部長、鎌塚(かまつか)渉(59)両被告の公判が18日、東京地裁(半田靖史裁判長)で結審した。最終弁論で弁護側は「事故は予測できず、統一的な点検も不可能だった」と無罪を主張した。検察側は小林被告に禁固2年、鎌塚被告に禁固1年6月を求刑しており、判決は5月11日。

 弁護側は最終弁論で「営業所への文書配布など対策は取っていた。過去の事故情報を入手していた経済産業省が、ガス事業者を指導して点検することが最善の策だった」と主張した。【安高晋】

【関連ニュース】
男女死亡:明治神宮近くの車内で…露天商夫婦?CO中毒か
一酸化炭素中毒死:車内で除雪作業員 排気口に雪、排ガス逆流か--妙高 /新潟
大分川ダム工事CO事故:排気管の長さ不十分、労基署など調査 /大分
CO中毒?:6人倒れる トンネル内で作業中、軽症--大分市

薬局で化粧品大量連続窃盗、ベトナム人3人逮捕 滋賀(産経新聞)
【ゆうゆうLife】高年齢雇用継続給付金(産経新聞)
勢いそぐ「政治とカネ」=民主、16日に党大会(時事通信)
こんにゃく入りゼリー「餅に次ぐ窒息事故頻度」(読売新聞)
三寺まいり 冬の情緒楽しんで…岐阜・飛騨の縁結び行事(毎日新聞)