ムビステ!BLOG

 ムビステ!BLOG

  ムビステ!は、名古屋駅前エリアのミッドランドスクエアシネマ、
  ミッドランドスクエアシネマ2、
  愛知・尾張エリアのミッドランドシネマ名古屋空港の3館の
  最新映画情報を発信するシネマ・クロス・メディアです。


テーマ:

 

 

 伝説のバンド<クイーン>。常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動の物語『ボヘミアン・ラプソディ』。ついに興行収入100億円を突破! これはあくまでも通過点でしかなく、更なる興行成績をめざして驀進中!THE SHOW MUST GO ON!

 

 

 昨年11月9日の日本公開から75日目(11週目)となる1月22日までの累計興行収入が、ついに興行収入100億円を突破。累積動員7,270,904人、累積興行収入\10,041,687,580となった。公開初週末から5週目まで週末の興行収入が前週対比より上がる異次元の右肩上がりとなった本作はまさに異例づくしの作品だ。

いわゆるシリーズもの、コミック原作アクション、ベストセラー原作ファンタジー、世界的に人気のアニメーション作品など、最近のハリウッドのヒットの法則からは外れたドラマ作品。

構想から映画完成まで9年。当初は難航したキャスティングや撮影中の監督解雇に公開前の批評家からの賛否両論。ハリウッド作品としては決して高くない製作費5200万ドル(約57億円)のロックミュージシャンの姿を描いたドラマ作品が、なんと世界興行収入7億9600万ドル(約880億円)を稼ぎ出した。この世界興収の数字を牽引したのは、全米(US興収2億ドル/約220億円)を除いたインターナショナル興収でNo.1となった日本の成績が牽引していることは言うまでもない。

 

 

 異例づくしの100億円突破、2018年映画興行ランキングNo.1(日本国内)、インターナショナル興収No.1(全米除く)となる世界も驚く日本での特大ヒットは、映画ファン、往年のクイーンファンはもちろん、当初は予測できなかった親子鑑賞や、クイーン未体験の若い層への拡がり。さらには応援上映や特殊フォーマットでの新しい映画体験によるリピーター鑑賞など、様々な要因が重ねっての社会現象となったからこそ。それはまさに天国のフレディのコール&レスポンスが日本人の魂に届いたからかもしれない。

 

20世紀フォックス映画配給 日本歴代興行収入100億円 突破作品

 

『タイタニック』        262億円        1997/12/20 

『アバター』        156億円        2009/12/23 

『スター・ウォーズ EP1/ファントム・メナス』    127億円        1999/07/10     

『インデペンデンス・デイ』    106.5億円     1996/12/07

『ボヘミアン・ラプソディ』    100.4億円    2018/11/9

 

 

 また、第91回アカデミー賞5部門ノミネート(作品賞、主演男優賞、編集賞、音響編集賞、録音賞)もまさに同日に発表され、『ボヘミアン・ラプソディ』クイーン旋風の勢いは止まらない。

 

 

ラミ・マレックのアカデミー賞のノミネートに関してのコメント

 

本作に関わったすべてのキャストやスタッフを代表してアカデミー会員に感謝します。そして、プロデューサーのグラハム・キング、編集のデニス・オサリヴァン、20世紀フォックス映画、ニューリージェンシー、そしてブライアン・メイとロジャー・テイラーと“クイーン”へ大感謝です。フレディ・マーキュリーを演じられたことは一生の宝もので、このノミネートは偉大なるフレディを称える勲章です。

 

 

 

 

『ボヘミアン・ラプソディ』
2018年11月9日(金)よりミッドランドスクエアシネマ、
ミッドランドシネマ名古屋空港ほか大ヒット絶賛上映中!

