日御碕神社。

下の本社の別名は日沈宮(ひしずみのみや)。

「日沈の宮」の名前の由来は、創建の由緒が、伊勢神宮は「日の本の昼を守る」のに対し、日御碕神社は「日の本の夜を守れ」 との「勅命」を受けた神社、である事による。

祀られるのは天照大御神。

上の本社(神の宮)は安寧天皇13年に勅命により祀られる。

祀られるのは神素盞嗚尊。

二つの社を総称して日御碕大神宮とされた。


素盞嗚尊が天照大御神よりも上に祀られる構造。


鳥居。


神門


境内の松。


下の本社。


上の本社。


神素盞嗚尊。


見下ろす形。


ウミネコが鳴いてました。