1949年に福島県で列車転覆事故があった。 調べてみると、何者かによってレールがはずされ、明らかに脱線転覆を意図した事件だった。

一人の19歳の若者が傷害容疑で逮捕される。大規模な国鉄の人員整理で解雇されたばかりだ。列車転覆事件を自白する。自白に基づき、国鉄労組関係者、同じように大量解雇があった東芝労組関係者が20人、逮捕される。

結果から書くが、全員まったくの冤罪だ。1961年全員無罪、1963年検察の控訴も棄却され無罪確定。歴史に残る国家のでっち上げ冤罪事件だ。

映画「松川事件(1961)」は事件の発端と裁判の経過を淡々と克明に描く。1961年の仙台高裁差し戻し判決が出る前に製作されている。映画の最後で、判決がこれから下される、と結ばれる。映画は無罪を確信している。

この作品自体が、被告20人の冤罪を救うための募金で作られている。当時の金で4,500万円。小さな額ではない。出演者 も、精鋭が揃っている。宇野重吉、宇津井健、千田是也、殿山泰司、西村晃、多々良純、加藤嘉、沢村貞子、北林谷栄など。一審の裁判長役の鶴丸睦彦など、憎々しい顔つきがあまりに真に迫っていて、夢に見るほどだ。加藤嘉の二審の裁判長も同じ。名演と言うべきか。

若者の嘘の自白がすべてを招いたのだ。若者は警察署に拘束されるが、酒を飲まされ、たばこを与えられ、時には刑事と一緒に風呂に入りながら、検察の描いた事件のストーリーげに従い、自白をさせられていく。脅され、嘘の証言を聞かされ、朦朧状態で自白調書に署名させられる。まったく身に覚えのないことを自白させられる恐怖。拘禁状態で追い詰められると人間はそのような心理状態にもなるようだ。

裁判では、自白調書のみが証拠とされ、家族のアリバイ証言もすべて退けられる。労働争議や、共産主義者を悪と決めつけ、見せしめにすることが狙いだったからだ。

第一審で、5人が死刑判決、5人が無期懲役、残りも全員懲役刑。本当に恐ろしい。二審でも3人の無罪者が出たが、死刑4人、無期懲役2人。事件の物的証拠がことごとく検察のでっち上げだ、と証明されたにもかかわらず。

共産主義者が国家転覆のため革命闘争を行おうとしているとの社会不安があった。大事件を起こし、社会の混乱に乗じて共産主義政権を作ろう、と本気で考えるのが共産党だ。今もその本質は変わっていない。オウムと同じと断言してもいい。それが世界の平和につながると確信していることも同じだ。

共産党に対する恐怖が生んだ冤罪事件だ。国家は共産主義者におびえ、全くの無罪の人間に二度まで死刑判決を下した。アメリカのGHQが係わっていることが言われている。線路をはずしたのはアメリカ兵12人だった、との目撃証言もあるそうだ。目撃者は、後日、水死体で発見される。殺されたのではないだろうか。

国家を維持し、政権を保つための現実にはこのような暗い面がある。選挙で嫌がらせの対立候補をたてることなど、茶番に等しい。「平和ボケ」はニッポンのアイデンティティだ。

(権力者の闇を見たらクリックお願いします。)

AD

たばこの害毒

テーマ:
19歳の女が「たばこを吸っていると、妊娠しても子供が小さくなるから出産が楽ってみんな言ってる♪。だから私はたばこを吸う」とラジオで言っているのを 聞いて身の毛のよだつ思いをした。この愚鈍さは犯罪だ。毒を毒として自覚させない、軽いたばこばかり宣伝しているたばこ会社も同罪だ。

百害あって一利なし。

たばこを愛する人は、そう言われると心外だろう。利益のないことはする価値がないのだろうか?

気の狂ったような無菌無害思想にはついて行けない。人間は愚かなことを敢えてする権利を留保している。「愚行権」と呼んでもいい。ましてや、たばこには、おいしい、くつろぐ、口唇欲求をみたすなど、嗜好もからんでいる。それらの点から言えば、利益はある。

たばこを吸っていてやめた人ほど、他人のたばこをヒステリックに糾弾する。俺もそうだ。

俺はそのようなヒステリックに他人の嗜好を糾弾するのが不快でたまらない。俺もそうしてきただけにやりきれない。人は自分が正しいと思ったとき容赦なく他人を裁くことが出来る。居丈高に他人を罵る。俺のように。

たばこを吸う奴らにも言いたいことがある。身体にいいたばこなんか吸うな!なるべくタールのない、ニコチンの少ないたばこなんか吸ってるんじゃない!!タール、ニコチンを接種することが喫煙の目的だろ?無駄に紙くずみたいな軽いたばこをふかすな!!