公式サイト

(C)2018 Twentieth Century Fox 

 


テーマ:

 

 

 アカデミー賞®6度ノミネートの実績を誇る大女優グレン・クローズが、ノーベル文学賞を受賞した世界的作家の夫を慎ましく支える完璧な妻を演じ、夫婦の絆や人生の意味を問う深遠なドラマ『天才作家の妻 -40年目の真実-』。ゴールデングローブ賞で主演女優賞を受賞したグレン・クローズ。受賞スピーチでは「私達女性は、自分たちで満足できる人生を見つける必要がある。夢を追いかけるべき。」と世界中の女性に向けた熱いメッセージを送り、大きな話題となった。そしてこれまで6度ノミネートされながらも無冠のアカデミー賞にて、ついに主演女優賞にノミネート!いよいよ2月25日(日本時間)に初の受賞なるか!?71歳、女優キャリア45年にして今もっとも輝いている女優、グレン・クローズの賞レースの行方に注目だ!

 

 

『天才作家の妻 -40年目の真実-』「The Wife」(原題)

   第91回 アカデミー賞 ノミネート●主演女優賞:グレン・クローズ

 

グレン・クローズ PROFILE▶︎1947年3月19日、アメリカ・コネチカット州生まれ。1974年から舞台女優としてのキャリアをスタートさせ、1982年『ガープの世界』で映画デビュー。同作においてアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、注目される。続く『再会の時』(83)、『ナチュラル』(84)で3年連続オスカー候補に。自身で製作、脚本も手がけた『アルバート氏の人生』(11)で、6度目のオスカー・ノミネーションを果たした。主な映画出演作は、『危険な情事』(87)、『101』(96)、『彼女を見ればわかること』(99)、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(14)など。TVでは「THE LION IN WINTER 冬のライオン」(03)でゴールデン・グローブ賞女優賞を獲得した他、「ダメージ」(07-12)でエミー賞とゴールデン・グローブ賞をW受賞、舞台でも3度トニー賞を受賞。

 

<ノミネート・受賞歴>※2019年1月23日現在

 

第91回アカデミー賞 主演女優賞(グレン・クローズ)ノミネート

第76回ゴールデン・グローブ賞 主演女優賞(グレン・クローズ)★受賞

第25回米映画俳優組合賞 主演女優賞ノミネート

第72回BAFTA英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート

第17回コロンバス映画批評家協会賞 主演女優賞(グレン・クローズ)ノミネート

第1回ウェスタン・ニューヨーク映画批評家協会賞 主演女優賞(グレン・クローズ)ノミネート 1月26日(土)ミッドランドスクエア シネマ他 全国公開!

第10回ダラス・フォートワース映画批評家協会賞 主演女優賞(グレン・クローズ)第4位

第12回ヒューストン映画批評家協会賞 主演女優賞(グレン・クローズ)ノミネート

第23回フロリダ映画批評家協会賞 主演女優賞(グレン・クローズ)ノミネート

第39回ロンドン映画批評家協会賞 主演女優賞(グレン・クローズ)ノミネート

第15回セントルイス映画批評家協会賞 主演女優賞(グレン・クローズ)ノミネート

第12回女性ジャーナリスト同盟映画賞 主演女優賞(グレン・クローズ)ノミネート

第15回女性映画批評家協会賞 インビジブル・ウーマン・アワード ★受賞

第23回サンディエゴ映画批評家協会賞 主演女優賞 ★受賞

第3回ニューメキシコ映画批評家協会賞 主演女優賞 ★受賞

第8回オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞 インターナショナル部門 主演女優賞 ノミネート

第24回クリティクス・チョイス・アワード(放送映画批評家協会賞) 主演女優賞 ★受賞

第17回ワシントンDC映画批評家協会賞 主演女優賞 ノミネート

第23回サテライト・アワード 映画部門 主演女優賞 ★受賞

第28回ゴッサム・インディペンデント映画賞 主演女優賞 ノミネート

第22回ハリウッド・フィルム・アワード ハリウッド主演女優賞 ★受賞

第34回インディペンデント・スピリット・アワード 主演女優賞 ノミネート

第30回パームスプリングス国際映画祭 アイコン賞 (グレン・クローズ)★受賞

第20回フィルム・バイ・ザ・シー国際映画祭 映画文学賞 ノミネート

 

<海外興行状況>

 

