音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「やらない理由を探すな。」笑って泣ける超破天荒ムービー!!

 

2018年10月12日公開
監督:三木聡
出演:阿部サダヲ・吉岡里帆・千葉雄大 他

 

【賛否両論チェック】
賛:シンとふうかの破天荒な出逢いを通して、自分のやりたいことを貫いていく強さを、笑いのオブラートに包んで実感させてくれるよう。有名アーティストが集結した楽曲の数々も魅力的。
否:世界観はかなりブッ飛んでいて、ストーリーは割と有って無いようなものなので、小ネタの好き嫌いも併せて、好みは両極端に分かれそう。

 

ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・少しあり
アクションシーン・・・ほんの少しだけあり(笑)
怖シーン・・・雰囲気が少しだけ怖いシーンがあり

 


 カリスマロック歌手と、声が小さすぎるストリートミュージシャンとの出逢いを描いたコメディです。主演は阿部サダヲさんと吉岡里帆さん。

 

 その圧倒的な歌声と世界観で、ロック界を席巻するカリスマシンガー・シン(阿部サダヲ)。その日も彼は、シークレットライブで代表曲の「人類滅亡の歓び」を熱唱していましたが、その最中、突如シンは口から大量の血を吹き、倒れてしまいます。観客は演出の一貫だと信じて疑わず、熱狂を続けていましたが、シンはマネージャーの坂口(千葉雄大)に抱えられ、ステージ裏へと運び出されるのでした。するとそこへ、坂口が頼んでいたピザの出前が到着。シンは
「てめぇ、ライブ中にピザなんか頼んでんじゃねえ!!」
と坂口をブッ飛ばすと、配達員(森下能幸)からバイクを奪って逃走してしまうのでした。

 

 同じ頃、近くでバンド仲間と路上ライブをしていた、ストリートミュージシャンの明日葉ふうか(吉岡里帆)。新曲の「夏風邪が治らなくて」を披露しますが、彼女の致命的ともいえる弱点は、声が小さすぎることでした。彼女の歌声は、通りすがりの男性が電話で話している声にも負けてしまい、見物人からも
「聴こえないよ!」
と言われてしまう始末。そんな彼女はライブ後、バンドの中心メンバーから脱退を告げられてしまうのでした。

 

 ところが、途方に暮れて路地裏を歩いていたふうかの前に現れたのは、なんとシンが乗ったバイク。しかもシンはそのまま意識を失ってしまい、バイクはふうかの目の前で転倒してしまうのでした。慌てたふうかはシンだと気づかないまま、近くにあった怪しげな病院へと、シンを連れていきます。ところが翌日目を覚ましたシンは、トイレで謎の注射を済ませると、姿を消してしまうのでした。彼が残した小瓶を、これまた怪しげな女医(麻生久美子)に見せたふうか。すると女医は、それが“声帯ドーピング”のための筋肉増強剤であることを疑うのでした。

 

 その後、1人でストリートライブを続けていたふうかはある夜、観客の中にシンの姿を見つけ、驚きます。しかし新曲の「まだ死にたくない」を歌おうとしたその時、近くでライブをしていた他のバンドの爆音が聞こえてきて、ふうかは歌うのを止めてしまいます。するとシンは、爆音で歌っていたバンド「自滅」に
「うるせぇ!!」
とケンカを吹っかけ、ボーカル(小峠英二)に強烈な蹴りを入れてしまうのでした。やむなくシンを連れて逃げることになってしまったふうか。その途中、彼女はシンに
「私の歌、どうでした?」
と聞きますが、返ってきた言葉は、
「不燃ゴミだ、不燃ゴミ。」
という衝撃的なものでした。そして別れ際にシンは、
「音量を上げろタコ!!何歌ってんのか全然分かんねぇんだよ!!」
と叫ぶのでした・・・。

 

 まず何といってもタイトルが衝撃的ですが(笑)、ストーリーもそれに負けないくらい、良くも悪くもブッ飛んでいます。声帯ドーピングという禁じ手で頂点まで上りつめたロック歌手・シンが、声が小さくて自分に自信のないふうかと出逢って始まる、超危険な化学反応。出てくる登場人物が誰も彼もブッ飛んでいるキャラクターばかりで、思わず苦笑いしてしまいそうです(笑)。個人的には阿部サダヲさん演じるシンと、ふせえりさん演じるデビルおばさんとの丁々発止のやりとりが、小気味良くてステキでした。

 

 そんな前半とは打って変わり、後半に進むにつれて、シンとふうかのどこかノスタルジックなラブロマンス要素が増えてくるのも、またなんとも不思議な魅力です。歌手生命の限界を迎えたシンが、あと一歩を踏み出せないでいたふうかの背中を、例えていうなら蹴飛ばすように押していく姿は、どこか微笑ましくもあります。
「やらない理由を探すな。」
というのは、本当に名言だと思います。

 

 その独特すぎる世界観や、観る人を選びそうな小ネタの数々、そしてこれまた賛否のありそうな終わり方等々、明らかに好き嫌いは真っ二つに分かれそうな作品ではありますが、HYDEさんやあいみょんさんを始めとするアーティストの方々の楽曲も結集した異色作ですので、是非チェックしてみて下さい。

 


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。

 

オススメジャンル&オススメ度・・・<笑いたい>