篠崎の私見評価:☆☆☆★★★★

 

「ゲーム・オブ・スローンズ」のソフィー・ターナが出ているという理由だけで、思わず観てしまったダーク・フェニックス。

X-MENシリーズの中では、かな~り興行成績もよろしくなかった模様(^_^;)。
 


GoTのソフィー・ターナ

 

って言いますか、2019年ってなんてったって「アベンジャーズ・エンドゲーム」が上映されていましたからね。みんなそっちに流れちゃったンじゃないかな~。

あと、若干「X-MENシリーズはもぉご馳走様」感も、あったかもしれません…。

 

さて、今回のこの「ダークフェニックス」はその前の作品の続編…となっておりまして、それが

・「X-MEN ファーストジェネレーション」

・「X-MEN フューチャーアンドパスト」

・「X-MEN アポカリプス」

となっています。

 

ややこしいのは、ウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)のシリーズを観ていたらわかる、という代物では「ない」というところ。

そもそも、時代設定もだいぶ違います。

ジーン・グレイは、ローガンの出てくるシリーズ「ファイナルディシジョン(2006年上映)」で悲しい最期を迎えます。

でもこの時代設定は西暦2000年を超えており、そのため、プロフェッサーもマグニートも「じいちゃん」になってます。

 

しかし、この「ダークフェニックス」では「アポカリプス」の10年後、となっており…つまりは「1993年頃のお話」となっているのです。

 

なので、ローガンの出ていた「旧三部作」の知識で観ちゃうと…ワケわかんなくなっちゃうかも…。

ただ、(個人的な見解ですが)おそらくプロフェッサーなどが出てくるX-MENシリーズは、今作が最後になるのではないかな~と推測しています。

そのため、「純粋にダークフェニックスを楽しみたい」というのであれば…まずは

 

・「X-MEN ファーストジェネレーション」

・「X-MEN フューチャーアンドパスト」

・「X-MEN アポカリプス」

 

これらを先に視聴することをオススメします。(ちなみに旧三部作の知識はなくても、普通に楽しめます。)

あと、アベンジャーズシリーズで「エイジ・オブ・ウルトロン」を視聴した人には「あれ(・_・)? 超スピードで移動するマキシモフって、ワンダの双子の片割れだったんじゃ…」と疑問符が浮かぶかもしれませんが…

そこは「同姓同名、かつ偶然同じ能力の人がいた」ということでスルーしましょう!
実は私もそこが引っかかってしまい、思わずマーベルコミック買いあさろうかと思ったぐらいなのですが…それをやったら間違いなく全財産使い果たしかねない(ってそもそも財産ないけど)ので諦めました。←鬼滅と進撃のコミックも爆買いしちゃったし…。

 

今回のストーリー、X-MENがアメリカ政府から依頼された宇宙でのミッションを遂行中に、宇宙を彷徨っていたとあるエネルギー体(というか生命体?)とジーンが接触してしまったことから始まります。

ジーンの能力は「未知数」とされていましたが、そのエネルギー体を吸収することで能力をコントロール出来なくなってしまい、それによるジーンのネガティブな思いがどんどん増幅していってしまいます。ついには、X-MENの中で重要不可欠な存在の命まで奪ってしまうハメに…。

全人類、かつX-MEN(スコットとプロフェッサーを除く)を敵にまわしてしまったジーン。そして、その生命体を追い続けていた異星人とも接触することになり…さて、というお話。

 

視聴後の感想としては…うーん、今ひとつスッキリ感がなかったなぁ…という感じ。

ただ、旧三部作のようにジーンの意志がほとんど重要視されていなかったことに比較すると、今回の作品はジーンが選択出来た分、良かったンじゃないかな~と思います。

 

とはいえ、アベンジャーズシリーズが出来てからは、マーベル的には「そっちに力いれていきたい感」がありありとしていますので…まぁ、X-MEN見納めとして楽しむのもありかと思われます。(その後、ニューミュータントやったけど…これも興行成績いまひとつだったみたいだし…。私的にはGoTのアリア役、メイジーが活躍するところが観たいけどな~)

 

↓映画の魅力をひとりでも多くの方に伝えたいので、1クリックして頂けると嬉しいです☆

【X-MEN ダークフェニックス配信情報】

・ディズニープラスで全作視聴出来ます。

 

ブロトピ:映画ブログ更新しました!