オペレーション:レッド・シー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

迫力は桁違い。圧倒的なスケールで描く、戦場のリアル。

2018年9月22日公開
監督:ダンテ・ラム
出演:チャン・イー
ホアン・ジンギュ 他

【賛否両論チェック】
賛:本物の戦場と見まがうような、圧倒的なスケールの戦闘描写がスゴい。敵地で過酷な任務を課せられながらも、なんとか生きてそれを果たそうと死闘に挑む隊員達の姿にも、思わずグッとくる。
否:戦場のリアルすぎるグロシーンがかなり多いので、苦手な人には向かない。プロパガンダ感があるのも残念なところか。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気はかなり怖いかも


 中国海軍全面協力の下、実話を基に作られた作品です。内戦が勃発した国から、自国民を救出するべく死闘に臨む、海軍の特殊部隊を描きます。

 ソマリアの沖合、通称“海賊横丁”と呼ばれる危険水域で、中国船籍の「広東号」が、海賊の襲撃に遭っていました。乗組員達は必死に逃げ惑い、警備員達も銃で応戦しますが、あえなく撃ち殺されてしまい、船は乗っ取られてしまうのでした。救難信号を受けた中国海軍は現場へと急行し、「蛟竜(こうりゅう)隊」と呼ばれる突撃部隊が、音もなく船へと侵入します。隊長のヤン・ルイの号令で、一斉に突入した蛟竜隊は、瞬く間に海賊をせん滅し、艦内を制圧します。ところが海賊の1人が、一艘のボートで逃走。場所は既にイエメン領海との境目に近かったため、ヤン・ルイは
「深追いするな!!」
と止めますが、ヘリから援護していた狙撃手のルオ・シンは、
「人殺しは許せません!!」
と色めき立ちます。ヤン・ルイは一瞬迷いますが、追跡を許可。結局逃走した海賊は、ソマリアの領海ギリギリで捕まえることが出来ますが、ルオ・シンは海賊側の銃撃を受け、頸椎を損傷する重傷を負ってしまうのでした。

 それから5日後、近隣の国・イウェアでクーデターが勃発。「ザカ」と呼ばれる武装勢力によって、国内の治安は極めて不安定になっていました。中国海軍はイウェアの中国領事館からの要請で、130人の中国人と中国系企業の職員30名を救うべく、イウェアへと向かうことになります。そこで白羽の矢が立てられたのが、他ならぬ蛟竜隊でした。蛟竜隊にはルオ・シンに代わる狙撃手として、狙撃の名手であるグー・シュンが加わるのでした。一方その頃モロッコ・カサブランカでは、中国系フランス人の女性記者であるシア・ナンが、衝撃的な情報を入手していました。それはイウェアにある「グリーンビレ・エナジー」という国際企業のウィリアム博士が、“イエローケーキ(ウラン含量の高い粉末)”を大量に密輸すると同時に、“汚い爆弾(放射性物質を拡散させる爆弾)”の製造方法を入手し、核兵器を製造可能にしているとの情報でした。上司には危険すぎると反対されますが、シア・ナンは調査の続行を決意。その直後、車に仕掛けられていた爆弾によって、彼女は危うく殺害されそうになってしまいますが、それでもシア・ナンの決意は揺らぐことなく、一路イウェアへと向かうのでした。

 海軍がイウェアの港へと到着し、領事館のホー領事も、避難してきていた中国人達と共に、車で港へと向かいますが、ホーはザカの標的となっており、車列は戦闘区域で待ち伏せにあってしまいます。その情報を受け、蛟竜隊が出動。ヤン・ルイは隊を2つに分け、1つの班を車両で待機させると、もう1つの班と共にザカの包囲を潜り抜け、工場跡地の一角へと追い込まれていたホー領事達を救出するのでした。一方のシア・ナンは、イウェアにあるグリーンビレ・エナジー社を見張っていましたが、ここもまたザカの襲撃を受け、ウィリアム博士達は捕らえられてしまいます。幸いにもシア・ナンの存在は気づかれていなかったため、彼女は助手と共に密かにウィリアム博士達と合流し、ザカの隙を突いて車両で逃走を図るのでした。しかし、数と銃器で勝るザカにたちまち追いつかれてしまい、車両は崖下へと転落。シア・ナンはとっさに逃げおおせますが、ウィリアム博士が連れ去られてしまうのでした・・・。

 良くも悪くも、戦場のリアルが如実に伝わってくる作品です。さすが海軍の全面協力だけあって、戦闘シーンの迫力は桁違い。敵地にあって、次から次へと容赦なく襲いかかってくる敵を前に、極限の戦いを強いられながらも、なんとか任務を果たそうと死闘を繰り広げていく隊員達の姿に、思わず圧倒されてしまいます。戦術や兵器も勿論リアルなので、他の映画にはないような緊迫感がひしひしと伝わってきます。

 半面、爆弾や銃撃によるケガや遺体の描写もかなり生々しいので、グロテスクなシーンが苦手な人は観ることが出来ないと思います。そうした部分でも、戦争の悲惨なところから目を背けずに作られているともいえますね。

 やや中国軍のプロパガンダ的な部分も垣間見えてしまいますが、アクション好きな方にはスゴくおススメです。


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>