スカイスクレイパー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

家族愛が見せる強さ。ツッコみ無用の一大アクション!!

2018年9月21日公開
監督:ローソン・マーシャル・サーバー
出演:ドウェイン・ジョンソン
ネーブ・キャンベル
チン・ハン 他

【賛否両論チェック】
賛:世界一の高さを誇るビルを舞台に巻き起こる、主人公のド迫力の救出劇を通して、1組の家族が持つ揺るぎない愛の姿を描き出しているのが印象的。
否:主人公がギリギリのところで助かっていく様は、勿論ご愛嬌。設定や展開もかなり無理がある。


ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・殺害シーン等かなりあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも


 高さ1キロの超高層ビルを舞台に、大事件に巻き込まれた主人公の活躍を描くアクションです。主演はドウェイン・ジョンソン。

 始まりは10年前の冬でした。ロイという男が警官を射殺し、元妻と子供達を人質にとって立て籠るという事件が発生。交渉も決裂し、FBIは突入を決断します。ウィル・ソーヤー(ドウェイン・ジョンソン)率いる人質救出部隊が、民家の背後から音もなく接近すると、壁を破壊。一気に室内へとなだれ込みますが、ロイは子供を抱え込んでいました。
「撃てます!」
という部下の言葉を押さえ、ウィルは銃を下ろさせますが、その直後、ロイは腹部に忍ばせていた爆弾を爆破。巻き込まれたウィルは、海軍病院へと担ぎ込まれるのでした。

 時は流れ、現在の香港。10年前の事件でウィルは左脚を失っていましたが、当時の執刀医だったサラ(ネーブ・キャンベル)と結婚しており、ヘンリー(ノア・コットレル)とジョージア(マッケンナ・ロバーツ)という双子の子供達にも恵まれていました。そんなウィルの今の仕事は、危機管理コンサルタント。現在彼は、FBI時代の同僚・ベン(パブロ・シュレイバー)の口添えで、香港の資産家・ジャオ(チン・ハン)が建てた、地上1066メートルの超高層ビル「ザ・パール」の安全管理をチェックする仕事を請け負っているのでした。このザ・パール、下層階のショッピングモールは既にオープンしており、後は上層階の住居部分の承認を待つのみとなっていました。その間ソーヤー一家は、特別に98階への滞在が許されており、その日もウィルが仕事に出ている間、サラは子供達を連れてパンダの見学へと出かけていくのでした。ウィルはその日、ベンと共にジャオへ調査結果の報告を行っていました。結果は全く問題なく、ウィルにはジャオから、消火設備等の最高アクセス権がある顔認証式のタブレットが渡されます。しかしその直後、ベンは携帯電話で、
「タブレットは奴が。」
と送信。相手からは、
「例の船に乗せろ。」
との返信が。果たしてその後、街へと出かけるために乗った船で、ウィルは引ったくりに遭い、カバンを奪われてしまうのでした。

 カバンを引ったくられた際、ウィルは腕を斬りつけられてしまったため、ベンの家で手当てを受けます。そこでベンは、ウィルがタブレットを上着のポケットにしまっていたため、無事だったことを知るのでした。するとそこへ、サラから
「ヘンリーが喘息を起こしたため、パールに帰ってきた。」
という連絡が入ったため、ウィルはすぐに帰ろうとしますが、そんな彼にベンはなんと拳銃を向け、タブレットを要求します。ウィルが隙を突いて拳銃を叩き落し、2人は激しいもみ合いになりますが、その中で拳銃が暴発、ベンは胸を撃たれて死んでしまうのでした。しかもその直後、ベンの自宅は謎の武装集団に襲われ、ウィルはタブレットを奪われた上に、駆けつけてきた警察からも追われることになってしまいます。

 一方その頃、ザ・パール内部でも事件が起きていました。外からトンネルを掘ってきた武装集団が、地下からザ・パールへと侵入。点検作業員に化けて96階へと到達した彼らは、水燃性の薬品を巻くと、煙を焚いてスプリンクラーを作動させます。すると炎は一気に燃え広がり、96階はたちまち火の海となってしまうのでした・・・。

 世界一高いビルで起きた凶悪事件に巻き込まれ、最愛の家族が上層階に取り残されてしまった、ドウェイン・ジョンソン演じるウィル。異国の地で孤立無援となってしまった彼が、己の力だけを頼りに、単身ビルへと飛び移り戦いを挑んでいく姿は、お決まりの展開と分かってはいても、観ていて思わずハラハラドキドキさせられてしまいます。

 そんなド迫力のアクションを通して描かれるのは、決して崩れない家族の絆です。それもお互いに依存する訳ではなく、それぞれがしっかりと覚悟を決めて困難に立ち向かっていく様は、とてもカッコよくて印象に残ります。

 言わずもがなストーリーは荒唐無稽ですが、それを差し引いても尚面白い、緊迫のサスペンスアクション映画に仕上がっています。


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>