走れ!T校バスケット部 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

仲間を信じること。真っ直ぐで熱い、王道青春ドラマ!!

2018年11月3日公開
監督:古澤健
出演:志尊淳・佐野勇斗・早見あかり 他

【賛否両論チェック】
賛:誰も信じられなくなり、殻にこもっていた主人公が、T校の個性的なバスケ部のメンバー達との青春を通して、再び仲間を信じられるようになっていく姿が、感動を誘う。予定調和の中にも意外性があるのも楽しい。
否:特に後半はかなり都合よく話が進むので、予定調和感が結構強い。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・汚物のシーンが一瞬だけあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・基本的にはなし


 実話を基にした小説の映画化です。バスケットボールの強豪校でいじめに遭った主人公が、転校先のバスケ部で、新しい仲間達と出逢います。主演は志尊淳さん。

 栃木県で生まれ育った主人公・田所陽一。彼は小さい頃からバスケットボールが大好きで、小さい頃から大会に出場しては、活躍していました。そんな陽一の活躍を誰よりも楽しみにしていたのが、母・佳代(真飛聖)。いつも大会に駆けつけては、陽一を応援し続けていた佳代でしたが、彼女は早くに亡くなってしまいます。その後の陽一は、父・正道(椎名桔平)と二人三脚で、日々の生活を送ってきたのでした。

 そんな陽一は、バスケの名門である白瑞高校へと進学し、その実力を遺憾なく発揮して、1年生でレギュラーに抜てきされます。しかし彼はある時、中学時代からの親友が、バスケ部の先輩からいじめられているのを目撃。放っておけなかった陽一が助けると、今度はその標的が陽一へと変わってしまいます。下駄箱に納豆を入れられたり、練習中に悪質な体当たりをされたりと、いじめは徐々にエスカレート。2年生になると、レギュラーの座も彼らに奪われてしまいます。それでも陽一はなんとか踏ん張っていましたが、かつて助けたはずの親友も、そのいじめの輪に加わっているのを見た時、遂に陽一の心は折れてしまいます。とうとう陽一はバスケ部を辞め、正道に相談。正道は学校に説明を求め、
「生徒達と直接話をさせてほしい。」
と訴えますが、学校側は、
「お子さんの話を全て真に受けてはいませんか?」
と聞く耳を持ちません。結局真相はうやむやのまま、陽一は転校を余儀なくされてしまうのでした。この時彼は、
「もう二度と部活はやらない。」
と、固く誓うのでした。

 陽一が編入したのは、地元で通称“T校”と呼ばれている、多田野高校。ここにも一応バスケ部はありましたが、人数もギリギリの弱小校でした。転校初日、早速クラスメートのバスケ部員・矢島俊介(佐野勇斗)や川崎裕太(戸塚純貴)、そしてマネージャーの佐藤浩子(早見あかり)達が勧誘してきますが、陽一はこれを固辞。しかし新聞で彼の経歴を知っていた浩子は、諦めきれずにいるのでした。一方の陽一は、正道の勧めで英会話を習い始めますが、その帰り道に、英会話教室の校舎裏でバスケットボールに興じている、1人の外国人用務員と出逢います。彼の名前は、モーガン・ジョンソン。その日から2人は、校舎裏でバスケをするようになるのでした。

 ある日のこと、陽一は俊介に声をかけられ、バスケ部の3年生の引退試合を覗きに行きます。結果は惨敗でしたが、負けることが当たり前の弱小部のため、部員達には笑顔がこぼれていました。するとその様子を見ていた浩子が、
「悔しくないの!?」
と激怒。
「陽一君が入らなかったら、私も辞める!!」
と、体育館を飛び出してしまうのでした。そんな彼女の様子を、片隅から見ていた陽一。モーガンからも、
「君を必要としてるチームがあるだろ。」
と言われ、封じ込めていたはずのバスケへの想いが、また少し蘇っていきます。そんな中、またしても俊介に呼び出された陽一は、バスケ部入部を賭けた勝負をすることになるのでしたが・・・。

 陰湿ないじめに遭い、大好きだったはずのバスケを辞めてしまった陽一。誰も信じられずに閉ざしてしまった彼の心を、まさに体当たりで溶かしていった、T校バスケ部の個性豊かな面々。決してうわべだけではなく、陽一の過去を一緒に背負ってくれたり、メンバー同士の良くないところは本気になって怒ったり。そんな本当の絆に、陽一が少しずつ「仲間を信じる」という気持ちを取り戻していく姿に、胸が熱くなります。

 ストーリーも予定調和ではありますが、とっても痛快です。あまり言うとネタバレになってしまいますが、意外な人物が非常に重要なキーマンになっていますので、是非注目してみて下さい(笑)。

 モーガンが言った「trust」という言葉、その本当の意味を教えてくれるような、そんなステキな青春ドラマです。


【ワンチャン・ポイント】
※学校のシーン・・・本作で登場するT校。屋上のシーンなんかは、恐らく「トモダチゲーム 劇場版」等で登場する学校と同じところかと。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>