岐阜県白川村の世界遺産・合掌集落で、同村の世界遺産白川郷合掌造り保存財団と東大生産技術研究所(東京都目黒区)の研究グループが来年度、合掌家屋の耐震性能調査を共同で実施する。

 合掌家屋で同調査が行われるのは初めて。耐震性が低い場合、文化庁の許可を得て耐震補強する。

 合掌家屋は、かやぶき屋根がある白川村と隣の富山県五箇山地方の特徴的な民家。柱は礎石の上に建てられ、屋根の部材を縄や「ネソ」と呼ばれるマンサクの若木(長さ約2・5メートル、直径約3センチ)で縛り、クギや針金を使わずにできている。建物は柔構造のため、地震や強風に強いとされている。

 阪神大震災が起きた1995年以降、全国的に木造家屋などの耐震性能が課題となっていた。同村荻町の合掌集落は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、それぞれの合掌家屋は世界遺産を構成する重要な文化財に位置づけられている。このため、同財団と東大が昨年春、保存を目的に調査を行うことを決めた。

土地疑惑、強制捜査 小沢氏「国民は理解」 政府・与党に緊張 (産経新聞)
<公設派遣村>入所者111人が所在不明…東京都(毎日新聞)
民主党大会が開幕へ=事件から一夜、首相あいさつへ(時事通信)
メッセンジャー黒田容疑者、店長側と示談成立 午後にも釈放 (産経新聞)
知人女性と子ども連れ回し、500万要求男逮捕(読売新聞)