2018年8月17日に全米わずか4館での上映から、9月中旬までに500館以上にまで拡大。現在7.4ミリオンドル(約8億3,811万円)を突破。イギリスでは9月28日に公開し、1.2ミリオンドル(約1億3,440万円)を公開1週で達成。2018年12月のゴールデン・グローブ賞へのノミネーションを受けて、アメリカでは400館以上の映画館で再び上映が始まり、前週比+19,575%UP(‼)で全米興行成績第24位にランクイン(12/10時点)。1月初旬には再び10スクリーン程度の上映だったのが、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞受賞を受けて、三度156スクリーンまで上映館を増やし、週末興行成績も54位→32位まで上昇(1/14時点)。

 

 

 

『天才作家の妻 -40年目の真実-

2019年1月26日(土)よりミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

公式サイト

(C)META FILM LONDON LIMITED 2017

 


テーマ:

 

 

 12月14日(金)より日本全国467スクリーン(通常版:360sc/IMAX版:31sc/MX4D版:20sc/4DX版:56sc)にて公開された、映画『ドラゴンボール超  ブロリー』。日本では公開から32日間で累計282万3,215人の動員、36億3812万2,200円の興行収入をあげ、前作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(2015年4月18日公開/最終興収 37.4億円)を超える、シリーズ最高記録の樹立が見込まれている。その本作が、ついに北米で上映がスタート!

 

 1月16日(水・現地時間)に北米(アメリカ・カナダ)で劇場公開。1,250スクリーンで公開されたアメリカでは初日から公開を待ちわびた多くのファンが押し寄せ、興行収入7,033,008US$を記録、デイリーボック ス オ フ ィ ス 1 位 を 獲 得 す る 大 ヒ ッ ト ス タ ー ト と な っ た 。( Boxofficeラ ン キ ン グ ペ ー ジ : https://www.boxofficemojo.com/daily/chart/?sortdate=2019-01-16&p=.htm

 

 

 日本アニメーション映画がアメリカで1位を獲得したのは、1999年公開の「劇場版ポケットモンスター   ミュウツーの逆襲」以来20年ぶり、21世紀以降公開の作品では初の快挙となった。さらに、初日1月16日単日の成績だけで、北米で公開された日本アニメーション映画の歴代興収10位にランクイン。同ランキング9位にランクインしている前作『ドラゴンボール  Z  復活の「F」』の累計興収(8,008,363  US$)に迫る興収を、公開初日単日で上げていることから、累計での前作越えは確実視されており、今後更に記録を伸ばしていくことが期待されている。

 

 

 『ドラゴンボール超 ブロリー』は、公開前から北米のみならず世界中からの注目を集めており、2018 年8月には最大規模のコミックイベントであるコミコン・インターナショナル:サンディエゴでパネルディスカッションに参加し、同イベント最大級の広さを誇るホールHで約6,500人を前に、世界初公開映像の上映などで注目を集めた。そして10月に行われたニューヨーク・コミコンでは、「世界で最も有名なアリーナ」とも称される“マディソン・スクエア・ガーデン”でパネルディスカッションを実施。日本からのゲストとして登壇した悟空役・野沢雅子には“リビング・レジェンド!!(生ける伝説)”と言った声が上がるなど、約5,600人の観客を熱狂させた。

 

12月14 日、日本で公開して以降、12月27日から順次世界各国での公開が始まっており、既に東南アジア、南米でも軒並み前作を大きく上回るスタートを切っている。特に南米では、メキシコ、ペルー、チリ、アルゼンチン、中央アメリカ、コロンビア、プエルトリコ、トミニカ共和国で公開初週末ランキング No.1 を獲得するなど大きな盛り上がりを見せており、ブラジルなど日本アニメ映画の歴代オープニング興収を記録する国も多数。まさに世界中でその人気ぶりを証明する超ヒットぶりとなっている。

 

