◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「自分で自分を励ますんだよ」

 心の扉メンタルカウンセリング横浜 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村





仕事や勉強、恋愛などで

上手くいかない時、


「どうせダメだと思った」

「やっぱり無理だった」


そんなような言葉を使って

自分を言い聞かせようと

する人は多いでしょう。




でも、

これらの言葉は

現実を見つめているというより、


諦めたことに対して

自分を正当化しようと

している言葉です。




上手くできなかった、

諦めた自分は正しかったのだと、

そう思い込もうとしているのです。






これから挑戦しようと

していることに対しても、


「どうせ無理だと思うけど…」

と失敗した時のために

先手を打っておく人もいます。






しかし、

言葉の威力は絶大です。



良い意味でも、悪い意味でも。




普段何気なく

使っている言葉が

どれほど自分に影響を

もたらしているか、


それらの言葉を使っている人は

知らないでしょう。




だから、

自己の劣等感から

抜け出すことができないのです。






物事の思考を変えたり

考えないようにしたり

することは、


トレーニングしていかないと

なかなか難しいことです。




けれど、

口から言葉を発するのは

意識的に行うことですから、


マイナスな言葉を控えることは

誰でも取り組めることです。






自分の失敗や未熟さを

言い訳で正当化しようとしても、

成長はできません。




逃げるよりも、

できることから少しずつ

取り組んでいきましょう。




どうせ無理だと思った。

ではなく、

できなかったけど頑張った。

そう言えるように

意識改革していきましょう。




心理カウンセラーランキング

   

 

 

あなたに合ったカウンセラーの選び方カウンセリングを受けてみましょうカウンセリングの方法・流れカウンセリングの料金・相場カウンセリングを初めて受ける方へお客様からよく頂くご質問(Q&A)ご質問・ご相談・ご予約は全国対応24時間OK