人魚の眠る家 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

苦悩と葛藤の親心に涙。正解のない究極の選択。

2018年11月16日公開
監督:堤幸彦
出演:篠原涼子・西島秀俊・坂口健太郎 他

【賛否両論チェック】
賛:愛する娘のために究極の選択をせざるを得なかった両親の苦悩が、感動の涙を誘う。答えのない選択の是非を問いかける内容には、考えさせられる部分も多い。
否:前半と後半でかなり雰囲気が変わるので、観ていて戸惑ってしまいそう。ややホラーチックな描写もあり。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・場面によっては結構怖いかも


 東野圭吾の小説の映画化です。娘が昏睡状態に陥ってしまった夫婦が下した決断と、苦悩を描きます。主演は篠原涼子さん。

 下校途中、道でキャッチボールをしている小学生達。ふと1人が投げたボールが塀を越え、1軒の民家の庭へ入ってしまいます。するとキャップを被った少年が、人魚があしらわれた門扉を開け、1人で中へ。庭に落ちていたボールを拾い、ふと周りを見回すと、そこには小さい子供用の様々な遊具や、彩り豊かな草花の数々が広がっているのでした。

 物語の主人公は、2人の子供を持つ母・播磨薫子(篠原涼子)。その日、絵を描くのが好きな長女・瑞穂(稲垣来泉)は、いつも元気でやんちゃな弟・生人(斎藤汰鷹)に邪魔されながらも、先日見つけたという場所の絵を描くと、薫子に見せ、
「今度連れてってあげるね!!」
と笑います。しかし家事に忙しい薫子は、そんな瑞穂の言葉を軽く受け流すと、プールへ行く準備をさせるのでした。丁度その日は瑞穂の小学校受験へ向けて、両親の模擬面接があっため、薫子は瑞穂と生人を妹の美晴(山口紗弥加)と母の千鶴子(松坂慶子)に預け、姪の若葉(荒川梨杏)と一緒にプールへ連れて行ってもらうことになっていました。無事に瑞穂達を送り出すと、薫子は別居中の夫でIT機器メーカー「ハリマテクス」社長の和昌(西島秀俊)と落ち合い、模擬面接に臨みます。実は2人は、瑞穂の受験が終わるまでは協力し、その後に離婚するという約束をしていたのでした。ところがその模擬面接の最中、和昌に1本の電話がかかってきます。それは千鶴子からで、
「瑞穂ちゃんが溺れた!!」
というものでした。

 すぐに病院に駆けつける2人。美晴によると、瑞穂は排水溝に指が挟まって溺れていたとのことで、千鶴子は気が動転していました。集中治療室で治療が進められる中、薫子と和昌は脳外科医の進藤(田中哲司)から、瑞穂は脳死が疑われるという報告を受けます。2人は進藤から臓器提供の意思があるかどうか尋ねられ、一晩思い悩みますが、翌日の集中治療室の中で、瑞穂の指が動くのを見て、
「この子は、まだ生きてます・・・」
と、脳死判定をせずに治療を続けることを選択するのでした。

 意識が戻ることは絶望的なものの、やがて容態が安定した瑞穂を、薫子は自宅療養させることにしますが、介護をする側の負担が大きく、薫子はすぐに疲弊してしまいます。そんな折に、会社で企画会議を聞いていた和昌は、自発呼吸が出来ない人のための横隔膜ペースメーカーがあること知り、瑞穂にもその手術を受けさせることにするのでした。手術は無事に成功し、瑞穂は呼吸器を外すことが出来ることに。その後和昌は、会社で身体が不自由な人のための技術開発をしている研究員・星野祐也(坂口健太郎)の研究に注目。彼に頼み込み、瑞穂のための技術開発を依頼します。こうして播磨家へ通い詰めることになった星野は、脳からの電気信号に代わるものを脊髄に送ることで、意識がない瑞穂の身体を実際に動かすことが出来るようにするのでしたが・・・。

 最愛の娘が脳死とおぼしき状態に陥ってしまった時、その悲しみを受け入れて、他の命に望みを繋ぐ臓器提供をするのか、それとも取りうる全ての方法をもってして、1日でも生かそうとするのか。決して正解のない問いに直面した夫婦の苦悩と葛藤に、観ていて胸にこみ上げるものがあります。

 そんな物語の前半は、最新技術に希望を託した薫子達に応えるように、出来ることが増えていく瑞穂の姿が、観る者の感動を誘います。しかし後半は一転、娘の身体に対する薫子の行き過ぎた干渉に対し、和昌や真緒といった周囲の人間達が問いかける是非について、緊迫した雰囲気の中で描かれていくのが印象的です。

 ラストも
「そう来ましたか!」
といった感じで、思わずグッと来ます。涙溢れる人間ドラマとしても、命の終わり方を考えさせられるサスペンスとしても観ることが出来る、そんな作品ですので、是非ご覧になってみて下さい。


【ワンチャン・ポイント】
※川栄李奈さん・・・本作では、坂口健太郎さん演じる星野の恋人・真緒役。言わずと知れた元AKB48の方で、最近の映画では「デスノート Light up the NEW world」や「亜人」、「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」や「嘘を愛する女」、「センセイ君主」等に出演されているほか、酒造りに奮闘するヒロインを描いた「恋のしずく」では主演も務めていらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>