『ドラゴンボール超 ブロリー』世界興行のご報告

■ アメリカ【1 月 16 日公開/1,250 スクリーン/US$7,033,008(1/16 単日)】

*デイリーランキング No.1

*『ドラゴンボール Z 復活の「F」』対比370%

■メキシコ【1 月 11 日公開/1,370 スクリーン/US$6,510,040(1/11-1/14)】

*公開初週末ランキング No.1

■ペルー【1 月 10 日公開/395 スクリーン/US$2,543,404(1/10-1/13)】

*公開初週末ランキング No.1

*同国で公開された日本アニメーション映画史上最大オープニング記録

■チリ【1 月 10 日公開/247 スクリーン/USD  1,744,101(1/10-1/13)】

*公開初週末ランキング No.1

*同国で公開された日本アニメーション映画史上最大オープニング記録

■アルゼンチン【1 月 10 日公開/210 スクリーン/US$1,566,886(1/10-1/13)】

*公開初週末ランキング No.1

■中央アメリカ【1 月 10 日公開/304 スクリーン/BOR US$1.53M(1/10-1/13)】

*公開初週末ランキング No.1

■コロンビア【1 月 10 日公開/366 スクリーン/BOR US$1,515,938(1/10-1/13)】

*公開初週末ランキング No.1

■プエルトリコ【1 月 10 日公開/53 スクリーン/BOR  US$388K(1/10-1/13)】

*公開初週末ランキング No.1    *前作対比 577%

■ドミニカ共和国【1 月 10 日公開/31 スクリーン/US$118K(1/10-1/13)】

*公開初週末ランキング No.1

■ブラジル【1 月 3 日公開/407スクリーン/US$1,664,182(1/3-1/6)】

*公開初週末ランキング:4 位

*『ドラゴンボール Z 復活の「F」』対比 291%

*歴代日本アニメ映画史上最高オープニング記録

■タイ【12 月 27 日公開/261スクリーン/US$425,670(12/27-12/30】

*公開初週末ランキング:4 位

*『ドラゴンボール Z 復活の「F」』対比 1,479%

■マレーシア/ブルネイ【12 月 27 日公開/105スクリーン/US$  232K(12/27-12/30)】

*公開初週末ランキング:6 位

*『ドラゴンボール Z 復活の「F」』対比 209%

*歴代日本アニメ映画史上最高オープニング記録

■シンガポール【12 月 27 日公開/18 スクリーン/US$44K(12/27-12/30)】

*公開初週末ランキング:8 位

 

『ドラゴンボール超  ブロリー

2018年12月14日(金)よりミッドランドスクエアシネマほか世界超ヒット上映中!!

公式サイト

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

 


テーマ:

 

 

 親を亡くしたアフリカと東北の子どもらが、米国・ブロードウェーの舞台を目指すプロジェクトを追ったドキュメンタリー映画『シンプル・ギフト~はじまりの歌声~』の公開を記念して、2月3日(日)愛知県春日井市出身の篠田伸二監督がミッドランドシネマ名古屋空港で凱旋舞台挨拶を開催!

 

●開催日程:2月3日(日) 11:50の回(上映終了後舞台挨拶※13:50頃舞台挨拶終了予定)
●会場:ミッドランドシネマ名古屋空港
●登壇:篠田伸二監督(予定)
 

 

 

『シンプル・ギフト〜はじまりの歌声〜』

2019年2月1日(金)〜2月14日(木)ミッドランドシネマ名古屋空港にてROADSHOW

公式サイト

(C)2018 Disney. All Rights Reserved

 


テーマ:

 

 

 

 特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)が企画・運営する、文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2018」の製作実地研修で完成した短編映画5作品をミッドランドスクエアシネマで一般公開。ワークショップから選出され、製作実地研修に進んだ5人の若手監督が、講師による脚本指導を経て、各制作プロダクションのご協力のもと、プロのスタッフ・キャストと共に35mmフィルム撮影による短編映画を制作したもの。フレッシュな感性と第一級の確かな技術が作り上げた個性豊かな短編映画5作品!新しい才能を、ミッドランドスクエアシネマで確かめてください。

 

ndjc『若手映画作家育成プロジェクト2018』
●上映日時:2019年3月8日(金)~3月14日(木) 連日 18:30〜
但し、舞台挨拶予定の3/9(土)のみ、開映 18:00~ 
●上映劇場:ミッドランドスクエア シネマ 
●入場料金: 一般1,200円 学生・シニア1,000円(5本まとめての料金です) 
3月9日(土)監督ほかによる舞台挨拶あり(予定) 
 
▼上映作品・日程はポームページをCHECK!