たばこは毒だ。毒を毒として身体に取り込む。その覚悟がない者が、へなちょこな軽いたばこを吸うのが気にくわない。身体が気になるなら、直ちにたばこをやめろ。

昨今の禁煙ファシズムに嫌気がさして、俺はたばこをときどき吸う。学生の時たばこをやめたから、長い間たばこは吸っていない。初めはこたえたが、すぐ慣れた。最近では、シークレット・ウィンドウで、シューターが吸っていた「ポール・モール」を店で見つけたので吸った。昔と違うのは、何ヶ月でも一年でも吸わないでいられる。吸わないでいても特に吸いたいとは思わない。吸うのはめんどくさい。臭いがつくし。

思い立って吸う。よし、吸うか、と思って吸う。俺の好きなたばこは、ラッキー・ストライク、マールボロ、ラークなど。ライトとかいうのではなくて。一番好きなのは、JPS。イギリスたばこで、黒い箱に金の文字。自宅ではまったく吸わないが、吸える店で一回に3本ぐらい吸う。そのくらいで毒の接種は十分だ。うまいと思うし、無駄だとは思わない。吸いたいときにだけ吸う。気が済んだらもう吸わない。

(たまには、たばこでも吸ってみるか、と思ったらクリックお願いします。)

AD

行く夏を惜しむ。

テーマ:
VFSH0212.JPG
夏が好きだ。くっきりした色彩。暑い陽射し。汗を流した後に浴びるシャワー。エネルギーに満ちた季節。

夏の終わる日がある。昨日がそれだ。陽射しは強く気温が高いが、空気は乾燥している。夕刻から涼しくなり、街のあかりが鮮やかに見える。夜空が黒く深くなる。

学生の頃、たまたま滞在した西宮でその日を迎えた。見知らぬ土地で季節の変わり目を見て感慨を覚えた。

秋の気配もいいものだが、狂ったように熱く、圧倒される夏を惜しむ。

(夏が終わって寂しいな、と思ったらクリックお願いします。)

AD
VFSH0191.JPG
バスケットボールしか楽しみのない町。アメリカにはあるそうだ。町中が地元の高校のバスケットボール・クラブに熱狂し、勝ち進むことだけが関心事。

ろくな産業もなく、仕事もない大人たちが高校生の試合に一喜一憂する。それしか楽しみのない町。愚かなことだ。

高校の生徒はバスケットボールのプロになることが夢。こんなつまらない町を一日でも早く抜け出して、有名なチームにスカウトされて大金を稼ぐ。なんて素晴らしいことだろう!!!これこそアメリカン・ドリーム☆誰も非難できない。

しかし!この町はどうだ。プロになれなかったバスケットボール上がりの若者がドラッグに溺れ、犯罪に手を染め、殴り合、い殺しあっている。異常な殺人事件の発生件数。

これが「夢」の代償か?

若いうちに他の全てを捨てて、何の学習もせず職業訓練も受けていない。そのような若者がいることを不思議なことと思わない。その結果が殺人者の増加だ。

この映画はまだ見ていない。見ずに語るのだが、テーマが面白い。日本の高校野球を思い出す。

アメリカの実在するコーチの映画だ。本当のカーター先生、自分の妹達を生徒の家庭教師にして勉強を教え、自分はバスケットボールを教える抜目のなさ♪

自分の利益はみんなの利益☆健全な思想だ。

日本の高校野球も学業成績を優先した仕組みにするなら見てもいい。今のガキの野球は爽やかでも何でもない。野球ファシストの子供野球奴隷は見たくない。

あーあ。高校野球にケチつけるとまた敵を作るなあ!純情可憐な女子に嫌われるなあ!

仕方ない。どうせ俺はぶった斬り!斬るからには斬られるのも覚悟!斬らば斬れ!!!!!!

(高校野球を叩くとはいい度胸だ、と思ったらクリックお願いします。)

台風は多く恵みももたらす

テーマ:
VFSH0194.JPG
寝ている間に台風は遠ざかる。

朝、黄金に輝くすすきを見る。花には虫が群がり、自然の営みは、いささかも留まることはない。

崖が崩れ水が溢れ、道が塞がる。人間にとって不利益なことが一つでもあれば忌むべきことなのか?

避けようにも避けようのない台風や地震を忌むべきこととは思わない。

巻き込まれて死ぬこともあろう。自然とはそのようなものだ。

危うい死の陰の谷を際どく生き延びているのが人間だ。

(台風が好きな人はクリックお願いします。)

台風の影響

テーマ:
VFSH0139.JPG
未明から激しい雨が断続して降る。

「篠突く雨」というと風情があるが、竹を突き刺すように降る雨のことだろう。

今もまた強い雨が叩きつける。

台風が近付く。

雨風が強まり、狂ったように吹き荒れ、やがて去っていく。

その成り行きに身をひそめつつ魅了される。

雨よ、降れ。風よ、つのれ。嵐よ、吹き荒れよ。

(台風が好きな人はクリックお願いします。)

