「幻のカカオ」で作られたバレンタインチョコ

 

 

今年は「アマゾンカカオ」を楽しんでいただけるチョコレートに仕上げています。

 

御縁があり太田 哲雄さんから仕入れさせていただいた「アマゾンカカオ」は

自ら現地に行かれて農薬不使用で栽培した「クリオロ種」という希少なカカオ豆です。

 

 

クリオロとはスペイン語で「その土地のもの」の意。

雑味・苦味が少なくマイルドなあじわいと、程よい酸味とフルーティーな香りが特徴で、もっとも品質が高い品種とされています。

 

病気に弱いため、他の品種との交配が進み純粋な品種は本当にごくわずかなのだとか。

 

そのため、市場にほぼ出回らず「幻のカカオ」とも言われているそう。

 

さらに、ふつうは一定の味・品質を保つため、カカオ豆をブレンドして使うのが一般的ですが、今回は個人輸入のルートで仕入れた、たった1種類のカカオ豆からできているカカオマスのみを使用しているため、カカオ豆そのものの個性をお楽しみいただけます。

 

カカオの味と言うと、市販の高カカオチョコレートを食べたことのある方は、かなり苦いイメージをお持ちかもしれません。

 

しかし、太田さんのアマゾンカカオは、ロースト方法も市販のような高温短時間ではなく、低温で長期間焼成しているので、ほろ苦い大人味の奥に、独特の甘みが感じられるのです。

 

どうしたら、その良さが引き出せるか。パティスリーゆにわのスタッフが試作を重ねました。

 

様々な試行錯誤を経て、満を持して登場するのが、2019年のバレンタインチョコレートです。

 

今年、パティスリーゆにわでお作りするチョコレートでは「アマゾンカカオ」のカカオ豆そのものの個性をお楽しみいただけます。

 

どうぞお楽しみに。

 

◆ロシェ
古代小麦とカカオマス(アマゾンカカオではない)と有機クルミを入れたクッキーを砕いて、
アマゾンカカオで作ったチョコレートでコーティングして形作っています。

 

 

◆トリュフ
アマゾンカカオのカカオマスと生クリームで作ったガナッシュにプラリネペーストを混ぜて作っています。

 

◆プラリネペースト
無農薬のアーモンドをキャラメリゼしたものをペースト状にしたもの

 

◆ボンボンショコラ
アマゾンカカオで作ったガナッシュをアマゾンカカオで作ったチョコでコーティングしています。

 

◆プレーンチョコレート
アマゾンカカオにゆにわのきび砂糖、果糖と生クリームを使って作っています。一切の保存料、乳化剤等を使用していません。

 

◆キャラメルアーモンドのチョコレートがけ
無農薬アーモンドをキャラメルコーティングしたものにアマゾンカカオを使ったチョコレートを上掛けして、アマゾンカカオのパウダーをまぶしたものです。

 

 

・1箱1,620円

 

・販売期間:2月9日(土)〜2月14日(木)

 

・受け取り場所:パティスリーゆにわ、御食事ゆにわ、社員食堂ゆにわ、ティーズユニワ白金(東京)

 

詳しくは申し込みフォームをご覧ください。

 

ご予約は、お申込みフォームもしくは、お電話にてお受けしております。

 

TEL 072ー807ー4355

 

<申込フォーム>

https://ssl.formman.com/form/pc/G22CVOyl3V6zOs3G/