 

 

#ムビステ


テーマ:

 

 

1977年にスタートした映画祭「PFFぴあフィルムフェスティバル」。2年前まで愛知芸術文化センターにて開催していたPFFですが、今回は、PFF史上初のシネコンで開催。ロビーから滑走路が見えるという、ミッドランドシネマ名古屋空港が会場。題して「ぴあフィルムフェスティバル セレクション in ミッドランドシネマ名古屋空港」!今回のイベントでは、最新のPFFアワード受賞作の上映に加え、ゴージャスなプログラムが実現!「8ミリ・マッドネス!!」は、8mmフィルムをデジタル化して、英語字幕をつけたインターナショナルバージョンを制作したことで、上映が実現。音や映像も可能な限りクリーンアップ。また「8ミリ・マッドネス!!」に合わせて、国際的な人気の高い『あみこ』『わたしたちの家』も英語字幕付きで上映。

 

◎タイムテーブル

1月25日(金)

15:30~『からっぽ』『川と自転車』『ある日本の絵描き少年』※3本立て上映

18:00~『あみこ』 <英語字幕上映>

 

1月26日(土)

15:30~『一文字拳 序章 -最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い-』『すばらしき世界』※2本立て上映

18:00~『東京白菜関K者』『俺は園子温だ!!』※2本立て上映 <英語字幕上映>

 

1月27日(日)

15:30~『19歳』『オーファンズ・ブルース』<英語字幕上映>

18:00~『1/880000の孤独』『電柱小僧の冒険』※2本立て上映 <英語字幕上映>

 

1月28日(月)

18:00~『UNK』『HIGH-SCHOOL-TERROR』『雨女』※3本立て上映 <英語字幕上映>

 

1月29日(火)

18:00~『わたしたちの家』 <英語字幕上映>

 

1月30日(水)

18:00~『過ぐる日のやまねこ』 <英語字幕上映>

 

1月31日(木)

18:00~『サイモン&タダタカシ』 <英語字幕上映>

 

 

◎チケット

<料金>

PFFアワード2018受賞作品

⇒一般/シニア:800円、学生/ハンディ:500円

 

世界を沸かせ続ける自主映画/8ミリ・マッドネス!! セレクション/PFFスカラシップ セレクション

⇒一般/シニア:1,300円、学生/ハンディ:500円

 

※シニアは60歳以上。学生・ハンディの方は証明書をご提示ください。

 

<購入方法>

劇場オンラインシステム:鑑賞日の3日前より販売 【購入はこちらから】

劇場窓口:鑑賞日の2日前より販売

※特別興行につき、各種割引サービス、引換券、株主優待券、招待券・クーポンはご利用いただけません。

 

 

ぴあフィルムフェスティバル セレクション in ミッドランドシネマ名古屋空港

【会期】1月25日(金)~31日(木)

【会場】ミッドランドシネマ名古屋空港

 

▼詳細はオフィシャルサイト

 

 

 


テーマ:

 

 

 東映配給の新作映画『麻雀放浪記2020』が、2019年4月5日(金)より全国公開。不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化。 主演は、映画版『麻雀放浪記』を傑作の1つと公言している斎藤工。斎藤は10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー”坊や哲“を熱演いたします。そして、メガホンを執るのは『凶悪』(2013)、『孤狼の血』(2018)など、“いま日本映画で一番攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップランナー、白石和彌が監督を務める。 原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。しかし、本作ではこの原作を原案とし、その精神を盛り込みながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、スーパーリブート作品がついに誕生する!

 

 

 

 この度、映画主題歌を今大注目の『NEOかわいい』バンド「CHAI」が担当することが決定!

