3D彼女 リアルガール | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

中高生向けだけど胸キュン必至。恋愛下手を救う純愛ストーリー!!

2018年9月14日公開
監督:英勉
出演:中条あやみ・佐野勇斗・清水尋也 他

【賛否両論チェック】
賛:人間関係を面倒だと思っていた男子が、天真爛漫なヒロインとの関わりを通して変わっていく様子が、微笑ましくも感動的。沢山笑って泣けるストーリーがステキ。
否:展開はかなり予定調和で、やや呆気ない印象。演出の部分も好みは分かれそう。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 コミックの実写映画化です。二次元オタクのヘタレ男子が、学校一の美女に告白され、恋愛に奮闘します。主演は中条あやみさんと佐野勇斗さん。

 ある日の教室。二次元オタクの男子高校生・筒井光(佐野勇斗)は、学校一の美女・五十嵐色葉(中条あやみ)から、
「つっつん、私と付き合って。」
と、突然の告白をされます。戸惑う光。全ての発端は、3日前に遡るのでした。

 光はその日、他のクラスのオレ様系イケメン・高梨ミツヤ(清水尋也)から、職員室への呼び出しの身代わりを頼まれ、半ば強引に押しつけられてしまいます。先生からは、代わりにプール掃除を命じられてしまいますが、一緒に掃除をすることになったのは、あの色葉。しかし光の耳に入っていた色葉の噂は、「男癖が悪い」「ビッチ」といった、あまり良くない噂ばかりだったため、
「どうせ掃除も来ないだろう。むしろその方が好都合だ。」
くらいにしか思っていませんでした。ところが色葉はちゃんとプールサイドに来ており、光は慌ててしまいます。ごまかすために勢いよく掃除を始めようとした彼は、色葉とぶつかってしまい、2人はマンガのようにプールへと転落。濡れた制服を乾かすためにブレザーを脱ごうとする色葉に対し、光はさらに慌ててしまいます。そんな彼の様子に、色葉は
「耐性ないの?」
とからかうと、冗談で
「付き合おうか?」
と口にしますが、そんな彼女の言葉に、光は
「そんな顔してりゃ、何でも思い通りになると思うなよ!!」
と怒り、ショックを受けた色葉は帰ってしまうのでした。

 この一件を受け、唯一のオタク仲間・伊東悠人(ゆうたろう)に、
「謝れ。三次元女子の情報網で、すぐに社会的に抹殺されるぞ。」
と忠告されてしまった光は、放課後色葉に謝ろうと彼女の後をつけますが、当の色葉は立ち寄った本屋で、同じ制服の女子高生が万引きをしたため、あらぬ疑いをかけられてしまうのでした。迷った挙句、光は警察に電話をしようとしている店員達の間に割って入ると、
「彼女はやってません!!ずっと見てましたから!!」
と、学校を出た時刻から駅に到着した時刻、そして本屋で呼んでいた本に至るまで、事細かに言い放ちます。すると呆気にとられた店員は、今度は光をストーカーとして通報し、彼は慌てて逃げるのでした。

 謝ることが増えてしまい、翌日教室で必死に脳内シミュレーションを繰り返していた光。そこへ突然色葉がやって来ると、冒頭の告白をされたのでした。ところが謝ることばかりを考えていた光は、とっさに
「ゴメンなさい!!」
と言ってしまい、色葉は教室を去ってしまいます。現場を見ていた同級生の石野ありさ(恒松祐里)に怒られ、我に返った光は、慌てて誤解を解きに向かいますが、同時に色葉が自分に告白してくる真意が掴めず、混乱。ついつい、
「新手のイジメか?奴隷契約では?」
と深読みまでしてしまうのでした。それでも彼は色葉の勢いに押され、半年間という期限付きで付き合うことになるのでしたが・・・。

 異性に全く興味のなかった光が、ひょんなことから学校一の美女・色葉に恋をされて・・・と、ストーリーこそ良くある感じですが、そこで描かれていく2人のピュアな恋愛模様に、クスッと笑えて胸キュンしてしまうこと請け合いです。

 初めは面倒な人間関係を拒絶し、二次元の世界に閉じこもっていた光。しかし色葉の強引なコミュニケーションに戸惑いながらも、彼女との日々を通して、その周囲の様々な仲間達と沢山笑って泣いてケンカしていくうちに、少しずつ変わっていく姿が印象的です。光が語る、
「何もない俺に、アイツが全部くれたから。」
という言葉には、思わずウルっと来てしまいました。

 西野カナさんが歌う主題歌「Bedtime Story」も、作品の世界観を魅力的に表現されていて、とってもステキです。

 個性が強すぎる登場人物達や、CGを駆使した演出等、その辺の好みは分かれそうですが、デートには最適な作品です。


【ワンチャン・ポイント】
※恒松祐里さん・・・本作では、光の同級生・ありさ役。最近の映画では、離島に赴任してきたピアニストと合唱部員の奮闘を描いた「くちびるに歌を」や、能力を持つ高校生達の葛藤や戦いを描いた「サクラダリセット」、不気味な侵略者の影を描いた「散歩する侵略者」や、吹奏楽部員達の奔走を描いた「ハルチカ」、鈴木亮平さんが熱血高校生を好演した「俺物語!!」や、男子高校生4人の青春を描いた「虹色デイズ」等に出演されています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<デートで観たい>A