国土交通省が11日公表した2009年度首都圏白書によると、公共施設や道路などのインフラに関する調査で、関東地方の87%の自治体が、将来の維持更新費を推計していないことが分かった。戦後の高度経済成長期に整備したインフラの老朽化が今後、本格化するため、同省は将来の維持更新に計画的に取り組むよう、自治体に働き掛けている。
 調査は、関東地方の1都7県と全市町村の計354団体を対象に実施し、221団体が答えた。回答率は62.4%。 

フェラーリ型のジェットコースター…中東アブダビに誕生
<民主代表選>菅氏「無限に借金が増える方向ただす」(毎日新聞)
7月17日から新免許証、裏側に臓器移植欄(読売新聞)
レンタルメールフォーム「Xform」が4/16以降に初期費用を改定
首相臨時代理、仙谷氏が1位(時事通信)