リチャード・ギアがいまいち。ニコラス・ケイジが下手くそ。全体にひどく散漫。でも楽しんだ。タップや歌、ショー・ビジネスのあれこれがさまざまな角度から描かれる。

大恐慌前のニューヨーク、ハーレム。有名人が出入りする白人専用クラブ「コットン・クラブ」。ダンサー、芸人、ミュージシャンが成功を夢みて、クラブのステージに立つ。黒人ダンサーが踊るのを黒人は見ることが出来ない。激しい黒人差別の時代だ。

ダッチと呼ばれる、その名の通りオランダ移民かな?がユダヤ人を相棒にのし上がっていく。アイリッシュの経営する「コットン・クラブ」を舞台に、縄張り争いを繰り広げる。やがて、ダッチも人望を失い、イタリア移民にその営業権を明け渡す。その変転を追うだけでも興味深い。

ヒロインのダイアン・レイン。ラジー賞(ワースト助演女優賞)を獲得した演技なのだが、俺は好きだけどなあ。なに?女に見境がない?そうかも知れません。いろいろなファッションに身を包み、魅力があった。脚本が悪いんでしょ。そうしておこう。

リチャード・ギア。目が奥まっていて細いのが、マイナス。どう見てもギャングのボスには見えない。映画の中で、ダンスで食っていたことがある、と言うのに笑いました。Shall we dance?のリチャード・ギアを知っているからです。

笑いどころ、つっこみどころ満載のゴージャスな駄作。愛すべき作品です。映像の美しさをあれこれ数えるだけでも見所は豊富。いま、ぱっと思い出したのは、朝のダイナーのシーン。リチャード・ギアが朝帰りで飯を食ったダイナーだ。逆光の美しい映像は、アメリカのハイパー・リアリズム絵画を思わせる。ステンレスの輝き。カウンター。丸い椅子。煙ったなかに朝の光が差し込んでいる。印象に残る。

(ラジー賞のダイアン・レインを見たいと思ったらクリックお願いします。)

イギリスの幽霊映画。俺と同じオカルト全否定の主人公が、すっかり幽霊にたぶらかされる話。あんな幽霊なら俺もたぶらかされてみたい。でも死なないと付き合えない。そこがちょっと問題かな。

チャーミングなケイト・ベッキンセールが、いきなり裸になる。その美しいこと!脱ぎっぷりのいいこと!俺はすっかり魅了された。でもなんで?そんな不思議な人っているの?幾つも疑問が涌くが、それはそれ、これはこれ、と。(意味不明)

ニコールの「アザーズ」はこの映画からヒントを得たのではないかと思わせる展開だが、出てくる人たちが、「アザーズ」より見た目がきれい。風景もきれいでよろしい。

イギリスのオカルトというと、降霊術だ。かの、コナン・ドイルも大まじめに研究した。動機は、死に目に会えなかった人ともう一度会いたい、とか、若くして死別した兄弟に会いたいとか、切実な気持ちから降霊を望むようになる。

手をつないで霊を呼ぶ姿は悲しくも滑稽だ。この映画でも、手をつないでぐるぐる回り始めるとたんにファニーになる。笑っちゃいけないよな、幽霊映画で。でも、可笑しいです。早回しだし。(コマ落とし?)

最後、うかつに幽霊と仲良くした報いがほのめかされる。あれは怖いです。主人公の男の今後の暮らしが思いやられる。ストレスたまりますよ~。死ぬに死ねないと思う(笑)

クラシックなファッション、屋敷の家具調度、幽霊の不思議さがムードたっぷりに描かれている。俺は好きだ。とにかく、ケイトが美しい。本当にきれいです。見る価値大あり。

(ケイト・ベッキンセールがそんなにいいの?と思ったらクリックお願いします。)

高校野球の幻想曲

不祥事を隠し、地元の期待と学校の宣伝のために「勝つ」ことだけを最優先にしてきたツケは払わなくてはならない。

教育現場で高校野球関係者の傍若無人ぶりを知らない者はいないだろう。全てにおいて特別待遇。野球で有名な学校はみんなそうだ。

広岡達夫氏が週刊朝日誌上で指摘していたが、いまの高校生の体格はステロイドを使用しないとありえないほどだと言う。

俺は野球そのものになんの関心も持たないので指摘が正しいか判断できないが、プロを含め、薬物使用は事実上野放しなのが日本だ。酒だ煙草だ、などと長閑な事を言っている場合ではない。

大新聞社が主催し、メディアの力で感傷を煽り、この愚劣な「子供野球奴隷大会」を美談に仕立てている。
ファシスト面の、イヤー・オブ・ザ・コーチども。お前らが大嫌いだ!!!!

アメリカのバスケットボール馬鹿の街と高校をテーマにした「コーチ・カーター」。見たい。

(「コーチ・カーター」を見たいと思ったらクリックお願いします。)