箱根シリーズ第二弾
 
九頭龍神社
 
奈良時代以前、箱根の村には、毎年若い娘を選んで芦ノ湖に棲む毒龍に人身御供として差し出すという習慣があった。
 
箱根山で修行中の万巻上人が、このことを知ると、法力で毒龍を改心させて村人たちを救うと決意。
 
万巻上人は湖畔で経文を唱え毒龍に対して人身御供を止めるように懇々と仏法を説いた。
 
すると、毒龍は宝珠・錫杖・水瓶を携えた姿で湖から出現すると、過去の行いを詫びた。
 
万巻上人はそれでも鉄鎖の法を修し、龍を湖底の「逆さ杉」に縛り付け、仏法を説き続けた。
 
龍は、もう悪事はせず、地域一帯の守り神になる旨を約束をする。
 
万巻上人は龍の約束が堅いことを知り、九頭龍大明神としてこの地に奉ることにした。

今でも芦ノ湖の湖水祭では、人身御供に代えて赤飯を湖に捧げている。赤飯の入ったお櫃を御供船に載せ、逆さ杉のところで湖底に沈める。
このお櫃が浮かび上がってくると、龍神が人身御供を受け入れなかったとされ、災いが起きると言われている。
 
西武鉄道の創始者の堤康次郎氏は、箱根神社の奥宮を寄贈し、
 
その息子の堤義明氏は荒廃してた九頭龍神社を再建したといいます。
 
 

 

 

 

 

 

 

 


 
8月14日(水)19時~in梅田
知っておくべき日本の問題点
 
8月17日(土)
小さなコツ野沢卓央さん×羽賀ヒカルin大阪

https://ameblo.jp/makipopcicle/entry-12467845214.html

 

9月7日(土)

塩竃神社参拝セミナー

https://peraichi.com/landing_pages/view/0907reiwa

 

9月8日(日)

美味しいごはん上映会in仙台

ちこ×羽賀ヒカル

https://peraichi.com/landing_pages/view/09070908reiwa