巨人がFAの人的補償で、内海と長野を放出したことが話題になっています。

 

野球あんま知らない方のために少しだけ。

 

FAの人的補償とは「良い選手をとる代わりに、自軍から一人交換で選手を出さなきゃいけない」というルール。


プロテクトかけれる選手もいるのですが、漏れた選手が一人持っていかれるというルール。

 

内海と長野とはどんな選手かといえば…

 

◆内海→かつての巨人のエース。ピッチングにおけるリーダーだったが今は落ち目。


◆長野→かつて最多安打獲得。バッティングにおけるリーダーだったが今は落ち目。

ということ。

 

落ち目といっても、今年復調して、すごく良い成績残す可能性はあります。


だから「FAというより、トレードだ」という意見もあるほど。

 

そして、二人とも球団の「功労者」であることは変わりありません。

 

原監督も「ルール上仕方ない」と言っていたようですが、

「功労者よりも、力(チカラ)のある選手をとった」ということですからね。

 

今まで球団に貢献した人物を、何の情も無くバッサリと切ったことに

球団のOBや、ファンからも反発の声が上がっています。

 

そのチームを支えて来た先輩がいきなりいなくなると士気は下がるでしょうし、

また選手たちは「どんなに貢献してもバッサリ切られるのか」という印象を抱きます。

 

これやると、選手はチームに貢献しようという気持ちが無くなりますね。

さらには内海や長野を応援していたファンの心が離れます。

 

勝負事の世界でも、芸能界でも、ビジネスでも「気」というものがあります。


「気」を集める方が、物事はうまくいきやすいですし、勝負事は勝ちやすい。そのテクニックの一つが「風水」などですが…

 

「注目」や「人気」や「応援の気」もエネルギーの一種。


そういったモノを集める程、ビジネスも芸能もうまくいきやすいということです。

 

スポーツの世界もそうでファンの応援ありき。

 

ファン裏切ること、ガッカリさせるようなことやっちゃいけないよね。

 

野球も仕事も「能力」だけでやってるわけじゃないですからん。

 

そういうことがわかってか、わからずか、

今年から阪神タイガースの監督に就任した矢野監督は「とにかくファンを大事にする」ということを公言されています。

 

今シーズンどうなるか楽しみです。

 

ということで…

 

明日は阪神タイガースの「産土力(うぶすなりき)」

 

「西宮十日えびす参拝セミナー」です。

 

2012年からで今年で8回目。

 

明日はお祭りの空気をブログでお届けします!

 

 

<龍の神様と出会うたった一つの方法:リアル書店キャンペーン>

https://hagahikaru.com/dragon_campaign/

 

 





 

 

<新春!開運セミナー主要都市ツアー>
船瀬俊介先生とのコラボレーションです。
金額が非常にオトク!!
1月13日(日)大阪
1月14日(祝)名古屋
1月20日(日)博多

http://www.kenkoumanabiya.com/

 

 

<2月4日・梅田蔦屋イベント第一弾>

「これだけで2019年はうまくいく!奇跡の習慣法セミナー」

「習慣が10割」の吉井雅之さんがゲストです。

http://tsutaya.hagahikaru.com/201901/