判決、ふたつの希望 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ご近所トラブルが社会問題へ。民族の多様性が持つ難しさ。

2018年8月31日公開
監督:ジアド・ドゥエイリ
出演:アデル・カラム
カメル・エル・バシャ 他

【賛否両論チェック】
賛:民族の多様性が持つ歴史の悲惨さや難しさを正面から取り上げ、身近なテーマから訴えかける内容に、思わず考えさせられる。
否:中東の歴史に対する知識や関心がないと、関係性がよく分からず退屈してしまいそう。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・基本的にはなし


 些細なトラブルが裁判沙汰になり、次第に国中をも巻き込んだ大騒動へと発展してしまう様を描いた作品です。

 物語の舞台となるのは、レバノンの首都・ベイルート。自動車修理業を営むトニー・ハンナ(アデル・カラム)はキリスト教徒であり、パレスチナ難民批判を掲げる「レバノン軍団」という党の党員でもありました。そんな彼は、身重の妻・シリーン(リタ・ハーエク)と共に、購入した狭いアパートで暮らしていましたが、あいにく違法建築だったために、現在改修工事が進められているところでした。その改修工事の現場監督をしていたのが、パレスチナ難民のヤーセル・サラーメ(カメル・エル・バシャ)。工事の最中、トニーがベランダで鉢植えの水やりをしていたところ、壊れていた雨どいから水が滴り落ち、ヤーセル達作業員にかかってしまいます。ヤーセルはトニーの部屋の玄関先まで出向き、雨どいの修理をするので見せてくれるように頼みますが、言葉の訛りでパレスチナ難民だと気づいたトニーは、玄関を開けることなく追い返してしまうのでした。するとムッとしたヤーセルは、勝手に新しい雨どいを取りつけてしまいますが、これを見たトニーも怒り、それをハンマーで叩き壊してしまいます。頭にきたヤーセルはつい、
「クズ野郎!!」
とトニーを罵ってしまうのでした。

 トニーは事務所まで抗議に行き、所長のタマールが代わりに謝罪しますが、トニーはあくまでもヤーセル本人からの謝罪を要求。タマールは渋々ヤーセルを説得し、改めて彼を連れて、トニーの下へと謝罪にやって来ます。トニーは自身の会社のガレージで自動車の整備をしていましたが、点けていたラジオからは、パレスチナ難民を糾弾するレバノン軍団の演説が大音量で流れており、ヤーセルはいたたまれなくなってしまい、思わずきびすを返そうとするのでした。するとそれを見たトニーが、
「シャロンに抹殺されてればな!!」
と、痛烈な一言を言い放ってしまいます。シャロンとは、かつてパレスチナに対して強硬姿勢を貫いたイスラエルの元首相、アリエル・シャロンのこと。それを聞いたヤーセルは激昂し、とうとうトニーを殴ってしまうのでした。

 トニーは肋骨2本を折るケガ。その夜、いつも見る悪夢に襲われたトニーは、寝室を抜け出してガレージへと向かうと、医者の言いつけを守らずに重たいバッテリーを持ち上げようとしますが、肺気胸を起こして倒れてしまいます。夫の不在に気づいたシリーンは、ガレージで倒れているトニーを発見し、慌てて病院へと連れていきますが、発見した時のショックで陣痛が始まってしまい、帝王切開による早期出産に。産まれた子供は自発呼吸が出来ず、保育器に入れられることになってしまうのでした。トニーはヤーセルの暴行を警察に訴えますが、
「どうせ難民キャンプの中にいる。警察は手を出せない。」
と言われてしまいます。ところが同じ頃、なんとヤーセルが自首をして来たため、逮捕され、公判が開かれることになるのでした。

 第一審の裁判では、ヤーセルは罪を全面的に認めますが、何度裁判官に促されても、トニーが言った言葉だけは頑なに言おうとしません。これを受けた裁判長は、
「ヤーセルが殴った原因はトニーの言葉にある。」
と認定し、ヤーセルに無罪の判決を下します。ところが、事件はこれで終わりませんでした。この判決が、パレスチナ難民を擁護した判決だとして物議を醸し、トニーとヤーセル双方に優秀な弁護士がつき、騒ぎは一気に大きくなってしまうのでした・・・。

 超個人的には、
「つまらない意地張らないで、さっさと謝っちゃえばイイのに・・・」
って思ってしまいましたが、それはきっと私が日本人だからなんでしょうね。

 些細なきっかけで起きたトニーとヤーセルのトラブル。お互いがお互いの民族の誇りに固執するあまり、次第に収まりがつかなくなり、やがて本人達の預かり知らぬところで、国中をも揺るがす大騒動へと発展していってしまう様子に、人間が帰属する「民族」というアイデンティティの難しい関係性を痛感させられます。

 中東の歴史の知識が全くないと、やや観ていて退屈かも知れませんが、決して看過出来ない難しい問題を正面から扱った作品ですので、気になった方は是非。


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>