SUNNY 強い気持ち・強い愛 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

世代を問わず楽しめる。感動の90'sムービー!!

2018年8月31日公開
監督:大根仁
出演:篠原涼子・広瀬すず・小池栄子 他

【賛否両論チェック】
賛:当時を知る世代は勿論、知らない世代でも楽しめる楽曲の数々が魅力的。豪華なキャストを通して紡がれる、時代を越えた友情にも、思わず感動させられる。
否:暴力やドラッグ等、社会の重たい部分も描かれているので、デートや家族で観るのは不向き。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・不良やヤクザのシーンは少しだけ怖いかも


 韓国映画のリメイクです。余命わずかな親友と再会したヒロインが、昔の仲間達を再結成するために奔走します。主演は篠原涼子さんと広瀬すずさん。

 2018年。主人公の専業主婦・阿部奈美(篠原涼子)は、高年収の夫と高校生になる娘と共に、何1つ不自由ない生活を送っていました。しかし夫は仕事に追われ、娘は絶賛反抗期中で、どこか物足りなさも感じているのでした。そんなある日のこと、彼女は母親の見舞いに訪れた病院で、ふと個室に入っていた患者の容態が急変し、応急処置が施されている現場を見かけます。部屋の入口に貼られた名札には、「伊藤芹香様」という名前。そのままエレベーターで下に降り、帰ろうとした奈美でしたが、ハッと何かを思い出したかのように、慌ててきびすを返すのでした。先ほどの個室を訪れた奈美に、個室の患者は、
「おい、転校生。」
と声をかけます。何を隠そう、彼女は奈美の高校の同級生で、永らく音信不通になっていた芹香(板谷由夏)だったのでした。

 現在は自分で会社を経営しているという芹香。2人は再会を喜びますが、芹香はどこか元気がありません。そこへ奈美の夫から電話で、明日から1ヶ月間の出張との連絡が入りますが、それを聞いた芹香は、
「私も同じ。」
と呟きます。実は彼女はガンで、先ほど余命1ヶ月を宣告されたばかり。奈美はそんな芹香から、
「もう一度“SUNNY”のバカ達に会いたい。」
とお願いをされるのでした。

 遡ること、22年前。阪神淡路大震災が転機となり、両親の仕事の都合で淡路島から転校してきた高校生・奈美(広瀬すず)。彼女はそのダサい格好と方言で、早速クラスの不良達からイジめられそうになってしまいますが、それを助けたのが、他ならぬ芹香(山本舞香)でした。その後奈美は、芹香の仲間である梅(富田望生)・心(田辺桃子)・裕子(野田美桜)ともすぐに打ち解けますが、モデルをしているという奈々(池田エライザ)からだけは、何故か少し距離を置かれてしまいます。

 再び現在。当時の担任の先生を訪ねた奈美は、最近梅も訪ねて来たと聞き、早速会いに行きます。梅(渡辺直美)は現在、ブラック企業の不動産屋でなんとか働いていましたが、営業成績はサッパリで、いつも上司(新井浩文)から怒鳴られてばかりでした。こうして芹香は梅とも再会することが出来ましたが、他のメンバーの行方は全く分からず、奈美と梅は町で偶然見つけた興信所の探偵・中川(リリー・フランキー)に、捜索を頼むことにするのでしたが・・・。

 アムラーやコギャル、ルーズソックスにプリクラと、90年代に青春を過ごした方々ならとっても懐かしい物が次から次へと登場します。それに加えて何といっても外せないのは、作品を彩る名曲の数々です。世代の方は勿論のこと、当時を知らない若い世代の方でも、思わず心が踊り出しそうな沢山の楽曲が印象に残ります。

 そんな古き良き時代と、現代との対比が象徴的に描かれているのも、深いなと感じました。
「今の子供達は、裏で何をしているか分からない。昔は分かりやすかった。」
「今の子は皆静か。ずっとスマホをいじってる。私達はうるさかった。」
そんなセリフの端々に、時代の変遷とその賛否について考えさせられます。

 余命わずかな芹香のために、果たしてSUNNYを再結成させることが出来るのか。ストーリーも感動的で、ラストはとても心が温かくなります。

 豪華なキャストを堪能するもよし、楽曲にハマるのもよし、ストーリーに涙するもよしの、非常にいろんな見方が出来る作品といえそうです。


【ワンチャン・ポイント】
※松本穂香さん・・・本作では、主人公・奈美の娘役。最近の映画では、小松菜奈さんと大泉洋が主演した「恋は雨上がりのように」にアルバイト役で出演されているほか、山田裕貴さんと齋藤飛鳥さん主演の「あの頃、君を追いかけた」にも出演していらっしゃいますね。

※矢本悠馬さん・・・本作では、高校時代の梅の兄役。最近の映画では、広瀬すずさん主演の「ちはやふる」でのチームメイト役が有名なところですが、他にも佐々木蔵之介さんと横山裕さん主演の「破門 ふたりのヤクビョーガミ」での佐々木さんの弟分役や、「君の膵臓をたべたい」での“ガム君”役、そして「センセイ君主」でのヒロインの親友の彼氏役でも出演されています。また、hideの軌跡を追ったドキュメンタリー「HURRY GO ROUND」ではナビゲーターも務めていらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>