1月9日(水)22時~放送のNHK「クローズアップ現代+」で「CHAI」の全貌が明らかになる彼女たちの現象を大特集!(*緊急のニュースが発生した場合、放送日時は変更になることがあります)。今まさにムーブメントが巻き起こっている「CHAI」は双子のマナ・カナに、ユウキとユナで編成された4人組、『NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド』。2016年、SpotifyのUKチャートTOP50に代表曲「ぎゃらんぶー」がいきなりのランクイン、2017年には初の全米ツアーも大成功し、FUJI ROCK FESTIVAL“ROOKIE A GO GO”でも超満員を記録するなど、日本だけではなく、世界でも大注目のバンドです。そして、17年10月に1stアルバム「PINK」をリリースしオリコンインディーチャート4 位、iTunes Alternative ランキング2 位にランクインし、注目度が更に増す中、2月に「PINK」US盤をアメリカの人気インディーレーベルBURGER Recordsより、8月にはEU盤をイギリスの老舗インディーレーベルHeavenly Recordingsよりリリースし、世界の音楽ファンが注目するアメリカのサイトPitchforkが選ぶ“The Best Rock Album of 2018”に選出、イギリスのThe Guardianの”Best New Music 2019”に選出されるなど、その勢いはとどまるところを知りません。『NEOかわいい』というのは、「女の子はみんな、生まれた時から可愛くて、“かわいくない人なんていない”という意味」で用いており、「それぞれの個性がかわいい」「コンプレックスは、個性なり。コンプレックスは、アートなり。」というコンセプトで、自分たちのコンプレックスを隠すことなく歌い、デビューからまだ間もないにもかかわらず、驚異的なスピードで世界的なアーティストまでの道のりを駆けあがっており、世間を圧倒している!

 

CHAI コメント

この映画で描かれていることが本当に起きたらと考えると怖すぎる!深刻なことがコミカルに詰まっているけど、すごく現実的でヤバい。リアルに感じます。

哲(斎藤工)の「もっと命かけて麻雀やったらどうなんだ!」と言うセリフの熱さがすごくて、誰に対しても刺さる言葉・刺さる映画なんじゃないかなと思いました。ビシッとしなきゃ、ちゃんと生きなきゃ!と思いましたし、たくさん笑えて感動するから、何かに熱中したくなりました!

そして、哲の“絶対に俺はこれだ!”という一生懸命さと譲れない気持ちが「Feel the BEAT」のテーマになっています。誰かに聞いたり迷ったりするのではなく「言い切る!」という大事な気持ちは、哲にもあるしドテ子(もも)

CHAIオフィシャルサイト

 

『麻雀放浪記2020』
2019年4月5日(金)よりミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW

 

 

STORY

主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。なぜ?人口は減少し、労働はAI(人口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている・・・。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった・・・嘘か?真か!?1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?

 

DATA

■タイトル:『麻雀放浪記2020』 

■企画:アスミック・エース

■制作:シネバザール

■配給:東映 

■原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊) 

■監督:白石和彌

 

 


テーマ:

 

 

 人間たちが知らないゲームの裏側の世界を舞台に、アーケード・ゲームのキャラクター ラルフとヴァネロペの冒険と友情を描いた大ヒット作『シュガー・ラッシュ』の最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』。12月21日より公開され、週末動員ランキングで3週連続No.1を獲得し大ヒットを記録!!これを記念して、昨年大ブレイクを果たした人気お笑い芸人チョコレートプラネットが1月8日に行われた大ヒットイベントに登壇!長田がラルフ風、松尾はヴァネロペ風の衣装で登場し、一夜限りの“まぼろし~!”なコントを生披露し、会場は大爆笑の渦に。さらに本作が興行収入30億を目前に、この冬No.1映画として大ヒットしていることに、松尾は「どんだけ~~~!!」とIKKOのモノマネで会場を沸かせた。

 

 

REPORT

 

 

 大ヒットを記念して行われたイベントに、人気お笑い芸人チョコレートプラ ネットが登壇した。二人はそれぞれ本作の主人公であるラルフとヴァネロペ風の衣装で登場!再生回数がすでに12万回以上を突破し大反響を呼んでいるネタ「ヴァネロペとラルフがチョコレートプラネットだったら?」を一夜限りで披露した。

 

 

