旅猫リポート | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

泣ける要素がてんこ盛り。時を経ても変わらない、様々な愛の絆。

2018年10月26日公開
監督:三木康一郎
出演:福士蒼汰・(声)高畑充希・竹内結子 他

【賛否両論チェック】
賛:主人公達が旅路の中で出逢う、旧友達との変わらない友情が温かい。色々なものを背負った主人公の半生や、それを取り巻く様々な人間模様も、思わず感動を誘う。ナナの名演やコトリンゴさんの音楽も必見・必聴。
否:ストーリーは予定調和感が結構あるほか、セリフの言い回しがやや小説チックなのも気になるところ。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・基本的にはなし


 有川浩さん原作小説の映画化です。愛猫を手放すための旅に出た主人公と、1匹の猫の姿を描きます。主演は福士蒼汰さん。

 物語の語り手・猫のナナ(声:高畑充希)は、かつては誇り高き野良猫でした。その頃から主人公の青年・宮脇悟(福士蒼汰)は、よく美味しいエサを持ってきてくれ、ナナも彼を気に入っていました。そんな2人の運命が大きく変わることになったのは、5年前のある日の夜。猫集会へ出かけるために道路を急いでいたナナは、一瞬のミスで車にはねられ、大ケガを負ってしまいます。そこへ偶然通りかかった悟は、ナナを手厚く介抱し、それからナナは悟と一緒に暮らすようになったのでした。

 こうして今ではお互いに無二の親友同士となっていた、悟とナナ。しかしその日、悟はナナを車の助手席へと乗せると、最初で最後の旅へと出ます。それは、九州で暮らす叔母・香島法子(竹内結子)の家を目指しながら、地方で暮らす悟のかつての旧友達の下を訪れ、ナナを引き取ってもらう家を探すというものでした。実は悟は事情があって、ナナを飼えなくなってしまったのでしたが、あいにくナナには悟の下を離れる気がさらさらありません。それでも悟はまず最初に、小学校時代の親友・澤田幸介(山本涼介)が営む写真館を訪れるのでした。

 小学生の頃の悟(田口翔大)と幸介(二宮慶多)の1番の思い出は、ナナとそっくりの猫・ハチを飼ったことでした。公園で捨てられていたハチを最初に見つけたのは幸介でしたが、厳格な幸介の父・慶介(田中壮太郎)は、頑として飼うことを許してくれず、2人は家出まがいの逃走劇を繰り広げました。結局悟の家で飼うことになり、心優しい父・健悟(橋本じゅん)としっかり者の母・和子(木村多江)の下で、悟とハチは元気一杯に成長していったのでした。ところがそんな日々も、長くは続きません。悟が京都へ修学旅行に行っていた最中、健悟と和子は交通事故に遭ってしまい、帰らぬ人になってしまいます。葬儀の後、悟を誰が引き取るかで親族が話し合いますが、誰も嫌がって引き取ろうとしません。そこで手を挙げたのが、判事をしていた叔母の法子。こうして悟は、法子の下で暮らすことになったのでした。

 そんなかつての思い出話をしながら、幸介に写真を撮ってもらった悟。幸介は既に結婚していましたが、妻と慶介の仲が上手くいっておらず、妻は実家へ帰ってしまっているとのことでした。その話を聞いていた悟は、
「幸介は奥さんと、新しい猫を探した方がイイ。」
とアドバイス。その後ナナを連れて、次なる旧友の下へと車を走らせるのでした・・・。

 とにかく泣ける要素が盛り沢山の作品です。やむにやまれぬ事情で愛猫を手放すことになり、引き取り手を探すために、かつての旧友の下を巡る悟とナナ。引っ越しが多かった悟が、小学校・中学校・高校と、様々な地で様々な仲間達と友情を育み、それぞれと深い絆で結ばれていたことに、心が温かくなります。

 そして、両親の死を始めとする重い過去を背負ってきた悟と、野良として孤高に生きる中で悟に救われたナナ。そんな1人と1匹の決して変わらない愛情にも、思わず泣けてしまいます。ラストのシーンなんかは特に、分かってはいても、やっぱりメチャメチャ感動してしまいました。

 ナナの随所で魅せる名演技も必見です。観る人の立場によって色々な場面で感動出来る、そんなステキな作品といえそうです。


【ワンチャン・ポイント】
※猫と出演者さん・・・本作で悟の母・宮脇和子役の木村多江さんは、伊藤淳史さん主演の「ねこあつめの家」でもペットショップの店員さん役でご出演。高校時代の同級生・杉修介役の大野拓朗さんは、「猫忍」でも主演の忍者役でご出演されています。猫と縁がありますね(笑)。

※団地のシーン・・・劇中で、悟の小学生時代に度々登場する公園は、「みなさん、さようなら」や「クロユリ団地」、「中学生円山」や「gift」、「ロマンス」や「ピンクとグレー」、そして本作にも出演されている広瀬アリスさん主演の「巫女っちゃけん。」等々、様々な映画で登場する団地の公園と同じかと。


オススメジャンル&オススメ度・・・<泣きたい>