インタビュー 第12弾は矢野陽子さんです。


企画集団マッチポイントのブログ

 
Q   お疲れ様です。

矢野 :お疲れ様です。


Q   出身はどちらですか?

矢野:6歳まで名古屋に居て、それから東京に来ました。だから、いまだに方言が出る時があります。


Q   矢野さんは芸歴は何年くらいになるんですか?

矢野:ん~、秘密です。(笑)  でも、お芝居始めたのは遅かったですよ。丸の内で広告会社でコーディネーターみたいなことしてたんです。だからお芝居の世界に行くって言ったら、周りにものすごい止められました。でも来ちゃいました。 (笑)


Q   お仕事は舞台が中心ですか?

矢野:そうですね。やっぱり舞台がすごく好きなんです。
今まで何回も辞めようと思ってるんだけど、結局好きなのよね。


Q   矢野さんでも辞めようと思う時があるんですね。 矢野さんと言えば、稽古場のムードメーカーでいつも明るくてハツラツとしているイメージなんですが、実は稽古中落ち込んだりなんてことも?

矢野:稽古中は必至だから落ち込んだりとかは一切ないけど、本番終わると、外出たくなくなったり、世の中から取り残されてる感じがするとかはあります。

Q   そういう時はどうされるんですか?

矢野:ジ~っとしてる。 でもそういう時に限って色んな事が周りで起きるんだよね。そんなことの繰り返しでここまで来ちゃいました。

Q   稽古場の雰囲気はどうですか?

矢野:皆に付いていくのが大変で、おたおたしてます。みんな何するのも速いです。 皆それぞれが自分の足で立ってるっていうか、一人ひとりがしっかりしてるとおもいます。

Q   矢野さんも動きかなり速いですよ。なにかトレーニングなどされてますか?

矢野:韓国舞踊やってます。体力作りにはなってるかな。
  

Q  松本祐子さんの印象は? 

矢野:祐子さんとは何十年前に一度お仕事でご一緒してるんです。
その頃からあのバイタリティーは変わらないですね。


Q   今回の作品の印象は?

矢野:こういう傾向の作品は、読んだり観たりするのは好きです。
でもやるとなったらなかなか難しいです。
家族が一つのテーマになってるかなぁって感じます。


Q  最後にブログをご覧の皆様にひと言!

矢野:一丸となってやってるから、絶対何らかのものは掴んで帰って頂けると思います。