 ヴァネロペ風の松尾だったが、「シュガー・ラッシュのハンドルが壊れちゃった。直さないとあたし…消えちゃーう!」とIKKOのモノマネ。さらにラルフ風の長田は「そろりそろり…」と、和泉元彌のモノマネで本作の舞台であるインターネットの世界へ行こうとし、会場   を爆笑の渦に包みこんだ。ネタを生披露した長田は「お客さんの前でやるのは新鮮でしたね。映画の世界と同じくハートを集められたらいいなと思います」と映画ネタに絡めてコメント。松尾も「大爆笑でしたので良かったです」とボケて、会場を沸かせて  いた。 さらに本作がこの冬一番の大ヒットとなっていることについて聞かれると、松尾は「どんだけ~~~!!」と、得意のIKKOのモノマネを連発。作品を一足先に見た長田は「最高でした!1作目を超えてくるファンタジーとスペクタクル。1作目は僕ら世代のキャラクターの『ストリート・ファイター』とかソニックとかが出ていました。でも今回はインターネットの世界で、まさに今の時代ですよね。ディズニープリンセスもこの映画でしか見られない姿でめちゃくちゃ良かったです」と大絶賛。また劇中にはYahoo! やamazonなど実在のショッピングサイトが出てくることを振られると長田は「TTタウンも出てくるかなぁ」とZOZOTOWNの前澤社長のモノマネも披露。そんなコンビの二人だが、ラルフとヴァネロペのように“絆”を感じた瞬間を聞かれた長田は「(松尾の)結婚式があったのですが、祝辞を読んで号泣してしまいました。ずっと一緒にやってきた絆があってこそ。」とコンビ愛に溢れたエピソードを披露。しかし松尾は「全くピンと来なかったですね」とボケ、会場は大きな笑いに包まれた。 そして二人は、インターネットをイメージした電飾のくす玉を割ることに。二人が勢いよく一緒にひもを引くと中から「祝・大ヒット!」の幕が登場したが、まさかの幕が裏返しになっているというハプニングが起きた。長田は「こんなことくす玉界で初めてですよ!」、松尾は「笑いの神様ありがとう!」と叫び、前代未聞のハプニングも笑いに変え会場から大きな笑いが巻き起こっていた。 新しい世界に行く主人公になぞらえて、二人が今年新しく挑戦したいことを聞かれると、松尾は「IKKOさんのモノマネの影響で美に興味を持っていて。今年の年末には美脚大賞を取りたいですね」とボケを連発。長田は「今年はYouTubeの中でも新しいことに挑戦して、登録者数を増やしたいです!」と、ラルフと同様にネットでバズることを目標に挙げた。

 

『シュガー・ラッシュ:オンライン』

2019年12月21日(金)よりミッドランドスクエアシネマ、

ミッドランドシネマ名古屋空港ほかROADSHOW

公式サイト

(C)2018 Disney. All Rights Reserved

 


テーマ:

 

 

 おもちゃたちの世界を舞台に、人とおもちゃの絆をドラマティックに描き、世界中の観客を感動の渦で包み込んだディズニー/ピクサーの大傑作「トイ・ストーリー」シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』。今回、ダッキーとバニーという新キャラクターが登場する映像と場面写真が解禁となった。

 

 

 今回解禁されたのは、ふわふわの毛並みがキュートなアヒルのぬいぐるみと、鮮やかな青と緑のモフモフの毛が特徴のうさぎのぬいぐるみが、まるでお笑いコンビのようにジョークを連発する映像。かわいい見た目からは想像できない辛口マシンガントークが炸裂する2人の会話はバズ・ライトイヤーの「無限の彼方へ、さぁ行くぞ!」という決めゼリフにかけて大喜利のように展開されていく。最後にウッディとバズが登場しておなじみのセリフを披露してみせるが・・。モフモフの毛に大きな目というかわいいビジュアルに反して、ウッディとバズを  呆れさせるほど喋り倒すという、これまでの『トイ・ストーリー』シリーズで見たことのない強烈なキャラクターになりそうな予感!ダッキーとバニーは移動遊園地の射的の景品で、誰かに持ち帰ってもらうことを夢見るキャラクターということ以外はまだまだ謎に包まれたままだが、まるでお笑いコンビのような2人が『トイ・ストーリー4』にどんなスパイスを加えてくれるのか!? 『トイ・ストーリー4』の物語についてはこれまで一切明かされていないが、アンドリュー・スタントン、ピート・ドクター、リー・アンクリッチといった 「トイ・ストーリー」全作品に深く関わっているピクサーのレジェンドストーリー・テラー達がアイデアを持ち込んだという本作。ピクサーには【過去作を上回る“語るべき物語”がある場合以外は続編を作らない】という信念があるが、彼らが自信を持って贈りだす“前作以上”の物語に全世界から注目が集まっている。ディズニー/ピクサーが原点に立ち返り製作する、全世界待望のシリーズ最新作『トイ・ストーリー4』は2019年7月12日(金)全国公開。

 

『トイ・ストーリー4』

2019年7月12日(金)よりミッドランドスクエアシネマ、

ミッドランドシネマ名古屋空港ほかROADSHOW(予定)

公式サイト

(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 


テーマ:

 

 

 先日全米公開初登場1位を獲得し、各メディアから「史上最高のスパイダーマン映画!」と空前の大絶賛を受けた、新たなるスパイダーマンの誕生を描く『スパイダーマン:スパイダーバース』。アメリカ現地時間1月6日(日)に発表された第76回ゴールデン・グローブ賞のアニメーション作品賞を受賞!スパイダーマン映画シリーズにおいて、ゴールデン・グローブ賞のノミネートおよび受賞は初。

 

 全米ではすでに国内興行収入1億3300万ドルを記録、批評家たちは本作に対する賛辞を惜しまず、映画レビューには「スパイダーマン映画史上、もっとも素晴らしい!」「2018年最高の 1本!」と、多くの大絶賛コメントが溢れています!またインターナショナルでも61のマーケットで公開し次々と大ヒットを記録、全世界累計興収は2億7500万ドルに到達しました!中国においては、2018年最もヒットしたハリウッド・アニメーションとなった。今回受賞を果たしたゴールデン・グローブ賞の他に、続々と各賞に名乗りをあげている。

 

★受賞&ノミネート一覧

<受賞>

☆ゴールデン・グローブ賞(アニメーション作品賞)

☆ニューヨーク映画批評家協会賞(アニメ映画賞)

☆ニューヨーク映画批評家オンライン賞(アニメ映画賞)

☆デトロイト映画批評家協会賞(アニメーション賞)

☆シカゴ映画批評家協会賞(アニメ映画賞)

☆ロサンゼルス映画批評家協会賞(アニメ映画賞)

☆ロサンゼルス・オンライン映画批評家賞(アニメーション賞)

☆シアトル映画批評家協会賞(アニメーション賞)

☆アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞(アニメーション賞)

☆インディアナ映画ジャーナリスト協会賞(アニメーション映画賞)

☆ユタ映画批評家協会賞(計 3 部門)

☆アニメーション・マガジン・ベスト・オブ 2018 賞(スタジオ・アニメーション賞)

☆カンザスシティ映画批評家協会賞(アニメーション映画賞)

☆フェニックス映画批評家協会賞(計 2 部門)

☆サンフランシスコ映画批評家協会賞(アニメーション映画賞)

☆セントルイス映画批評家協会賞(アニメーション映画賞)

☆ボストン・オンライン映画批評家賞(アニメーション映画賞)

☆オクラホマ映画批評家協会賞(計 2 部門)

 

<ノミネーション>

☆アニー賞(長編作品賞ほか、計 7 部門ノミネート)

☆サンディエゴ映画批評家協会賞

☆トロント映画批評家協会賞

☆ワシントンDC映画批評家協会賞

☆放送映画批評家協会賞

☆ダラス・フォートワース映画批評家協会賞

☆ヒューストン映画批評家協会賞

☆女性映画ジャーナリスト同盟映画賞(計 2 部門)

☆ブラック・リール・アワード

☆セントラル・オハイオ映画批評家協会賞(計 3 部門)

☆フロリダ映画批評家協会賞

☆インディアナ映画ジャーナリスト協会賞

☆アイオワ映画批評家協会賞

☆ノース・カロライナ映画批評家協会賞

☆ノース・テキサス映画批評家協会賞

☆PGA 賞

☆サウスイースタン映画批評家協会賞

 

『スパイダーマン:スパイダーバース』

2019年3月8日(金)よりミッドランドスクエアシネマ、

ミッドランドシネマ名古屋空港ほかROADSHOW

公式サイト

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス